ブルース・リーファンにとって雑誌ロードショーのロードショーシネマ大賞はどんな芸能の賞よりも重要だった

店長 今井です。

ロードショーシネマ大賞の男優賞が毎年、気になっていた1970年代。

1976年第4回の賞でもリーさんは残念ながら第2位。前年に続いてアラン・ドロンさんに負けました。

20190511.jpg

第1位 アラン・ドロン 9852票
第2位 ブルース・リー 8517票
第3位 スティーブ・マックィーン 4992票

首位のドロンとは130票ほどの差。わずかなものです。

いけれど、でも2位というのがなんだかリーさんらしいな、まさにこの写真のタンロンのように、庶民的で肩ひじ張らない、リーさんらしいな、と思う店長なのでした。


ドラゴンなお店 今井商店

http://www.brucelee.shop

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2019年5月11日 12:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴールデンウィークといえば思い出すのはもちろんこれ、「ブルース・リー 死亡遊戯」は永遠のゴールデンウィーク映画だ!」です。

次のブログ記事は「ブルース・リーの時代、イエナの時代。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。