ブルース・リーレア写真の最近のブログ記事

店長 今井です。

昨年来、お待たせしております英国イースタンヒーローズとオンザイフライプロダクションの新作本

マンダリンスーパースター限定本

ただ今、日本に向けて配送中です。もーしばらく、お待ちくださいませ。

20190121_01.jpg

実は世界の各地ではすでに手に取ったファンの方がおりまして、Youtubeでレビューをしてくれています。

その期待と驚きの内容がこれだ!

いやー!すごい。初めて見る写真がたくさん!そして、貴重資料も満載。

スティーヴ・ケリッジさんとダレン・チュアさんが長い年月をかけてブルース・リーの出世作『ドラゴン危機一発』を研究した、その成果がここに結実!

このハードカバー&アウターケース付き限定本は出版元ではすでに完売。

ネット上ではもう3倍以上のプレミア価格が付いています。

そんな、プレミア本が当店ではまだわずかに購入可能です。

ご希望の方はお早めにご予約ください。

ブルース・リー マンダリンスーパースター限定本
https://www.brucelee.shop/product/455


昨年、香港で発売された豪華本「龍影香江 ドラゴンシャドウ香港』も素晴らしい写真集でしたね。

これとダブる写真もありますが、大きな違いは「マンダリンスーパースター限定本」は1969年、1970年、1971年に集中した内容になっているということ。

つまり、まさにブルース・リーが中華圏のスーパースターに駆け上る、その瞬間にフォーカスしているということは、より深く、厚みのある内容となっています。

そして、スティーヴさんとダレン・チュアさんによる研究成果の文章(英文ですけどね)もしっかりと掲載されているので、これを読み解くのも楽しみのひとつ。

辞書を片手にじっくりとブルース・リーの知られざるエピソードを楽しむことができるのも、本書の大きな魅力です。


さあ、もうすぐです!私も商品到着を楽しみにしています^^

ドラゴンなお店 今井商店
https://www.brucelee.shop

店長 今井です。

英国からスティーヴ・ケリッジ氏から続いて『マンダリンスーパースター限定本』完成のお知らせです。

初回限定本はハードカバーでオリジナルアウターケースが付きます。このバージョンが手に入るのは今だけ!

本にはすべて著者直筆のサインが入ります。

20181216_01.jpg

マンダリンスーパースターは『ドラゴン危機一発』でスターダムに駆け上る時代のリーさんをフィーチャーした本なので、『ドラゴン危機一発』の秘蔵写真がいっぱい。このページの4枚は本編ではカットされたシーンのレア写真ですね。

20181216_02.jpg

リーさんと記念写真!うらやましい。

20181216_03.jpg

一冊、一冊、サイン中のスティーヴさん。

20181216_04.jpg

本は完成しましたが、まだアウターケースが完成せず、入荷待ちだそうです。もう少しだけ、お待ちくださいね。

20181216_05.jpg

『マンダリンスーパースター限定本』は当店では100冊しか入荷しません。予約の残数はあと30冊ほどとなっています。


ご予約はこちらから

ttps://www.brucelee.shop/product/455


ドラゴンなお店 今井商店
https://www.brucelee.shop/

店長 今井です。
CSの衛星劇場で好評放送中の『グリーン・ホーネット』。皆さん、ご覧になっていますか?

日本初の日本語字幕放送、素晴らしい高画質でやっとストーリーがわかった、という感想も少なくないようです。

この放送を記念してこのアイテム。

『グリーン・ホーネット』主演ヴァン・ウイリアムズ本人の直筆サイン入り写真。

20180906_01.jpg

こちらはサインをしているヴァン・ウイリアムズ氏の写真。

20180906_02.jpg

あらためて『グリーン・ホーネット』を見ると主人公のブリット・リードって男前ですね~。歳を重ねてもバン・ウイリアムス氏も男前。残念ながら2016年11月28日に82歳で逝去されました。

20180906_03.JPG

まだまだ放送回が残っている『グリーン・ホーネット』。心して観よう!


