2013年7月アーカイブ

熱く燃えた「真・ドラゴン酒場」の夜

店長 今井です。

ブルース・リーの40回目の命日を香港で過ごすか、日本で祝うか考えた末に、兵庫県尼崎市の三和市場というところで開催された「真・ドラゴン酒場」というイベントに行ってきました。

20130721-01.jpg

市場?何やら怪しい雰囲気も感じつつ期待と不安に胸ときめかせながら関西へ。

20130721-02.jpg

初めての尼崎市。独特な雰囲気のCityの中のさらに奥深く、魅惑的なStreetの中にそれはありました。

「虎の穴」。男の子なら誰でも知っているあの「タイガーマスク」が地獄のようなプロレス修行をした悪役レスラー養成道場と同じ名を冠したイベントスペースだ。

その「虎の穴」で行われるのが「真・ドラゴン酒場」。おお!中はすっかり「龍の穴」ではないか!

20130721-03.jpg

外では市場の皆さんによるフード・ドリンクコーナーが大盛況で、縁日気分を盛り上げています。楽しい!

20130721-04.jpg

そしてイベント本体ではバリバリドラゴンなトークライブが展開されました。

主な内容は・・・
韓国最強武打星決定トーナメント
変な武器と変な達人トーナメントとジミーさん
誰がブルース・リーを発見したのか
燃えよドラゴンを100倍楽しむ話
と、マニアから初心者まで誰でも楽しめる内容でした。

20130721-05.jpg

特に映画の造詣が深い長嶺先生のお話には感動。彼らはまたブルース・リーだけでなく映画全般に知識が広く深いので、ブルース・リーを映画史的に俯瞰して捉えることで、ファンとはまた違った新たな視点があることを教えてくれました。

20130721-06.jpg

そんな限りなくホンコンチックな三和市場とらのあなの夜はドラゴンとともに更けていきました。

20130721-08.jpg

大変盛り上がったこの「真・ドラゴン酒場」。次回は11月に「ドラゴン聖誕祭」が行われるそうで、こちらも今から楽しみです。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブルース・リー逝去40周年

リーさんの命日。ファンの皆さんはいかがお過ごしですか。

日本国内はもちろん海外でも様々なイベントや催しが開催されますね。

香港では'40th Year of Passing of Our Dragon Tribute Show'という番組がYouTubeを通じて生放送されるそうです。

20130720.jpg

香港の時間で7月20日午後11時50分から2時間。日本では7月21日昼の12時50分からのようです。

20130720-02.jpg

私は今日明日と関西へ遠征。京都、大阪、兵庫を訪ね、李小龍追悼巡礼に行ってまいります。

皆様も心安らかにこの特別な日を過ごされますように。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

地球の裏側、ブラジルでもブルース・リー熱は高まっているようです。

ローリング・ストーンというブラジルの雑誌、2013年7月号はブルース・リーが表紙でした。

20130716.jpg

特集記事「神話ブルース・リーの起源」というタイトルも表紙から読み取れます。さてどんな記事内容でしょうね。気になります。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

関西、特に京都のブルース・リーマニアとえいば書家の王石明先生。

40周年の記念すべき年に王先生が動く!京都市で記念イベントを開催されるとのこと、王先生より直々にお知らせいただきました。

こちらがちょっと大きめのポストカード兼フライヤーになっているカード。アーティスト王先生らしいシックでオシャレなデザインのカード。もうこれだけでワクワクしてきます。

20130715-01.jpg

李小龍先生逝世 40周年記念特展

BRUCE LEE'S LIFE AND LEGACY 40th MEMORIAL EXHIBITION

開催日:2013年7月17日(水)から7月21日(日)まで
開催時間:11時から19時まで(最終日は17時まで)
会場:京都市国際交流会館 2階展示室
主催:京都李振藩先生紀念資料館

カードの裏面はこんな感じ。書家の王先生の文字がもうこれだけでアートですね。

20130715-02.jpg

私は7月20日か21日どちらかに伺う予定ですが、どちらにしましょうか。スケジュールが合えば二日間ともかな。命日である20日には献花式も行われるとか。

関東、関西とも巻き込んで今、日本中がブルース・リーブーム!

