ニセ「当時物」ポスターにご注意を。誰でもほしいリーさん主演映画日本版オリジナルポスターですが最近はコピーが出回っています。

店長 今井です。
先日、ヤフオクで落札したポスター。「当時物」という説明でしたがどうやらニセモノだったようです。

こちらは『ありし日のブルース・リー』のポスター。2パターンあるうちのこれはタイトル文字が小さいバージョン。
20180330_01.JPG

そしてこちらは『ドラゴン怒りの鉄拳』の迷宗拳バージョン
20180330_02.JPG

いずれもほかのものと違って割と手に入りにくい、市場に出回りにくいアイテムですがここのところ頻繁にヤフオクに出品されています。上記のものすべてが偽物とは言いませんが、確実に偽物が混じっていることは間違いありません。

最近は誰でも業者に頼めば大きなポスターのコピーがかなり精巧に作れますからね。「本物」を持っていない人は騙されてしまいますよ。店長も届いたポスターを自分のコレクションと比べてみて確信しました。もっともそれ以前にニセモノは理屈ではなく、見た瞬間にときめきがないっていうか、なにか感じるんですよね。ホンモノが放つドキドキ感とでも言いましょうか。ニセモノコピーはツルっとして、ヌペ~っとして、なにこう新聞に挟まっている広告チラシのような緊張感のなさ・・・。

こうなったらもう、安心して買えるのは色あせや破れ、ピン穴ありのポスターしかありませんね。

ニセモノと店長のコレクションを並べてみました。さてどちらがどちらでしょう?
20180330_03.jpg

これはどちらも店長コレクション。どちらもホンモノ!・・・のはず。
20180330_04.jpg

皆さんもくれぐれもご用心を。

ドラゴンなお店 今井商店 https://www.brucelee.shop

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2018年3月30日 12:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランスの格闘技雑誌『ドラゴンマガジン』ブルース・リー特集号が店内で発掘されました!」です。

次のブログ記事は「ブルース・リーはHIP HOPなレコード業界も総なめにした!その証拠がコレなのダ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。