ドラゴンなお店 今井商店

https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
いよいよこの秋(というか、ほとんど冬になると思いますが)登場する、マンダリンスーパースター本編となる豪華ハードカバー、ケース付きリミテッドエディション。
20180729.jpg

ファンの皆さんが一番期待しているのはもちろん、初めて見る未公開写真の数々。それもオリジナルネガから高品位ペーパーにダイレクト印刷された高解像度写真。

そして、著者スティーブ・ケリッジ氏が長年にわたり調査研究を行った膨大な貴重資料も一挙掲載!360ページ以上の大ボリュームであなたに贈る、ブルース・リー没後45周年にふさわしい一冊が、これだ!


当店では100部のみ入荷ですが初日ですでにその20%が予約済みとなっています。来年の夏にはソフトカバーの通常版も制作されるという計画もあるようですが、ハードカバー、ケース付きの豪華限定版が手に入るのは今だけだゾ!

少しでも早く、その中身を見たい!という方にはDVD付きブックレットが来月入荷します。こちらも残数わずか!


店長 今井です。
暑くなりましたが今井商店にはエアコンはありません。あしからずご了承下さい。

20140531.jpg

ブルース・リー対ジャバールは1978年版でいうとビリー・ロー対ハキム。1972年風に言うとハイティエン対アンノウンでしょうか。

胸を蹴られて足跡が付くというのも、今更ながら考えるとすごいアイデアだと思います。アンノウンの威力を示すとともにブルース・リー監督ならではの戦いの中のユーモアとでもいうか、そんなことを思います。

でももしかしてこれは西本正カメラマンのアイデアだったりして。

今井商店は本日も営業中。
http://www,bruceleedvd.com/

死亡遊戯プロモーション撮影

店長 今井です。
世界で一番素敵な記念写真。仲間に入れてもらいたかったなぁ。無理か。

20140526.jpg

</p>

このときの動く映像で何度も何度もジャバールに向けてジャンピングキックを繰り返すブルース・リー。超人リーさんでも失敗もしたんだなぁ、と思ったのものです。「ブルース・リーの伝説」でヌンチャクのNGシーンを繰り返す姿を見たときと同じような感動を覚えました。

今井商店 http://www.bruceleedvd.com/shop.html

店長 今井です。
敵が手ごわいほど主役のリーさんのすごさが際立ちます。虎殿のエスクリマの使い手、パスカルとボビー・ローのファーストコンタクトの場面。実はパスカルの目線の先にいたのはブルース・リーではなうジェームス・ティエンだったのでは、といつも思うのです。もちろんチェン・ユアンはもう倒されたあと。

20140313.jpg

パスカルの脇に置かれた赤いカリスティックは長短2本ずつ。その長短1本ずつを手にしてパスカルはボビー・ロー(ブルース・リー)に挑むのだが・・・。

赤と黒のコントラストがとても印象的で映像的な効果は抜群ですが、これを考案したのはリー監督か西本カメラマンか。謎はますます深まるばかりの「死亡遊戯」でした。

今でも大好き!ブルース・リー
http://www.facebook.com/groups/brucelee1973/
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/

ナウなブルース・リー

| コメント(0)

ブルース・リーが現代に生きた若者だったら、こんな感じだったのかな。

トッポいというか、イカすね。

20120413.jpg


よく見るドラゴンへの道のパブリシティ用写真。

青いサインペンで書かれているのはチャック・ノリスのサインだそうです。

20120307.jpg


share

ブルース・リーが高校生時代に、それまで経験のなかったボクシングの試合でチャンピオンになった、というのは真実だと言われています。

それは1956年のことでした。
ブルースリーは聖フランシスコザビエル高校に入学しました。学校では彼はブラザー・エドワードという名前の教師によって指導されました。学校生活の間に、ブルースリーは学校でも街でもケンカやトラブル続きの連続でした。

