ウィリアム・ドジャー

店長 今井です。

ウィリアム・ドジャーといえば「グリーン・ホーネット」のプロデューサーでブルース・リーをハリウッドに紹介した人物ということになっていますが、どんな人だったのでしょう。

お顔はこんな感じの人でした。

20130907-01.jpg

右端の背広の方がドジャーさん。ちなみに真ん中はバットマン、左はロビン君です。

ウィリアム・ドジャー William Dozier さんは1908年2月13日生まれ。お亡くなりになったのが1991年4月23日だったそうです。

ということは「グリーン・ホーネット」が製作放送された1966年当時は58歳だったのですね。この前年の1965年2月1日、20世紀FOXで行われたスクリーンテストの映像の中にもドジャーさんが写っているという情報が・・・。

20130907-02.jpg

この場面のリーさんの相手役のおじさんがドジャーさんかと思ったら、どうやら違うみたいですね。リーさんの動きをもっとカメラに向けるためにおじさんの体の向きを変えている黒髪の人。画像の右端の人物がドジャーさんではないでしょうか。みなさんはどう思われますか?

そしてもうひとつの謎。ハリウッドとブルース・リーをつなげたのは本当にウィリアム・ドジャーが最初だったのか?その答えはここにあります。

真・ドラゴン酒場 イベントプログラム
http://bruceleedvd.com/event_program/program_jp_dragonbar.html

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Powered by Movable Type 5.11

このブログ記事について

このページは、Tsuyoshiが2013年9月 7日 05:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「グリーン・ホーネット」は真ん中の「・」は必須」です。

次のブログ記事は「正当派サントラ盤は「ブルース・リーの怪鳥音」入ってません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。