ロビーカードの最近のブログ記事

店長 今井です。
店内の隅っこから発掘したロビーカードはメキシコの当時もの。

20180504.jpg

一見、『死亡遊戯』のカードに見えるけど、実は『ブルース・リーの神話』のもの。海外によくある大判でペラペラのロビーカードです。サイズはだいたい29センチ×39センチ。

『ブルース・リーの神話』のメキシコでのタイトルはスペイン語で『La Verdadera Historia De Bruce Lee』というらしいですね。スペイン語で翻訳すると『ブルース・リーの真実の物語』。メキシコでの配給会社はアルテシネマ・デ・メイキシコという会社だったのですね。

このロビーカード、いったい何枚のセットなのか。5枚か、6枚か。持ってる人がいたら教えてください。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。

フランスでの「燃えよドラゴン」の公開題名は Opération Dragon です。意訳すると「ドラゴン大作戦」といったところでしょうか。

フランスの劇場で宣伝に使われた「燃えよドラゴン」のロビーカードです。

20131111.jpg

この写真がやはり「燃えよドラゴン」の象徴的な一枚。我々に最初にブルース・リーを認識させた写真ですね。日本全国のドラゴン少年が「なんだコレは?」とアタマをひねった謎の多い写真でした。

サイズはA4より少しだけ幅が大きいです。紙は上質誌ですがペラペラで傷みやすいので取り扱い注意。

ドラゴン生誕祭2013 http://bruceleemania.com/news/rebirth_2013.html

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン怒りの鉄拳」日本版ロビーカードの6枚目は道場破りの飛び蹴りの一瞬をとらえたひとコマ。

20130805.jpg

映画のフィルムからブロウアップされた画像と思われますが、映画の中ではリアルなスピードだと一瞬のこの場面。ブルース・リーの蹴りのカタチの素晴らしい美しさには目を瞠るものがありますね。

まさにすべてがアートなブルース・リー!でした。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン怒りの鉄拳」日本版ロビーカードの5枚目はロシア人ボクサーー、ペトロフとの対決シーンから。

20130701.jpg

ということは、この戦いはジークンドー対ボクシングか?というとそうでもなくて、ペトロフも総合格闘技的な戦いをされています。

ペトロフはロシア人ボクサーと紹介されることがほとんどですが、ロシアンマフィアのボスという設定もあるようで、要するにボクサーでボスだった、ということか。

ペトロフ役のロバート・ベイカーはブルース・リーのジークンドーの弟子なので、つまりはジークンドー対ジークンドーだったのですが、当時はただひたすら強くてかっこいいブルース・リーを応援するばかりで、ジークンドーや詠春拳のテクニックがどうの、とかさっぱり知らず、でした。

で、ロバート・ベイカーとロバート・ウォール(ボブ・ウォール)は名前と風貌がちょっと似ていたので「同一人物?なのか?」などと不思議に思っていたものです。

ちなみに「ドラゴン怒りの鉄拳」の広東語版や北京語版でのペトロフのセリフは英語なのでブルース・リー自身が吹替えているってことは皆さんもちろんご存知ですよね。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

世間では「アイアム ブルース・リー」やら「李小龍マイブラザー」やら「燃えよドラゴン」やらで盛り上がっていますが、ここでは「ドラゴン怒りの鉄拳」月間が続きます。

日本版ロビーカードの4枚目はいよいよクライマックス。宿敵鈴木との最後の決闘。

20130624.jpg

日本刀対ヌンチャク。

後年知ったことですが、鈴木役の橋本力さんはご存知のとおり日本の俳優で、この決闘シーンでは日本刀による立ち回りが目立つように「示現流」という流派の構えを使ったそうです。

ただの構えではなかったのですね。深いです。

ちなみにこのカードの写真ではブルース・リーのヌンチャクが少ししなっているのがわかりますね。映画のの小道具用のヌンチャク。レプリカを作るときにこの「しなり」を再現するのも、ブルース・リーファンのこだわりのひとつですね。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ロビーカード3枚目も道場破りの場面から。

葬儀でリーを挑発した長髪のこの人。中坊だった1974年当時は彼が日本人という設定なのだ、ということなどまったく気にせずに観ていました。

20130619-01.jpg

この長髪の乱れっぷりがブルース・リーのキックの威力をまざまざと見せつけている、魅力的なカットです。でもこれって映画の中の一場面とは違うような気がするのですが、いかがでしょう。もしかするとリハーサル?なのかも。

映画本編の中でのキックの場面はこんな感じ。

20130619-02.jpg

ブルース・リーの重心を低く構えたタメのあるポーズがたまらなくかっこいいです。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

