ドラゴン先生よ、永遠に。授業でブルース・リーの熱意を生徒たちに教え続けた石川利之さん、安らかにお眠りください。

店長 今井です。

本日、訃報を聞きました。

高校でブルース・リーの思想と熱意を生徒たちに伝え続けたドラゴン先生こと、石川利之さんが今月19日に永眠されました。

石川さんは日本大学高等学校の教員で、「授業で燃えよドラゴンを見せる教員」と自称されていました。

石川さんがブルース・リーの素晴らしさを伝えたい、という気持ちは生徒さん方にきっと届いたことでしょう。


思い返せば石川さんとのお付き合いは14年ほどになります。

お会いしたことはありませんが、常に当店を盛り立てていただき、いろいろな情報も教えていただきました。

たとえば、アメリカに渡り日本の武道空手の普及に尽力された出村文男氏は石川さんが教鞭を取っていた日本大学高等学校のご出身で、出村氏が近年、高校を訪れた際にはPTAの機関誌にその記事を掲載したとのこと。その記事に出村氏とブルース・リー、スティーブ・マックイーンが並んだ写真を掲載するよう尽力されたのが石川さんだったそうです。

お別れにリーさんの素敵な笑顔を贈ります。

20190122_01.jpg

ブルース・リー仲間の情報では、先月には香港のリーさんの自宅前で感極まり号泣された、とのこと。

20190122_02.jpg

石川さん、安らかに眠ってください。

そして、ドラゴン先生よ、永遠に!

20190122_03.jpg

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について