パンフレットの最近のブログ記事

店長 今井です。

これはおそらく1973年11月から12月前後、試写会などで配布らしい『燃えよドラゴン』の解説プログラム。

「これが人間技か?!燃えあがる男の闘志が全身をつつむとき すさまじい気合は悪の巨城をゆるがして 必殺!飛燕の飛び蹴りが要塞島の息の根をとめる!」
『燃えよドラゴン』ってワーナー・ブラザース映画創立50周年記念作品だったんですよねー。
20180531_01.jpg
1ページ目の解説、内容はシングルレコードのジャケットなどに書かれていたものと同じ。この作品については当時、この情報ソースしかなかったのでしょうね。

3ページ目はキャストの紹介。
20180531_02.jpg

今世紀最大・最強のアクションスター 悲劇の彗星・・・ブルース・リー

連戦連勝―不敗を誇る巨大な虎 ジョン・サクソン

悪の巨城にさきほこる妖花・・・タニア

黒い肢体に炸裂するエネルギー 闘いと女にはめっぽう強い黒い豹 ウイリアムス

そうか、リー=龍、ローパー=虎、そしてウイリアムス=豹 だったのね。

この紹介キャッチフレーズで一番かっこいいのがウイリアムスじゃない?

このジム・ケリーの経歴ですが、映画初出演はヒュー・ロバートソン監督『残酷欲情軍団』だそうで、格闘アドバイザーを頼まれた際に自分の出演を頼み込んで出演しちゃったとのこと。

チョイ役ながらこの映画でのジム・ケリー、『燃えよドラゴン』のウイリアムスっぽいカラテアクションを披露していますぞ。予告編で観られますから、どうぞ。

『残酷欲情軍団』 Melinda(1972)予告編
https://youtu.be/X8oOokg7M1s


4ページ目の解説がこれまたおもしろい。ミスター・リーがミスター・ソーと誤植してたり、ハリウッドで開催されたドラゴン・レースの写真が載ってたり、レイモンド・チョウはロバート・チョウと記されていたり。
20180531_03.jpg

まだまだブルース・リーの真実が知られていない時代の匂いを感じさせてくれる、貴重資料でした。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

BRUCE IS AGAIN

店長 今井です。

BRUCE IS AGAIN

こんな素敵なキャッチフレーズで「ブルース・リー電光石火」が公開されたのは、1979年2月3日。いわゆるブルース・リー氷河期真っ只中。 私自身も大学の受験の時期でとても劇場へ足を運んでまでして観ることはありませんでした。

20130905-01.jpg

タイトルの「電光石火」はご存知のとおり、ブルース・リーブーム初期に「ドラゴンへの道」が「ドラゴン電光石火」と呼ばれたいたところに由来するらしいですが、このタイトルからは誰もこれが「グリーン・ホーネット」だとは気がつきませんね。興行的にもかなり厳しかったのではないでしょうか。

20130905-02.jpg

そんな世間の片隅にひっそりと咲いたあだ花のようなこの作品が、オトナになるとなんだか愛しくて、DVDで何度か鑑賞にトライするのだけれど、全体的に暗い画面の連続でストーリーもよくワカラナイ、という状況で毎回消化不良のまま今日に至っている店長 今井でした。でもこのパンフレットやポスターに使われているヘンなイラストみたいな合成ポーズのリーさん、嫌いじゃないですよ。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

アジア地域での「ドラゴン危機一発」の大ヒットを受けてゴールデンハーベストがアメリカ進出をした折に使用されたパンフレットがこれ。

20130527-04.jpg

「ドラゴン危機一発」のスペックや紹介、ブルース・リーとジミー・ウォングの紹介などが英語で記載されています。

20130527-05.jpg

1970年5月に会社が設立されてまだ間もないゴールデンハーベスト社でしたが、ブルース・リーのすさまじいばかりの魅力で勢いづいていたことでしょう。まさに日の出の勢いの香港映画界を偲ばせてくれます。

20130527-03.jpg

この記念すべきアイテムでもある三つ折のパンフレットを動画でもご紹介しています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」が香港で1971年に初公開されたときのパンフレットです。これはけっこう流通しているので持っている方も多いことでしょう。

20130526-01.jpg

最後のページの白黒写真3枚もけっきょう珍しく、一段目は本編ではカットされたシュウがリークンにケンカのやり方を教える場面の写真。

20130526-02.jpg

当時の雰囲気を味わうために、冒頭にゆれる稲穂の実写映像のゴールデンハーベストマークのついた予告編をどうぞ。

このパンフレットを動画でも紹介しています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

西暦2000年、ブルース・リー生誕60周年のこの記念すべき年の11月20日から12月17日まで開催された公的なイベント、「李小龍電影回顧展」パンフレットです。

20130516-01.jpg

ブルース・リーの子役時代から最後の作品「死亡遊戯」まで数十本の映画が上映されました。中でも青年期の作品「人海孤鴻」、当時まだ視聴困難だった「Bruce Lee A Warrior's Journey」などが上映されたのは大変意義深かったと思います。

20130516-02.jpg

実物は店長がファミレスでランチの合間に動画で紹介していますのでご覧下さい。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

映画館で集めたものはポスター、チラシ、そしてパンフレット。
映画のパンフレットいうものは価格ほどの価値があるのかどうかわからないですが、この「ドラゴン危機一発」パンフレットは今見ると定価がたったの200円。
そしてこれはという東宝系映画館の丸の内東宝の館名入り。

上映館名入り「ドラゴン危機一発」パンフレット

裏表紙は表の絵とつながっているつくりで、表紙を広げると1枚の絵になる仕組み。

上映館名入り「ドラゴン危機一発」パンフレット

こちらは渋谷宝塚の館名入り。

上映館名入り「ドラゴン危機一発」パンフレット

田舎の映画館では館名が印刷されることはまずなかったと思われますが、東京では館名入りコレクションの数を増やしてしまったということか。
「ドラゴン危機一発」のスチル写真だけではスペースが埋まらなかったのか、あるいは作品名が混乱していたのか、「ドラゴン怒りの鉄拳」のスチル写真もかなり含まれているこのパンフレット。中身はともかくイラストの表紙だけでもう買いでしょう。

パンフレット「ドラゴン危機一発」
昭和49年4月12日印刷
昭和49年4月13日発行
定価200円

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパンフレットカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはポスターです。

次のカテゴリはスクリーンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。