ブルース・リー映像の最近のブログ記事

店長 今井です。

『死亡の塔』には『燃えよドラゴン』で使われなかった映像が使われているのですよ。

え?そんなことはオマエに言われなくても知ってるって?

じゃー、これはってますか?

『燃えよドラゴン』のフィルムを流用したと思われているシーンが、実は同じシーンの別テイク映像だったことを。

それがこれだ!


『死亡の塔』でビリー・ロー(ブルース・リー)が高僧に会い来る場面では、『燃えよドラゴン』でリーがブレイスウェイトに会うために歩いてくる場面の映像を使っているのですが、この両者を比べたところ、別テイク映像であることがわかりました。

こうして比較してみるとリーの表情がまったく違うことがわかりますね。

20190526_01.jpg

そして、もうひとつが高僧との会話シーン。

こちらはもまったくの別テイクであることは北海道のUさんから教えてもらって知っていましたが、あらためて比較してみると構図も『死亡の塔』のほうが引き気味で撮影されていることがわかります。あるいは『燃えよドラゴン』の方がブロウアップされているのか?

20190526_02.jpg

『死亡の塔』ではこの場面全体が使われておらず、途中に高僧の顔のアップやブルース・リー子役時代の映像が挿入されていますが、「全部見たい!」というのがファンの気持ちでしょう。


さあ、全部見られる日が来るまで上記の映像を比較して悦に入りながら、ガマンしましょう。

そして、ほかにもお宝映像を発見したら店長にすぐに教えてね。


ドラゴンなお店 今井商店
http://www.brucelee.shop

店長 今井です。 

映画6本がDVD1枚に?! 
20181117_01.jpg

当店の倉庫に転がってたこのDVD。海外からのお土産ももらったんだったか^^;忘れちゃった。
チャクチャ詰め込んでるからもちろん画質は、悪いです!VCD並みです。
メニュー画面もぜんぜんデザインが統一されていません。
20181117_02.jpg

VCDを知ってる人ももう少ないかな(・_・;画質はこんな感じ。ちょっとボンヤリ。
20181117_03.jpg

欲しい人がいたら譲るけど、いないだろうナァ。

ドラゴンな、お店 今井商店

店長 今井です。

好評ご予約受付中の『ブルース・リー マンダリンスーパースター』ですが、当店でご予約のお客様にはもれなく!特典DVDが付属します。安心してご予約ください。

しかも!

うっかり忘れてましたが、本家イギリスの特典DVDはPAL方式なので日本製のプレーヤーでは再生できませんが、当店の特典ディスクだけは特別に日本仕様のDVDが付属することになりました!つまり、簡単に言うと当店でご予約いただいた方にお送りする特典ディスクは日本製のDVDプレーヤーで再生できるってわけですヨ!

book_uk_mandarin_00.jpg


book_uk_mandarin.jpg

というわけで、ブックレット+DVDの『マンダリンスーパースター』はブルース・リー没後45周年記念商品としてただ今、予約特価でご予約受付中です。

ブルース・リー マンダリンスーパースターブックレット+無料DVD(日本製プレーヤー対応ディスク)
https://www.brucelee.shop/product/447


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
この映像もすごい!部分的には過去に見たことがあるけれどこれだけクリアで長いのは初めて。

1967年、ワシントンで開催されたジューン・リー主催のカラテトーナメントでのブルース・リーデモンストレーション映像。映像の出所はジューン・リーさんの息子さんからのようです。スマートなリーさんの立ち居振る舞いが素敵!

この動画は埋め込めない設定のようなのでリンクだけ。 https://youtu.be/VnFalv7GwHE

20180210.jpg

店長 今井です。

10月になったので「ブルース・リーのグリーン・ホーネット」月間をちょっと拡大して、ブルース・リーが関わったテレビ番組などにも枠を広げて取り上げていきます。

ブルース・リーが出演したテレビといえば代表作は「グリーン・ホーネット」ですが、実はあまり知られていない「ロングストリート」は隠れた名作です。

20131001-01.jpg

全24話中、4エピソードにブルース・リーが出演しており、いわゆる「準主役」級の扱いは当時のハリウッドとしては異例の抜擢だったことでしょう。

20131001-02.jpg

製作総指揮と脚本はブルース・リーの弟子、スターリング・シリファントだからこそできた、ジークンドーの真髄をドラマの中で語り再現したこの番組。主人公を側面から支える古物商で武術の達人、リー・チョン(Li Tsung)はまさにブルース・リーそのものといっていい役柄。

20131001-03.jpg

特に第一話「波止場の決闘」は原題が"The Intercepting Fist"というまさにジークンドーそのものがタイトルになっていて、内容も「燃えよドラゴン」の原型のような作品です。特に「友よ、水になりなさい」のセリフは「考えるな、感じるんだ」と同様、ブルース・リーの名セリフですが、この作品から出た言葉であることは案外知られていないかも知れませんね。

ちなみに日本でテレビ放映されたときのタイトルは「復讐の鬼探偵ロングストリート」「復讐の追跡者」「盲目の追跡者」と、放送局によっていろいろ違っていたそうです。

その名作「ロングストリート」が実は日本だけでDVD化されている、というのもあまり知られていないうれしい事実。日本のブルース・リーファンはシアワセですよー。今回特別価格で入手が可能になりました。第一話の冒頭に見られるブルース・リーの「リアルストリートファイト」も必見!観たいの方はぜひ「アチョー!」してみてください。

