2013年5月アーカイブ

イタリア盤「ドラゴン危機一発」DVD

10年以上前にイタリアLGOCARTレーベルから発売された「ドラゴン危機一発」DVD。

20130531-01.jpg

「ドラゴン危機一発」のイタリア語タイトルは"IL FURORE DELLA CINA COLPISCE ANCORA"です。

こちらは限定版のデジパックっぽい仕様のDVD5枚組セット。上記仕様の単品5枚を集めたものです。

20130531-02.jpg

REMASTERとジャケットには書いてありますが映像のフィルムの傷や汚れなどを見ると、おそらくイタリア劇場公開時のものをそのまま商品化したものだと思われます。いずれも現在では入手不可なブルース・リーコレクションです。

さて本日で2ヶ月間に渡りお贈りした「ドラゴン危機一発」月間も終わりです。長らくご覧いただきましてありがとうございました。

とはいってもまた「危機一発」ネタはありますので、気まぐれで掲載していきます。明日からは「ドラゴン怒りの鉄拳」か?どうするかは今夜ゆっくり考えますね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

イギリス劇場公開時"The Big Boss"予告編の貴重な映像です。8ミリフィルムのため映像の解像度は低いですが、本編ではカットされた4つの場面を観ることができます。

本編からカットされた4つの場面は、

・工場長の息子(トニー・リュウ)に頭部を切られ流血するシュウ(ジェームズ・ティエン)のカット
・シュウが仲間たちにケンカのやり方を教えている場面でリークンの金的をつかもうとするシーン
・氷詰めにされたシュウの遺体のカット
・最後の決闘に赴く前に娼館で全裸になっているチェン(ブルース・リー)のシーン

これら4つすべてが入っている予告編は今見られるものではおそらくこのトレーラーだけだと思います。この映像はHong Kong Legends プラチナエディションDVDに特典映像として収録されています。

冒頭に見られるゴールデンハーベストの稲穂の映像も貴重ですよね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」英国盤DVD4種盛り

"The Big Boss"こと「ドラゴン危機一発」DVDが21世紀以降、英国で数種類のバージョンが発売されています。その一部をご紹介します。まずHong Kong Legendsレーベルの商品から。

THE BIG BOSS SPECIAL COLLECTOER'S EDITION TOTALLY UNCUT WIDESCREEN VERSION
2001年発売、初版の青いジャケットのものです。

20130529-01.jpg

その後間もなく発売されたのが、この黒いジャケット。

THE BIG BOSS SPECIAL COLLECTOER'S EDITION DEGITALLY RESTORED AND REMASTERED

20130529-02.jpg


青と黒のジャケット装丁の細部の違い以外は、ディスク収録内容も含めてありませんでしたが、なぜ黒いのが出たのか当時から疑問に思っていました。

そして2006年、さらに内容が充実した2枚組DVDが発売されました。

THE BIG BOSS PLATINUM EDITION

20130529-03.jpg

初版はアウターケース付きでした。この特典映像がとても充実していて、特に8ミリフィルムながらイギリスオリジナルの予告編では本編でカットされた映像が入っていて、一見の価値はあります。

その後、Hong Kong Legendsレーベルは消滅しますが、この偉大なる遺産を受け継いだレーベルがCine Asiaでした。 2011年、充実した内容そのままのディスクが復活しました。

20130529-04.jpg

こうして10年、同じ映画ながら少しずつ変遷してきた「ドラゴン危機一発」DVD。長時間に渡り収録された特典映像には観るたびに新たな発見があります。

ディスクの紹介を動画でもどうぞ。

実はもうひとつ、英国版「ドラゴン危機一発」DVDがあるのですが、それはまた明日のお楽しみに。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

アジア地域での「ドラゴン危機一発」の大ヒットを受けてゴールデンハーベストがアメリカ進出をした折に使用されたパンフレットがこれ。

20130527-04.jpg

「ドラゴン危機一発」のスペックや紹介、ブルース・リーとジミー・ウォングの紹介などが英語で記載されています。

20130527-05.jpg

1970年5月に会社が設立されてまだ間もないゴールデンハーベスト社でしたが、ブルース・リーのすさまじいばかりの魅力で勢いづいていたことでしょう。まさに日の出の勢いの香港映画界を偲ばせてくれます。

20130527-03.jpg

この記念すべきアイテムでもある三つ折のパンフレットを動画でもご紹介しています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」2005年版予告編

2005年にリニューアルされたDVD-BOX「最強李小龍電影全集 Burce Lee Ultimate Collection」が発売された折に特典映像として収録された新たな編集の予告編です。