1958年、17歳の時、ブルースリーはエドワーズ先生から学校のボクシング​​チームに参加するよう求められました。エドワーズ先生は、ブルース・リーの若いエネルギーとファイティングスピリッツをケンカより前向きなボクシングに振り向けたかったのです。

ボクシング大会は12の学校が集まって開催されていましたが、過去3年間の優勝校はキングジョージV学校でした。この学校は常にリーの通う聖フランシスコザビエル高校のライバル校でした。キングジョージV学校の生徒のほとんどはイギリス人で、聖フランシスコザビエル高校に通うの中国人生徒を馬鹿にしていました。

しかしキングジョージV学校はボクシングのチャンピオンで、その中でもゲイリー・エルムズ(Gary Elms)は誰からも殴られていない過去3年間連続チャンピオンでした。

ブルースリーはエドワーズ先生のの申し出を受け入れ、聖フランシスコザビエル高校のボクシング​​チームに参加しました。しかしボクシング​​チームのメンバーらは驚きました。ブルースは彼らとほとんど練習をしなかったのです。彼はウォン・シュン・レオンやウィリアム・チュンらと詠春拳の練習を続けたのです。詠春拳はブルース多くのストリートファイトで勝利をもたらしてくれたものでした。彼はボクシングの試合でも詠春拳が役立つに違いないと感じていたのです。

そして1958年3月29日。ボクシング​​トーナメントが開催されたのです。全12校が試合に参加しました。まずは予選がです。これに勝ち残ると決勝戦です。ブルースリーは3つ予選を戦ったそうです。彼はすべての試合を1ラウンドノックアウト勝ちをすることができたのです。彼は詠春拳の練習と、そして何より多くのストリートファイトから通りの戦いで得た攻撃性と野生のスイングパンチにより、この勝利を得たのです。

彼は3人の敵を破りいよいよ決勝戦。彼は3年連続ディフェンディングチャンピオンのイギリス人少年、ゲイリー・エルムズとの対戦です。
エルムズのスキルレベルは、先にブルースが戦った3人よりもはるかに高いものでした。エルムズは積極的に前に出て攻撃する作戦でブルースをコーナーに追い詰めることでプレッシャーをかけ、ブルースのワイルドなスイングパンチを封じたのでした。

第2ラウンドではブルースは、同じ攻撃をしかけてきたエルムズのパンチに対して詠春拳の防御を使ったのです。これにより、今回はブルースがコーナーに追い詰められることはありませんでした。

試合は第3ラウンドまで続きました。今度はブルースは防御しつつパンチを繰り出し、エルムズを弾き飛ばし、そして何度かパンチを浴びせました。最後に彼はエルムズの上でジャンプしてストレートパンチを繰り出し、チャンプをノックアウトしたのです。

これはブルースリーにとって素晴らしい偉業達成した。ここに初めて聖フランシスコザビエルカ高校は彼らのライバル校、キングジョージV高校に対する勝利をもたらしたのです。多くの中国人選手らにとって、中国の少年が最終的にイギリス人チャンピオンを倒したことが、彼らの誇りとなりました。

ブルース・リーが1959年4月にアメリカに向けて香港を去ったとき、彼は1958年スクールボクシング​​のチャンピオンと香港の1958年クラウンコロニーチャチャチャンピオンという成果を残しました。しかしアメリカに渡ったブルースはこの事実をめったにアメリカでは話すことはなかったそうです。

20120104.jpg

このストーリーが本当に真実なのかどうか、確かめるすべはありませんが、左上の画像はどうやらブルース・リー本人のようですし、優勝カップのようなものを手渡されているところをみると、非常に信憑性があると思われます。

何より、ブルース・リーならあり得る話だな、と思わせてくれる、そんなところが彼の大きな魅力のひとつでしょう。

share

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちブルース・リーレア写真カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブルース・リーフィギュアです。

次のカテゴリはブルース・リーイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。