商品詳細
ロングストリート DVD-BOX 8枚組
発売日:2007年11月30日
収録時間:1238分
収録内容:パイロット版1話を含む全24話 カラー/スタンダード/各片面2層/各3話収録/各約150分(ディスク1のみ約170分)/日本語字幕/音声:1.オリジナル英語<ドルビー・デジタル・モノラル>/特典:豪華デジパック仕様

希望小売価格19,950円のところ特別価格13,980円 (消費税込み) 数量 :




■買物カゴの中身を確認

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

店長 今井です。

「グリーン・ホーネット」が日本で放映されたときの、放送前のフリップです。

20130906.jpg

なかなか味のあるイラスト?ですが、肝心の蜂の色がグリーンじゃないじゃん!タイトルも「グリーンホーネット」、真ん中の「・」が抜けてまっせ。まぁそんなことを気にする以前の問題か。

これは1967年の初放送時ではなく、たぶん1980年代あたりに中京圏、中京テレビで再放送されたときのものです。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」のほうに日本語ナレーション入りの動画を投稿しました。日本語吹替え版もたまに観ると新鮮です。ストーリーがよくわかります。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

手元に前売り券があることに気がついて、ふと「そうだ、ブルース・リー観に行こう」と思い立ち、東京へ。

東京は新宿、新宿武蔵野館にて「アイアムブルース・リー」上映中。午前の上映に間に合いました。

こうして映画館にブルース・リーが登場している日常が今ある、というのは感動的。

29130629-01.jpg

ロビーには大々的にブルース・リーに関する展示が施されています。貴重な資料提供は「ドラゴン帝国」滝口さん。

29130629-02.jpg

エンターベイやホットトイズなどの既製品ではないカスタムフィギュアばかりなのが、いかにも「ドラゴン帝国」風なコレクション。

ロビーカードや当時の新聞など、貴重なものもいっぱい。

29130629-03.jpg

その他、映画雑誌や新聞等の記事もコラージュされ、映画館の熱の入れようが伝わってきます。メモリアルグッズも販売されていましたよ。

29130629-04.jpg

肝心の映画「アイアムブルース・リー」のほうもほぼ満員の入り。冷房が寒すぎる点を除けば、すばらしいブルース・リー映画鑑賞体験でした。スクリーンに映し出されるリーの迫力ある映像がインタビュー映像とともにスタイリッシュに編集された「アイアムブルース・リー」。次に観るのは大阪かな。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

鬼気迫る「ドラゴン怒りの鉄拳」

「ドラゴン怒りの鉄拳」月間。あらためて「ドラゴン怒りの鉄拳」を観ている店長 今井です。

この映画もバージョン違いがいろいろありますが、とりあえず平均的なものならHuluで手軽に観られる。画質も良いし、良い時代になりました。

気が付いたのですが自分はあまり「ドラゴン怒りの鉄拳」は観ていないなー、ということでした。だからあらためて今、何度も観ると新鮮に感じる場面がたくさんあります。

そのひとつがこの場面。師匠ホウ・ユンチャを暗殺した使用人(実は日本人だった!というのが腹巻でわかる、というのが素敵なシチュエーション!)を怒りにまかせて撲殺!という ちょっと乱暴すぎるシーンですが、ブルース・リーのアクションの迫力と鬼気迫る演技力が説得力を高めていますね。

20130604-01.jpg

この写真もレコードジャケットなどに使われたりして有名ですが、やっぱりかっこいい。そしてこの場面のリーさんのアクションも素晴らしいです。

ちなみに殺される使用人役は「ドラゴン危機一発」のマイ社長(韓英傑 ハン・インチェ)と「ドラゴンへの道」のワンおじさん(黄宗迅 Wang Chung Hsin)じゃーないですか。ふたりともよい味出してますよ。確かこの作品でも武術指導は韓英傑さんですが、実質はブルース・リーが占めるウェイトもかなり大きかったのでしょうね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

イギリス劇場公開時"The Big Boss"予告編の貴重な映像です。8ミリフィルムのため映像の解像度は低いですが、本編ではカットされた4つの場面を観ることができます。

本編からカットされた4つの場面は、

・工場長の息子(トニー・リュウ)に頭部を切られ流血するシュウ(ジェームズ・ティエン)のカット
・シュウが仲間たちにケンカのやり方を教えている場面でリークンの金的をつかもうとするシーン
・氷詰めにされたシュウの遺体のカット
・最後の決闘に赴く前に娼館で全裸になっているチェン(ブルース・リー)のシーン

これら4つすべてが入っている予告編は今見られるものではおそらくこのトレーラーだけだと思います。この映像はHong Kong Legends プラチナエディションDVDに特典映像として収録されています。

冒頭に見られるゴールデンハーベストの稲穂の映像も貴重ですよね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」2005年版予告編

2005年にリニューアルされたDVD-BOX「最強李小龍電影全集 Burce Lee Ultimate Collection」が発売された折に特典映像として収録された新たな編集の予告編です。

Hong Kong Legends のトレーラーほどの感動はありませんが、それでもこうして新しい編集がされるとうれしいものですね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちブルース・リー映像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブルース・リー本です。

次のカテゴリはブルース・リーモノです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。