Hong Kong Legends のトレーラーほどの感動はありませんが、それでもこうして新しい編集がされるとうれしいものですね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」が香港で1971年に初公開されたときのパンフレットです。これはけっこう流通しているので持っている方も多いことでしょう。

20130526-01.jpg

最後のページの白黒写真3枚もけっきょう珍しく、一段目は本編ではカットされたシュウがリークンにケンカのやり方を教える場面の写真。

20130526-02.jpg

当時の雰囲気を味わうために、冒頭にゆれる稲穂の実写映像のゴールデンハーベストマークのついた予告編をどうぞ。

このパンフレットを動画でも紹介しています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」はアメリカでは「Fists Of Fury」というタイトルで公開されましたが、イギリスでは香港での本来の英語題名「The Big Boss」でした。同じ英語タイトルでもその違いによりアメリカ版かイギリス版かわかります。

そしてそれらの予告編も香港版、アメリカ版など多数が見ることができますが、これはちょっと珍しいイギリス劇場公開時の予告編。

20130525-01.jpg

The Big Bossのタイトル、タイトル文字のフォントが独特な英国版予告編。英国ではキャセイフィルムが配給したので CATHAY FILMS の文字も見えます。

では動画でどうぞ。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

昭和49年4月下旬頃の週刊少年マガジンです。たぶん初めてブルース・リー特集記事を掲載したマガジンだったでしょうか。

闘う男ブルース・リー

20130524-01.jpg

ブルース・リーブームとともに「空手バカ一代」の人気も絶頂の時代、表紙は極真空手の写真ガメインでブルース・リーが端っこに少しなのが残念ですが、中のカラーグラビア7ページに渡る特集は迫力があってイイ!です。

「ドラゴン危機一発」の魅力をこれだけ迫力あるカタチで伝えていたのは、当時はこのグラビアが一番だったでしょう。

20130524-02.jpg

今でもけっこう入手がカンタンなこの一冊。ぜひ手にとって見てください。

手に入れるのが面倒な方は動画でお楽しみ下さい。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

500個限定のみ製造販売されたブロンズコイン
大陸で5個だけ見つかりました。近日入荷予定です。

ブルース・リー生誕70周年記念ブロンズコイン

ブルース・リー生誕70周年記念ブロンズコイン

ずっしりと重そうですね。価格も重いですから、買うかどうか悩むところです。

ブルース・リー生誕70周年記念ブロンズコインg

専用の化粧箱付きです。

ブルース・リー生誕70周年記念ブロンズコイン

ブルース・リー生誕70周年ブロンズコイン
限定生産量:500個
中国製
サイズ:直径約8cm

*品切れの際はご容赦下さい。

25800円 (消費税込み) 数量 :

コミックVAN増刊の「ドラゴン危機一発」

昭和49年発行のコミックVAN増刊「不滅の英雄ブルース・リー」。

20130522-01.jpg

この本の目玉はやっぱり由原木七郎先生のイラストによるマンガで見るブルース・リー人生。題して「ブルース・リー完全物語 道は月まで続いている」

20130522-03.jpg

由原木先生のペンは絶好調!とくに「ドラゴン危機一発」のくだりは筆が冴えています。

そして裏表紙は「ドラゴン怒りの鉄拳」の珍しい写真の全面広告。時まさに「ドラゴン怒りの鉄拳」公開を控えてブーム最高潮!な時代でした。

20130522-02.jpg

「不滅の英雄ブルース・リー」、動画でもご紹介しています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

海外のビデオテープに見る「ドラゴン危機一発」。

ドイツ盤VHSビデオテープ DIE TODESFAUST DES CHENG ドイツ語タイトルを訳すと、チェン・リの死の拳 みたいな意味らしいです。

ジャケットイラストは「ドラゴン怒りの鉄拳ですが!

