ブルース・リーの時代、イエナの時代。

店長 今井です。

当時の雑誌などに掲載されたいたブルース・リーグッズの広告。

これはイエナ洋書店のもの。

「僕と似てるかな・・・ブルース・リー!?」ってコピーは当時のドラゴン少年が皆、自分でそう思っていたことじゃないかな・・・今井店長もそうでした(涙

そう思わせてくれるところもリーさんの大きな魅力だったのでしょうね。

20190512.jpg

「洋書のイエナが香港JKDClubより独占輸入。」って、香港にそんなクラブがあったのか???

語版マガジンにポスターマガジン、中文本、ステッカーに8ミリフィルム(ブルース・リーは映っていない・・・)、ペーパーシネマにトラックスーツ、クンフー服などなど。

今ならガンガン、大人買いするところですが、当時はお金がない貧乏少年。まったく手が出ません・・・

でも、眺めているだけで楽しい、そんなブルース・リーグッズの数々でした。

そのイエナ洋書店も21世紀までは生き残りながら、2002年1月にひっそりと閉店されたそうです。


ドラゴンなお店 今井商店

http://www.brucelee.shop

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2019年5月12日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルース・リーファンにとって雑誌ロードショーのロードショーシネマ大賞はどんな芸能の賞よりも重要だった」です。

次のブログ記事は「ついに観た!『東京ーソウルーバンコック 実録麻薬地帯』のノラさんのなんと魅力的なことか、そしてチバちゃん・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。