キネマ旬報の最近のブログ記事

店長 今井です。

映画雑誌の老舗キネマ旬報を研究中です。

『燃えよドラゴン』の日本公開は1973年12月22日ですが、その年の7月に発売された号ではさっそく作品が紹介されています。しかし、タイトルは『燃えよドラゴン』ではありません。

『浮かぶ要塞島』

これが最初に紹介されているタイトルです。

巻頭のモノクログラビアで近日公開予定の作品群とともに紹介されています。

せっかくグラビアなのに残念ならブルース・リーの写真は使われていません。

写真は、試合中のウイリアムス、そしてハンの手下に取り囲まれたスーリン、この2枚です。

でも英語題名 ENTER THE DRAGON は標記されています。

説明文はこんな感じ。

"香港を舞台に現代の戦争を描く異色作。主演ブルース・リー、監督ロバート・クローズ。"

以上。

ちょっとあっけない説明ですが、しかし!この号にはさらにブルース・リー関連の記事が掲載されているのです。

それは、世界の映画に関する動向を紹介している「ワールド・リポート」のコーナー。

"空手映画の流行"というタイトルでカンフー映画が流行っていることが報じられています。

この時点でリーさんはまだ生きているために、死については触れられていません。

その内容はこうです。

"いまさら、「東洋の神秘」というわけでもあるまいが、いま、世界の映画市場でもっとも話題になっているのは、香港製ピクチャーの「空手もの」のシリーズである。(中略)アメリカの独立プロでは、そのシリーズのスター、香港のクン・フーという俳優をよんで、アメリカのプロ・バスケットのスター、カリム・ダバと組ませて「竜の死」といった作品を制作するなど、あわただしい動きがあり、(以下略)"

皆さん、すぐにおわかりのとおり、

香港の俳優クン・フー=ブルース・リー

カリム・ダバ=カリム・アブドゥル・ジャバー

「竜の死」=「死亡遊戯」

ですよね。

まだブルース・リーのことをほとんどの人が知らない時代の日本で、この記事に注目した者がどれだけいたことか。

もうすぐ爆発するブルース・リーブームを目前に控えた当時を想像するとなんだかワクワクしますね。


ドラゴンなお店 今井商店
http://www.brucelee.shop

日本で一番歴史が古い映画雑誌キネマ旬報でももちろんブルース・リー映画は無視できず、いろいろと紹介記事が掲載されていますが、必ずしもブルース・リーが表紙になるとは限らず、コレクションするには注意が必要です。
たとえばこの1974年4月下旬号はこんな表紙ですが・・・

ドラゴン危機一発

裏返すと「ドラゴン危機一発」のパブリシティがばっちり!

ドラゴン危機一発

ブルース・リー第2弾

ブルース・リーという文字だけで十分、ほかのどんな宣伝惹句にも勝るブルース・リーの文字。その威力は今でも変わっていませんよね。

キネマ旬報 No.629 1974年4月16日号 定価400円

ブルース・リー関連記事
・モノクログラビア「ドラゴン危機一発」
・座談会「ドラゴン危機一発」とブルース・リーの総てを語ろう!(小野耕生氏、風間健氏、山藤章二氏というブルース・リーシンパのお三方が出席)
・興業価値「真打リー登場す」(黒井和男氏)
・新作情報「ブルース・リーのこと」(渡辺祥子氏)

20130407-03.jpg

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキネマ旬報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスクリーンです。

次のカテゴリはブルース・リー関係者です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。