20130521-01.jpg

ジャケット裏面を見ると・・・内容は「ドラゴン危機一発」であることがわかります。海外はこのパターンが多いですね。

20130521-02.jpg

このテープ、未開封なので中身を確認していませんが、どんな映像が入っている事やら?ビデオデッキが動くうちに確認したほうがいいでしょうか・・・。

ドイツ版といえばこちらは珍しい、「ドラゴン危機一発」ドイツ版劇場公開予告編。タイトル文字や音声が丁寧にドイツ語になっています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

おなじみケイブンシャのヤング・アイドル・ナウ臨時増刊号

「帰らざる英雄ブルース・リー」、発売は1974年の終わり頃と思われます。

20130520-01.jpg

翌1975年新春には「ドラゴンへの道」公開を控え、裏表紙はダブルヌンチャク!です。黒い背景が迫力を増しています。

20130520-02.jpg

そして「ドラゴン危機一発」の写真ですが、今見てもレアな写真が多数あります。

20130520-03.jpg

この写真は背後に迫る敵を見ずにナイフを投げた場面でしょうか。

20130520-04.jpg

ほかにもまだまだレアな写真があります。そして巻末にはベティティンペイ直撃インタビューも。

この本を動画でもご紹介していますのでご覧下さい。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

p>週刊少年マガジン 昭和50年2月23日号はブルース・リー特集。

スクリーン立体特集「これがブルース・リー最後の映画だ!」「さよなら保存版ブルース・リー大百科」の二本立てで大々的に特集が組まれました。その大百科がこれでした。

20130519-01.jpg

ブルース・リーの生涯全般を描く記事ですがその中にはもちろん「ドラゴン危機一発」に関する記述もあり、こんなスチル写真も。

「ドラゴン危機一発」撮影のころ

20130519-02.jpg

そしてこんな写真も。

空手映画の名監督ロー・ウェイ氏と談笑

20130519-03.jpg

最後に表紙の画像もどうぞ。

20130519-04.jpg

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

「ドラゴン危機一発」のイタリア語タイトルは"Il furore della Cina colpisce ancora"。10年ほど前に発売されたイタリア盤DVDがこれ

ジャケットは死亡遊戯ですが、中身はちゃんと危機一発です。

20130518-01.jpg

裏面を見て初めて危機一発とわかります。

20130518-02.jpg

おそらく当時イタリアで上映されたフィルムが原盤になっているものと思われます。画面上でのタイトルは"Fists Of Fury"(「ドラゴン危機一発」の米国公開題名)となっています。そして日本劇場公開時以降にカットされてしまったシーンも入っています。

この場面ですね。

20130518-03.jpg

ちなみにメニュー画面に流れるBGMは「死亡遊戯」、メニュー画面の動画は「怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」の映像も含まれていて、なんともややこしいDVDです。

販売元:イタリア DVDSTORM
発売日:2003年
リージョンコード0
映像方式:PAL方式
収録時間:97分
画面:レターボックスワイドスクリーン
音声:イタリア語ドルビーデジタル5.1、英語
字幕:イタリア語

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

劇画ブルース・リー!ブルース・リーはやっぱりマンガじゃなくて劇画ですね。4人の劇画家が競作です。中には劇画?これ、という感じの絵もありますがご愛嬌。

20130517-01.jpg

もちろん「ドラゴン危機一発」も収録されていますが、絵のほうは独特の個性があふれていて、あえてブルース・リー本人に似せる必要はなかったのでしょうね。

20130517-02.jpg

ストーリーもいきなりクライマックス!な省略された展開ですが、氷が割れて麻薬が出てしまう場面と工場の壁を人型に ぶち抜く場面は必須らしく、ちゃんと入っています。鳴島 生先生、エライ!

もう少し中身を見たい、という方は動画でどうぞ。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

西暦2000年、ブルース・リー生誕60周年のこの記念すべき年の11月20日から12月17日まで開催された公的なイベント、「李小龍電影回顧展」パンフレットです。

20130516-01.jpg

ブルース・リーの子役時代から最後の作品「死亡遊戯」まで数十本の映画が上映されました。中でも青年期の作品「人海孤鴻」、当時まだ視聴困難だった「Bruce Lee A Warrior's Journey」などが上映されたのは大変意義深かったと思います。

20130516-02.jpg

実物は店長がファミレスでランチの合間に動画で紹介していますのでご覧下さい。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブルース・リー生誕65周年記念に作られた香港のブロンズ像をミニチュアで再現したブロンズスタチューです。

20130515-01.jpg

ミニチュアといっても高さは22センチほどもあり、しかもこれが重い!

