カードの最近のブログ記事

店長 今井です。

11月です。「グリーン・ホーネット月間」も昨日で終了ですが、積み残した資料をご紹介。トレーディングステッカーの44番です。

20131101.jpg

マンガチックなデザインがイイですね。そしてもう一枚は、空手の名人、日本人のカトーさんです。

20131101-02.jpg

アメリカ人にとっては中国人もアメリカ人も同じようなもので、どちらでもよかったのでしょうが、我々にとってはカトーというちゃんとした名前の日本人役をリーさんが演じたというのは、ちょっとうれしいことでしたね。普段は白い衣装の召使いだが、夜になると黒い衣装に身を包み漆黒の闇の中さっそうと暴れまわるというコントラストが、今考えると素晴らしい設定だと思います。

このステッカーシリーズ。まだまだありますが、そのうちまたご紹介できるかも知れません。

さてさて本日から4日間は出張になるので、商品発送業務などはお休みとなります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

帰ってきたら12月7日のイベント「ドラゴン復活祭2013」の準備を本格的に始めますよ~。お楽しみに。

ドラゴン生誕祭2013 http://bruceleemania.com/news/rebirth_2013.html

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

店長 今井です。

カードだけでなくステッカーもトレーディグ用のものが発売されていた「グリーン・ホーネット」。もちろんブルース・リーファンにはカトーのものが収集欲をくすぐられます。

20130925-01.jpg

このステッカー、写真自体も珍しいもののようです。THE GREEN HORNET もレトロチックで素敵。グリーンだけど文字は赤ね。

このステッカーシリーズ。まだ何枚かありますので、また順次ご紹介していきます。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「グリーン・ホーネット」トランプ

店長 今井です。

アメリカで「グリーン・ホーネット」が発売された当時、様々な商品が発売されました。ガム、ステッカー、ランチボックス、ぬり絵、そしてトランプカード。

20130923-03.jpg

当時の「グリーン・ホーネット」トランプは今でも未使用品が手に入ります。当時の空気感までもが伝わってきそうな貴重なヴィンテージモノです。

20130923-01.jpg

パッケージのイラストがシブイです。印刷の色がズレズレなのもかえって当時モノらしくて、イイ!ですね。

20130923-02.jpg

主役3人のハートのカード。カトーの写真が意外に多く含まれているのも、ブルース・リーファンにはたまらないアイテムです。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

店長 今井です。

ヤマカツのブルース・リーカードアルバム「ブルース・リーのグリーン・ホーネット」ふたつめがこれです。

珍しい縦型のアルバム。

20130915-01.jpg

例によってギラギラした人工着色が今となってはレトロ感いっぱい。カトーダーツをかまえる加藤ですが、ダーツの持ち方がなんだかよくわかんない感じになっていますね。タイトル文字は豪華ゴールドのエンボス仕様で、子供のおもちゃも景品とは思えませんねぇ。

こちらは裏面。

20130915-02.jpg

アルバム「その1」の画像をそのまま使っていますね。

次回からはカードそのものもご紹介していきますので、お楽しみに。

あぁ、さらに続く「ブルース・リーのグリーン・ホーネット」月間。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

店長 今井です。

ヤマカツのブルース・リーカードの正確な発売期間は知りません!が「ブルース・リーのグリーン・ホーネット」のカードやアルバムまであるところから、けっこう長期間に渡って製造販売されたいたのだろうな、と思います。

しかもアルバムは2種類。そのひとつがこれ。

20130913-01.jpg

人工着色が妙にナマナマしい、この表紙。黒いはずのカトーのマスクがダークっぽいグリーンに着色されていますね、グリーン・ホーネットだけに。でもグリーン・ホーネットはバン・ウィリアムズのほうでして、カトーはカトーですよね。マスクは黒でないとイカンですねー。で、グリーン・ホーネットのマスクはさらにグリーンの色が明るくて安っぽいオモチャのようになてしまっています。

こちらは裏面。

20130913-02.jpg

カトーダーツを構えるカトー。かっこいい。やはり主役はブルース・リー=カトー!なのでした。

これらのヤマカツブルース・リーカードのアルバムは、私の確認したところでは全部で全部で9種類。「ドラゴン危機一発」以外の作品は2種類ずつあるのですが、「危機一発」だけが一種類しか見当たりません。もしかすると各2種類ずつ、全部で10種類だったのでしょうか。

