「燃えよドラゴン」のパンフレットはいろいろあってちゃんと整理しないとわからなくなる

店長 今井です。
「燃えよドラゴン」のパンフレットがたくさんあります。発売時期によって文章の内容や価格が違います。古本屋で買ったりして集めたものですが、一冊だけは自分が当時買ったものです。整理しておかないとどれがどれやらわからなくなってきますが、当時の自分は切り抜きなどを張り付けてデコレーションしちゃっています。

20180121_01.jpg

20180121_02.jpg

ロードショーからの切り抜きがほとんどです。
「ジョン・サクソンが『燃えよドラゴン』の続篇を準備中!」などという記事もあります。

20180121_03.jpg

ロバート・クローズ監督の紹介文に1974年公開の「黒帯ドラゴン」が入っていますから、このパンフは1974年以降のものですね。さらにリーさんの紹介文には1975年公開の「ドラゴンへの道」まで入っているので1975年以降に製作されたものか・・・。

20180121_04.jpg

20180121_05.jpg

20180121_06.jpg

20180121_07.jpg

20180121_08.jpg

後ろのほうには1976年8月29日に長野県伊那市の旭座で観た時の半券が貼り付けてありますが、それが「燃えよドラゴン」5回目の鑑賞だったと記されています。伊那市まで乗っていった国鉄飯田線の硬券もあるけど印刷面はすっかり消えてます。

この何度目かのリバイバル版のパンフレット。当時はこれ一冊買うだけが精いっぱいでしたが、皆さんがお持ちの「燃えよドラゴン」パンフレットはどのバージョンでしょうか。気になるなぁ。

ドラゴンなお店 今井商店 http://bruceleedvd.com

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2018年1月21日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1967年から1970年にかけてロサンゼルスに開設された道場の鍵はリーさんとジョーさんの友情の証だった。」です。

次のブログ記事は「驚愕の映像!一部は見たことがあるけれど初めて見る動くリーさんが見られる空手トーナメント映像だ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。