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

集え!「真・ドラゴン酒場」

7月20日はリーさんの命日。しかも記念すべき40周年ともなれば、日本中がブルース・リー祭り!状態になるのは当然。

数あるイベントのうちどれに行こうかお悩み中に店長 今井が注目なのがこのイベント。

「真・ドラゴン酒場」

20130713.jpg

兵庫県尼崎市で開催されるこのイベント。このポスターデザインとイラストもすばらしい!詳細は下記に公式発表より引用します。

7月20日のこの日...あのイベントが帰ってくる...

昨年9/15に行われた『激突!ドラゴン酒場』(http://amayoko.exblog.jp/16215522/)が10カ月の時を経て、「真・ドラゴン酒場」として蘇る...

燃えよドラゴン日本公開ならびにブルース・リー没後40周年の7月20日のこの日に、ブルース・リー&カンフー映画に関するトークイベントを開催いたします。
マニアの方だけでなく、あまりご存じない方も楽しめること間違いなしのこのイベント、お食事やお酒を飲みながら一緒に楽しい時間を過ごしてみませんか?
皆様方のご参加、心よりお待ち申し上げます。

<出演>
岡本尚人(ブルース・リー ディープファン)
ドラゴン奥田(元J○Cスタントマン)
中野竜三(クリエイター)
ミック博士(HP 昭和プロレス研究室 主催)
存英雄(クリエイター)
長嶺英貴(大学講師)
※都合により、トーク内容ならびにゲストが変更になる場合がございます。

<日時>
平成25年7月20日(土)
17:00~22:15
※トークイベントは上記時間内で随時行います。

<会場>
三和市場 イベントスペース「とらのあな」
(兵庫県尼崎市建家町 三和市場内)
三和市場への行き方はこちら↓に詳しい説明があります。
 http://amayoko.exblog.jp/12099958/
【入場料】 「入場時 雄叫びワンドリンク 」 500円
好きなお酒をぐっと飲み干して、雄叫び「アチョー!!」して勇ましく入場してください!
(ソフトドリンクもご用意してます。)
【公式サイト】 http://amayoko.exblog.jp/

引用終わり

岡本さんの紹介が(ブルース・リー ディープファン)っていうのがなんともユルくて面白いです。素人じゃないけどプロでもない、という感じがよく出ています。

楽しみだなー。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

スカパー!公認の月間番組ガイド誌「スカパー!TVガイド BS+CS」2013年7月号「ジャンル別セレクション」コーナーで、当店と当店取り扱いのブルース・リーアートTシャツが紹介されてました。

ブルース・リーの「伝説」が宿るアートTシャツがこれだ

今月はブルース・リー逝去40周年の命日月。CSのナショナルジオグラフィックチャンネルではアメリカで放送されたドキュメンタリーシリーズBRUCE LEE LIVES !が放送されるのに合わせてブルース・リーのアートな商品を紹介。それがこのブルース・リーアートTシャツ。その撮影用商品を当店で提供いたしました。

皆さんもブルース・リーTシャツを着て、ブルース・リーの番組や映画を観て、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン怒りの鉄拳」日本版ロビーカードの5枚目はロシア人ボクサーー、ペトロフとの対決シーンから。

20130701.jpg

ということは、この戦いはジークンドー対ボクシングか?というとそうでもなくて、ペトロフも総合格闘技的な戦いをされています。

ペトロフはロシア人ボクサーと紹介されることがほとんどですが、ロシアンマフィアのボスという設定もあるようで、要するにボクサーでボスだった、ということか。

ペトロフ役のロバート・ベイカーはブルース・リーのジークンドーの弟子なので、つまりはジークンドー対ジークンドーだったのですが、当時はただひたすら強くてかっこいいブルース・リーを応援するばかりで、ジークンドーや詠春拳のテクニックがどうの、とかさっぱり知らず、でした。

で、ロバート・ベイカーとロバート・ウォール(ボブ・ウォール)は名前と風貌がちょっと似ていたので「同一人物?なのか?」などと不思議に思っていたものです。

ちなみに「ドラゴン怒りの鉄拳」の広東語版や北京語版でのペトロフのセリフは英語なのでブルース・リー自身が吹替えているってことは皆さんもちろんご存知ですよね。

このレアなロビーカードは鳥取県のFさんから画像を提供していただいております。ありがとうございました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。