2018年5月アーカイブ

店長 今井です。

これはおそらく1973年11月から12月前後、試写会などで配布らしい『燃えよドラゴン』の解説プログラム。

「これが人間技か?!燃えあがる男の闘志が全身をつつむとき すさまじい気合は悪の巨城をゆるがして 必殺!飛燕の飛び蹴りが要塞島の息の根をとめる!」
『燃えよドラゴン』ってワーナー・ブラザース映画創立50周年記念作品だったんですよねー。
20180531_01.jpg
1ページ目の解説、内容はシングルレコードのジャケットなどに書かれていたものと同じ。この作品については当時、この情報ソースしかなかったのでしょうね。

3ページ目はキャストの紹介。
20180531_02.jpg

今世紀最大・最強のアクションスター 悲劇の彗星・・・ブルース・リー

連戦連勝―不敗を誇る巨大な虎 ジョン・サクソン

悪の巨城にさきほこる妖花・・・タニア

黒い肢体に炸裂するエネルギー 闘いと女にはめっぽう強い黒い豹 ウイリアムス

そうか、リー=龍、ローパー=虎、そしてウイリアムス=豹 だったのね。

この紹介キャッチフレーズで一番かっこいいのがウイリアムスじゃない?

このジム・ケリーの経歴ですが、映画初出演はヒュー・ロバートソン監督『残酷欲情軍団』だそうで、格闘アドバイザーを頼まれた際に自分の出演を頼み込んで出演しちゃったとのこと。

チョイ役ながらこの映画でのジム・ケリー、『燃えよドラゴン』のウイリアムスっぽいカラテアクションを披露していますぞ。予告編で観られますから、どうぞ。

『残酷欲情軍団』 Melinda(1972)予告編
https://youtu.be/X8oOokg7M1s


4ページ目の解説がこれまたおもしろい。ミスター・リーがミスター・ソーと誤植してたり、ハリウッドで開催されたドラゴン・レースの写真が載ってたり、レイモンド・チョウはロバート・チョウと記されていたり。
20180531_03.jpg

まだまだブルース・リーの真実が知られていない時代の匂いを感じさせてくれる、貴重資料でした。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。

1974年5月26日の名古屋地区の新聞広告を、当店自慢の「上野コレクション」より抜粋。

まずは『燃えよドラゴン』。堂々23週に突入!って現代では考えられない超ロングランは、さすがスーパースター、燃えに燃えるあなたのブルース・リー!
20180527_01.jpg

同時上映『マッキントッシュの男』は店長も初『燃えよドラゴン』のときに併映されていた作品。最初だけちょこっと観て帰ってしまったのでいまだにストーリーを知りません。

そして『ドラゴン危機一発』は、渦巻く熱狂と興奮!の中、絶賛上映中だったのですね。
20180527_02.jpg

でもこの当時、我々は本当のブルース・リーをぜんぜん、知らなかったのだな・・・と今だから思えます。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。

選ばれし者のみが受けとれる神の啓示、クワシンカードが今月もt到着しました!
まさに神の言葉が記されていますぞ。
20180526_01.jpg

「生きている限り、自分を理解し、発見し、表現していかなければなりません」

ボ~っと生きてはイケマンセン!てことね。

そして裏面は、日本映画の名作『腹切』の紹介。
20180526_02.jpg

クワシンカードはドラゴン一点張りでないのがまた良いところ。クワシンさんとは同世代だけにこの点についても共感するところが多いよ。

さて、映画『切腹』はなんとなく今まで見過ごしてきたのですがこれを機会に観ましたよ。深いね、まさに映画が映画だった時代の名作。リーさんも『ドラゴンへの道』で目指したものもまさにこうした深い映画だったんだよね。

皆さんも『切腹』、観てみてね。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。

最近、ドラゴンなお店がニッポンでは少なくなってしまったとお嘆きのアナタ!