20130515-02.jpg

これまた写真や文章ではその雰囲気が伝わらないと思い、店長が懲りずに動画でご紹介してしまいました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

平成13年発行 近代映画社の「シネグッズ★エクスプレス Vil.4」より。

「ドラゴン危機一発」グッズもたくさん紹介されています。横型の電車中吊り広告が珍しいです。

20130514-02.jpg

ブルース・リー特集はフルカラーで8ページにも渡るチカラの入りようです。平成13年といえばちょうど「Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯」が全国を順次上映されていた時期で、特集ページの終わりには1ページ全面広告が掲載されています。

20130514-01.jpg

この本、今でもアマゾンやヤフオクで手に入るのでそんなに珍しくはないのです。
シネグッズ★エクスプレス (Vol.4)

ほかのページもちょっと見てみたいという方には店長自ら動画で紹介してみたので、たった1分ほどなのでよかったら見てね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/
Youtube公式チャンネル DDD On Line Japan
http://www.youtube.com/user/kungfumind

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブルース・リーの長男、ブランドン・リーの遺作映画「クロウ 飛翔伝説」は当初アメリカでは1994年5月13日公開予定でしたが、13日は金曜日だったため縁起が悪いということで遺族より公開繰上げが希望されたため、5月11日公開となったそうです。

20130513-05.jpg

20130513-06.jpg

本日は5月13日だったのでちょっと思い出して書いてみました。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

お問い合わせはこちらからどうぞ。

上げが希望された

絵で見る「ドラゴン危機一発」

懐かしい映画雑誌とは違うけれどこれも当時なにかしら魅力があって興味があった本の一冊

絵で見るスターストーリー「洋画異色アクショントリオ」
■ブルース・リー■チャールズ・ブロンソン■スティーブ・マックィーン

20130513-01.jpg

書名通り、マンガではなくイラストに説明文をくっつけたという体裁。写真ページや対談なども掲載されています。

対談は著者の由原木七郎氏と志穂美悦子氏。

映画のクライマックス、メイ・リン(ベティ・チュン)が地下牢の囚人達を解放するためにガードマンを倒す、そのための目突きを指導するブルース・リーの写真。映画ではいきなりメイ・リンが牢のカギを開けているので、なんだか唐突で不自然だなー、と漠然と感じていたのですがこの写真を見て、やっぱりちゃんと段取りを踏んでいたのね、と納得した次第。

「異色」なアクショントリオと名づけられているところから、やはり当時はカンフーアクションはスタンダードでなく毛色の違うキワモノ的な扱いだったのだろうな、と想像してしまいます。

その中から「ドラゴン危機一発」の一場面をイラスト化した部分をご紹介します。

20130513-02.jpg

20130513-03.jpg

20130513-04.jpg

ロケ地はタイのスーチン、とか書いてありますが確かバクチョンというところですよね。

由原先生のイラストは全体的にはイマイチな感も否めませんが、でもここに紹介したページはどれも絵がよく描けています。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

お問い合わせはこちらからどうぞ。

知ってましたか?

映画としての「燃えよドラゴン」には、撮影された、あるいはリハーサルがされたけれど使用されなかった映像やシーンがたくさんあったようですが、これもそのひとつ。

20130512-01.jpg

映画のクライマックス、メイ・リン(ベティ・チュン)が地下牢の囚人達を解放するためにガードマンを倒す、そのための目突きを指導するブルース・リーの写真。映画ではいきなりメイ・リンが牢のカギを開けているので、なんだか唐突で不自然だなー、と漠然と感じていたのですがこの写真を見て、やっぱりちゃんと段取りを踏んでいたのね、と納得した次第。

そしてこちらはガードマンを倒す場面の本番らしい写真。これは珍しい。

20130512-02.jpg

この場面、本当に撮影されていたのか?という疑問はありました。しかし最近になってやっと気がついたのです。

下の画像をご覧下さい。
「燃えよドラゴン」でメイ・リンが囚人達を解放するために次々に牢のカギを開けていく場面。よく見ると左端に青いつなぎを着たガードマンが倒れているではありませんか。

知ってましたか?

20130512-03.jpg

この場面の撮影にわざわざ倒れているガードマンがいるということは、きっとメイ・リンがガードマンを倒すカットも撮影されたのでしょう、と推測する訳です。

皆さんはどう思われますか?

終わりに、ベティ・チュンさんとロバート・クローズ監督の2ショット。手にカギを持っているのでもちろんこの場面の撮影時の記念写真でしょうね。

20130512-04.jpg

ノラさんやマリアさん、アーナさんと同等以上にベティさんは素敵だった、というエピソードでした。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

お問い合わせはこちらからどうぞ。

初期DVDシリーズ。「燃えよドラゴン」や「ドラゴン危機一発」の写真が使われていますが、これは台湾盤のDVD「ドラゴン危機一発」。台湾 新生代レーベルの李小龍系列(ブルース・リーシリーズ)の一枚。

