ついに観た!『東京ーソウルーバンコック 実録麻薬地帯』のノラさんのなんと魅力的なことか、そしてチバちゃん・・・

店長 今井です。

上映最終日に間に合い、やっと観ることができました。

ブルース・リーファンならもちろんその題名は聞いたことがあるであろう、この作品。

『東京ーソウルーバンコック 実録麻薬地帯』

ブルース・リーブームの時代、一躍アイドルとなったノラ・ミャオさんがブルース・リーブーム以前に日本の映画に出演していた、そのタイトルがこれでした。

しかし、ビデオもネット配信もない時代。観たいと思っても無理な話。

そして今、この映画をフィルムで上映するという映画館が大阪に出現!その名も、新世界東映さん。

同館スタッフの長嶺氏の尽力もあり、めでたくリーファン待望のこの作品が上映されたのでした。

20190523.jpg

店長も上映最終日の本日、やっと間に合いました。

内容は、男はつらいよ+仁義なき戦い+トラック野郎というハチャメチャな主人公がトライアングル地帯を暴れまわる、という感じなのですが、その暴力の渦の中で可憐に咲く一輪の花、それが香港娘パリンダを演じたノラさんなのでした。

ちょうど『ドラゴン怒りの鉄拳』と『ドラゴンへの道』の間の時期のノラさんなのですが、店長は両作品のノラさんよりも本作のノラさんが好きだなぁ。

上映は本日深夜で終了ですが、どうしても観たい!という方はネット配信で観られますから、ぜひご覧くださいね。

でもね、やっぱりフィルムをスクリーンで上映するのを観るのはひと味違いますよ。

特に今日の初回の上映は・・・映画終わっても幕が閉まらず、フィルムのエンドマークのあとの部分までフィルムが回っちゃったり、スクリーンから大きくはみ出した上映などなど、いろんな意味で劇場でのフィルム上映を堪能できましたよ。そして新世界という「異世界」で観ているという状況もそれに拍車をかけたのでした。


ちなみに、映画自体は併映作品の『狂った野獣』のほうが数倍面白かったですけどね・・・予想どおり。


ドラゴンなお店 今井商店

http://www.brucelee.shop

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2019年5月23日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルース・リーの時代、イエナの時代。」です。

次のブログ記事は「『燃えよドラゴン』の未使用シーンだけでなく未使用別テイクが使われていた『死亡の塔』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。