ありましたよ、下北沢に。

それは東京の下北沢、若者の街シモキタザワにあるのがマーシャルーアツ・カフェ&アジアンカリー 犬拳堂さん。
下北沢に来るのは十数年ぶり。相変わらず雑多で活力あふれる街並みがイイカンジな場所。

久しぶりに迷いながらマップを頼りにたどりついたのがココ。アヤシイ・・・。でもココで毎年7月20日付近の日には「ブルース・リーナイト」なるドラゴンな集会が開催されているとのこと。
20180525_01.jpg

アジアンカリー・・・ベティちゃん・・・マーシャルアーツカフェ犬拳堂・・・何屋さん?(カレー屋さんです)
20180525_02.jpg

おそるおそる店内に入ると・・・ありました、マーシャルアーツコーナー!でも、ブルース・リーコーナーはないの。そう、ここはブルース・リーカフェではないのですから。
20180525_03.jpg

飾られた雑誌やポスター類には貴重な直筆サインが・・・見る人が見れば涙モノのお宝の山・・・なのだ、きっと。
20180525_04.jpg

以前の店舗ではもっとマーシャルアーツ色を出していて壁に飾られていたというボードにも貴重な直筆サインが多数!ちなみにこの向かいはトイレです。
20180525_05.jpg

さて、カウンターに座って一杯やりながら、ウリのアジアンカリーをいただく。これは本日のスペシャル、濃厚チキンカリー!これは・・・ふつうにウマイ!ちょっとトムヤムクン的なエスニック風カリーだけどお酒にも合う、物足りなさを感じさせない味と辛さ。かといって辛すぎずでしゃばらず、これは何杯でもいけそう!こちらのカレー、下北沢カレーフェスティバル初代カレー王認定ランキング第一位、下北沢らしいカレー第一位だっていうから、そりゃー、おいしいはずダワ。

20180525_06.jpg

気さくで陽気なマスターからいろいろと楽しいお話を聞きながら、おみやげにいただいたミニポスターは梶原一騎兄弟!男気溢れるこの一枚に今井店長は思わずおじぎをしてしまいましたとさ。
20180525_07.jpg

元漫画家というキョーレツな経歴を持つオーナー、犬竹けんぢさん。お酒やカリーの手際も素晴らしく、お店を楽しんでやっているなー、と思いました。
20180525_08.jpg

マーシャルアーツ・カフェでは客足がイマイチで、今ではアジアンカリーがウリのカップルで満席になるお店なっていますが、でも年に一度の「ブルース・リーナイト」はいつまでも続くようですぞ!

犬拳堂プレゼンツ
❰THE ブルース・リーナイト2018❱

日時:2018年7月21日(土)18時から21時まで

会場:マーシャルアーツ・カフェ&アジアンカリーBAR犬拳堂 東京都世田谷区北沢2-38-10-2F 電話 03-3485-8698

会費:3,500円(FOOD & アジアンカリー ➕ ドリンク3杯 ➕プレゼント!)

内容:毎年恒例SPレギュラーゲスト、『ドラゴン魂』編集長の川保天骨さんをお招きして今年も「あーでもないこーでもない」「飲めや語れや騒げや」の180分!

会場の都合上、先着20名様くらいしか参加できないようです。お申込みはお早めに!


マーシャルアーツ・カフェ&アジアンカリーBAR犬拳堂 公式サイト
http://shimokitazawa-curry-inukendou.com



ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
最新ブルース・リー本、『ブルース・リー カトー・ショウ』本日入荷しました。ただ今順次、発送準備をしておりますのでお手元に届くまであと少しお待ちくださいね。

超クールな最新バナー。
20180519_01.jpg

初回入荷分はほぼ予約で完売ですが、若干でしたら在庫がありますよ。
20180519_02.jpg

グンフーイズグンフー!ノットアチャイルドプレイ!
20180519_03.jpg

初公開写真も多数掲載!
20180519_04.jpg

そして、グリーン・ホーネットはカトーワンマンショウとなった・・・
20180519_05.jpg

秘書のキャシーは知っている秘密。
20180519_06.jpg

カトーとして熱狂的な香港のファンに迎え入れられたブルース・リー。
20180519_07.jpg

購入特典は、グリーン・ホーネット番組打ち切りをリーに知らせたウィリアム・ドジャーからの手紙を復刻!
20180519_08.jpg

当時の雑誌記事、新聞記事など貴重資料も多数掲載。
20180519_09.jpg

この本、けっこういいですよ。紙質の素晴らしさ、カラーの美しさ。そして何より、今井店長の翻訳で読める日本語記事!も掲載。


今ならまだ少し、在庫がありますよ。ご注文はお早めに。

ブルース・リー カトー・ショウ(イギリス本)ttps://www.brucelee.shop/product/405


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
本日は予想以上の大雨で参りましたが、そんな天候にもかかわらずお客様が2組もご来店。ありがとうございました。