貴重な日本版ロビーカード。

虹口道場の師範 吉田と対決するブルース・リー。しかし吉田は手も足も出ず弟子たちの前で屈辱の敗北。

20130616-01.jpg

師範 吉田を演じた俳優は馮毅さん。体型の割にはけっこう良い動きをしていましたね。日本からこの映画に出演した橋本力さんや勝村淳さんのお話ですと、彼は映画では悪役でしたが実際はとても親切で、撮影の合間には彼らを連れて香港を案内してくれたとか、そんなエピソードをご本人方からお聞きしました。

馮毅さんはたくさんの映画に出演されているようですね。
香港ムービーデータベースの馮毅さんのページ http://hkmdb.com/db/people/view.mhtml?id=3307&display_set=big5

このチェン対吉田との対決。ちょっと印象深いカットがあります。

チェンの強さに脅威を感じつつにじりよる吉田。その目に映るのは腕を組んで待ち受けるチェンと、背景にある額縁の肖像。

20130616-02.jpg

この額の人こそ、誰あろう日本の柔道の創始者、嘉納治五郎先生。柔道師範の吉田にとっては嘉納大先生とチェンの両方から見下ろされ、すごいプレッシャー、という吉田の焦燥感がにじみ出るワンカットでした。

精武館の祭壇に飾られていた実在の人物、霍元甲の写真も荘ですが「ドラゴン怒りの鉄拳」は意外とリアリティにこだわっていたりして、でも日本人のハカマが前後逆だったり敵の道場の設定は柔道ではなく起倒流柔術という設定だったり・・・考証されていない部分もたくさん。

あっけなく敗退する吉田。その戦いの中でチェンは様々な動きや技を繰り出します。その中のワンカット。

20130616-03.jpg

このときのブルース・リーのこの構え姿勢が、現在香港に立つ銅像のポーズのモデルになっていると思うのですが、皆さんはどう思われますか。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

これを紹介しなければ始まらない「ドラゴン怒りの鉄拳」月間。

貴重な日本版ロビーカード。一枚目はこれです。

20130605-01.jpg

この写真、構図的にはあまり良いものとは思えないのですが、なぜかポスターやレコードジャケットなどに使われていますね。ブルース・リーブーム最高潮のこの時期はもうなんでもアリ!な雰囲気だったのでしょうね。

このレアなロビーカードは先月の「ドラゴン危機一発」月間に引き続き、鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

あらためて見るとけっこう貴重な写真が使われていることがだんだんわかってきた「ドラゴン危機一発」日本版ロビーカードですが、いよいよこれが最後の2枚。

失踪した仲間の捜索を依頼するために社長の家を訪ねたチェン。あからさまに社長を疑ってる顔してますね。この屋敷の地下ルームを近年訪ねるファンが多く、この建物はもともと寺院であったことが知られています。しかしそこに新たな情報・・・この建物はチェン(ブルース・リー)が最後の決闘の際にかじっているスナック菓子(一説によると豚の脂を揚げたものだとか)の会社の社長の自宅ではないか、とのことですが皆さんはどう思いますか。

「ドラゴン危機一発」日本版ロビーカード最後の2枚はこれだ!g

最後の一枚。映画の中では見られないリラックスしたブルース・リーの素顔。

「ドラゴン危機一発」日本版ロビーカード最後の2枚はこれだ!

バックにある祠(ほこら)のような社(やしろ)のようなものはタイではいたるところにあって、珍しいものではないそうな。この祠を愛知県犬山市のリトルワールドのタイのゾーンで発見したときにはちょっとドラゴン魂が熱くなったものです。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

「ドラゴン危機一発」月間にご協力いただいて画像をいただいた日本版ロビーカードですが、見ているといろいろと気がつくものです。 先に紹介したロビーカードはどうやら映画本編にはないシーンの写真らしいので、これは貴重な発見!と悦に入っておりますが、さて本日のカードはどうでしょう。

20130424-01.jpg

チェン=ブルース・リーがドラゴン危機一発で来ていた白いシャツは香港では定番の人気商品、利工民シャツ。今でも手に入りますよ。当時は気がつきませんでしたが、劇中ではチェンは長袖と半袖を使い分けています。両方そろえて着こなすのがブルース・リーファンの基本ですね、

そして本日はもう一枚。チャオメイとチェンの2ショット。

20130424-02.jpg

おさげ髪がチャーミングでキュートなマリア・イーとリーさんのシーン。ほかのカード同様これももしかするとリハーサルの写真かも知れませんね。

それにしてもリーさんの右手の指の包帯が痛々しいですね。まだ指をケガしたばかりなのか、そのあたりも謎解きのヒントになるかも。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちロビーカードカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小説です。

次のカテゴリはポスターです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。