あぁ、探求の道は険しく深い。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

次なるドラゴン怒りの鉄拳」ヤマカツブルース・リーカードは14番。

有名なラストシーンのストップモーションの写真です。

山勝ブルース・リーカード「ドラゴン怒りの鉄拳」その4

全身から発する雄たけびとともに思い切り跳び上がる陳真。そこにかぶさる多数の銃声。悲壮感あふれるラストシーン。

映画を観る前からこの写真を観て「なんてかっこいいポーズ」なんだー!とワクワクしたものですが、実際に映画を観たら「アレ?」 この写真と映画のストップモーションとは若干ポーズが違うっていうか、時間がズレてるっていうか、写真のほうがかっこいいじゃないですか。

正直言って映画のストップ場面にはちょっと残念な思いをしたものです。しかしそれでも映画の価値が下がるわけではありません。

山勝ブルース・リーカード「ドラゴン怒りの鉄拳」その4

感動的なラストシーンの写真を使いながらも裏面の解説は・・・「真空急降下蹴り」。

「真空状態現象」って何でしょうね。赤胴鈴之助の「真空切り」みたいなもんでしょうか。え?赤胴を知らない?ググってみてね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

まだまだ続く「ドラゴン怒りの鉄拳」月間。

ヤマカツブルース・リーカード、「ドラゴン怒りの鉄拳」編の3枚目は13番。

でも写真は陳真=ブルース・リーの必殺「迷蹤拳」!

山勝ブルース・リーカード「ドラゴン怒りの鉄拳」その3

陳真の拳の動きがストロボ撮影で残像を残していくこの写真があまりにもかっこよくて、「ドラゴン怒りの鉄拳」の映画の中ではどのような場面で出てくるのか、当時はワクワクしたものです。

でも裏面は迷蹤拳ではなくて截拳道の解説。

20130626-02.jpg

手足を素早く動かして敵にスキを与えない・・・あたりまえっちゃーアタリマエなことが書いてありますが、でもブルース・リーカードに書いてあるのだからありがたく肝に銘じておきましょう。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン怒りの鉄拳」月間恒例ヤマカツブルース・リーカード、「ドラゴン怒りの鉄拳」編。

10番がこれだ!

20130617-01.jpg

"日本軍国主義花やかなりしころ、中国大陸に進出して来た日本人拳法道場の悪人どもと対決するリーの雄姿"

ヤマカツさんにしては割とまともな解説、なカードですね。

20130617-02.jpg

そして本日はさらにサービス。当たるともらえたカード用アルバムの「ドラゴン怒りの鉄拳」版です。

20130617-03.jpg

ジャラン、ジャランと鎖の音の響きとともに回りだすヌンチャク。待ってました!リーさん!

20130617-04.jpg

どうでもいいけど山勝さんのマークってこういうのだったのね。ケンリックっていったいなんなの???誰か教えてください。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」と「ドラゴン怒りの鉄拳」はアメリカで初公開された時の配給会社はNGPという会社だったそうです。そのNGPが映画の宣伝のために配布したのがこのカードらしいです。

カードは全部で12枚。うち5枚が「ドラゴン怒りの鉄拳」です。その一部をご紹介。カード番号1番が、「犬と中国人入るべからず」の公園のちょっと珍しい写真ですが、どうやら写真が裏焼きらしいです。

20130614-01.jpg

ラストシーンもきっちりおさえています。

20130614-02.jpg

道場破りで大暴れ!なシーン。

20130614-03.jpg

動画では全部のカードをご紹介しています。

在庫は3セットのみ。欲しい!と思われた方は下記の「お問い合わせ」からご連絡下さい。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

お待たせしました。「ドラゴン怒りの鉄拳」月間なのでもちろんこれもご紹介しなければなりませんね。

ヤマカツブルース・リーカードの「ドラゴン怒りの鉄拳」シリーズ。まずは7番のこのカード

20130606-01.jpg

クライマックスの鈴木(橋本力さん)との対決でヌンチャクを構えるブルース・リー。この構図、このポーズ、とてもキマっていて好きです。が、しかし裏面の解説は・・・

20130606-02.jpg

「ブルース・リーの主演第三作 大ヒットしリーの名を香港 東南アジアに又、遠く、アメリカにまでも、不動のものとした。「ドラゴン怒りの鉄拳」より。

「第三作」って・・・「ドラゴンへの道」のことですか。あるいは主演第一作は「グリーン・ホーネット」が「ロングストリート」を数えているのかな。

なんちゃって。「燃えよドラゴン」の印象があまりに強いので山勝さんの中では主演第1作はきっと「燃えよドラゴン」ということになっていたのでしょうね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカードカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビデオテープです。

次のカテゴリはカセットテープです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。