最初のお客様は東京からお越しのoku Ichiさん。
20180513_01.jpg

oku Ichiさんは世界中のブルース・リー映画ロケ地を巡っていて、その様子をたくさんYouTubeで紹介されている有名人ですぞ。

oku Ichiさんのブルース・リー「ドラゴン危機一発」ロケ地めぐり
https://youtu.be/gKxTvAyFlg8

画面に映ったご自分の姿と一緒にポーズを取るoku Ichiさん。世界を股に賭けるこのカンロク!
20180513_02.jpg

oku Ichiさんからはロケ地めぐりの裏話やリーさんのマル秘エピソードをたっぷり聴かせてもらえて、店長大満足。ありがとうございました。

続いて2組目のお客様は飯田市内から近藤さんご一家。まだ高校生の近藤さんですけど、ブルース・リー大好き!な気持ちがビンビン伝わってきましたヨ!
20180513_03.jpg

イケメンな若者に今井店長もタジタジ・・・立派なドラゴン野郎になってくださいね!
20180513_04.jpg

ポーズとって、と言うとすぐにこの構えができるってのは、本当にリーさんが好きな証拠ですよ。これは将来が楽しみ
20180513_05.jpg

皆さま、またのご来店をお待ちしております^^またお会いできることを楽しみにしていますよ。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
ちょっと残念な顔をしているのはマイファーストトーフ死亡遊戯バージョンのお人形。

香港の李小龍会=ブルース・リークラブブランドの製品です。
20180506_01.jpg

ブルース・リーぽくないけれどなんとも愛らしい、憎めないトーフ君ですなぁ。なぜかトラックスーツ姿が似合ってます。

サイズは十数センチほどですがお値段はけっこうしますよ^^;
20180506_02.jpg

背景に置いてるのはやっぱり最近入荷したフェイスタオルです。 20180506_03.jpg

このタオル、ほんの数枚だけの入荷です。
ブルース・リーコラージュフェイスタオル https://www.brucelee.shop/product/438


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
店内の隅っこから発掘したロビーカードはメキシコの当時もの。

20180504.jpg

一見、『死亡遊戯』のカードに見えるけど、実は『ブルース・リーの神話』のもの。海外によくある大判でペラペラのロビーカードです。サイズはだいたい29センチ×39センチ。

『ブルース・リーの神話』のメキシコでのタイトルはスペイン語で『La Verdadera Historia De Bruce Lee』というらしいですね。スペイン語で翻訳すると『ブルース・リーの真実の物語』。メキシコでの配給会社はアルテシネマ・デ・メイキシコという会社だったのですね。

このロビーカード、いったい何枚のセットなのか。5枚か、6枚か。持ってる人がいたら教えてください。


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

店長 今井です。
ブルース・リーフォーエバーのポスターマガジンが久しぶりに登場です。内容は『ドラゴン危機一発』!

200180502_01.png

カラーが美しいレア写真が表紙のポスターマガジン最新号はブルース・リーをアジアのスーパースターに押し上げた『ドラゴン危機一発』を取り上げています。秋に出版予定の『ブルース・リー マンダリンスーパースター メイキングオブザビッグボス』の予告編的な内容です。

200180502_02.png

発売予定の新刊『ブルース・リー マンダリンスーパースター』もスティーブ・ケリッジ氏とダレン・チュア氏(ロバート・チュア氏の息子さん)の共著で、謎に満ちた『ドラゴン危機一発』の撮影舞台裏を描いているようです。こちらも楽しみですね。

ポスターマガジンはご予約特価でご予約受付中です→https://www.brucelee.shop/product/435


ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。