20130511-01.jpg

ジャケット裏面はちゃんと「ドラゴン危機一発」の写真が使われています。

20130511-02.jpg

映像内容はメディアアジアの原版が使用されているのですが2種類入っている中国語音声のうちのひとつ、おそらく公開当時のものと思われる音声のほうが、音楽がどうもほかの製品とは違うのです。

聞いたことがないタイトルバック曲やBGMが満載。タイトルバックはジョセフ・クーでもピーター・トーマスでもないメロディ。BGMは時に西部劇風だったり、またインド風だったり、ほぼ全編に渡りBGMが流されています。

「ドラゴン危機一発」は特にバージョン違いがたくさんあって理解するのに大変なのですが、この台湾DVDバージョンの、特に音楽についてはほかでは聴けない珍しいものだと思います。もしかすると台湾で当時劇場公開された台湾オリジナルバージョンなのかも知れませんね。

発売元:メディアアジア国際有限公司
販売元:新生代レーベル
品番:DE2007
発売日:
リージョンコードALL
NTSC方式
画面サイズ:レターボックスシネスコ
音声:中国語2種 字幕:中国語
特典映像:

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

お問い合わせはこちらからどうぞ。

次に「ドラゴン危機一発」がブルース・リーカードに登場するのは47番。氷室の決闘の一場面。

相変わらずトリミングがヘンで坊ちゃん刈りみたいになってるブルース・リー。

20130510-01.jpg

裏面はストーリー紹介。今度は間違いなく「ドラゴン危機一発」ですね。安心。

20130510-02.jpg

背景はブルー、腰ヒモはイエロー、そしてこのトリミング。これはもはや山勝スタイルと呼んでもいい、独自の世界。そんな味わいを楽しめるカードもこれが最後となります。今までお楽しみいただきありがとうございました。

また「次の作品」で山勝ブルース・リーカードを紹介することもあると思いますがよろしくお願いいたします。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ブルース・リーカード42番は「ドラゴン危機一発」の中でももっともかっこいい場面のひとつ。製氷工場の死闘。

20130509-01.jpg

表面は山勝さんにしては上出来な一枚。さて裏面は例によって映画のストーリーが書いてあります。

ふむふむ・・・洪水のためタイへ出稼ぎに来たチェン青年は・・・あ?あれ???

20130509-02.jpg

「日本軍国主義花やかなりしころ、中国大陸に進出して来た日本人拳法道場の悪人どもと対決するリーの勇姿」って・・・「ドラゴン怒りの鉄拳」じゃん!

「ドラゴン怒りの鉄拳」よりってことは、これは説明文が間違えてるんじゃなくて、そもそもこの写真、このカードは「ドラゴン怒りの鉄拳」カードだというスタンスなのね。

あ~あ、さすが死に(42)番。ただでは済まないカードでした。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

香港盤DVD THE BIG BOSS 唐山大兄

| コメント(0)

まだ日本でDVDが発売される前に比較的簡単に手に入れることができた、香港ユニバースレーザーのDVDシリーズの一枚 THE BIG BOSS 唐山大兄。日本語が全く書かれていない異国のジャケットを眺めるだけでワクワクしたものです。

香港盤DVD THE BIG BOSS 唐山大兄

この頃には「ドラゴン危機一発」の象徴的な写真となっていた半裸のブルース・リーの写真がジャケット前面にデザインされています。

香港盤DVD THE BIG BOSS 唐山大兄

まだDVDの仕様とかにも不案内だったのでリージョンコードやらNTSCやらPALやらといろいろ勉強して、なんとか香港のDVDを手に入れたときには感激しました。でもこのDVD、リージョンコードはフリーで日本語字幕まで入っていて日本でも手軽に観られるディスクでした。よい時代でした。

発売元:香港 UNIVERSE LASER & VIDEO
販売元:
品番:5053
発売日:
リージョンコードALL
NTSC方式
画面サイズ:レターボックスワイド
音声:広東語、北京語
字幕:中国語、英語、日本語、インドネシア語、マレーシア語、タイ語、韓国語、ベトナム語
特典映像:バイオグラフィ、フィルモグラフィ、スタッフ&キャストクレジット、ポスターとロビーカードギャラリー
価格:

お問い合わせはこちらからどうぞ。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

ブルース・リーカード40番は「ドラゴン危機一発」空中殺法の図。

20130507-01.jpg

裏面はなんと!技の解説。この技の名前は「真空急降下蹴り」

20130507-02.jpg

「真空急降下蹴り」とは・・・

直立の姿勢から一瞬に飛び上がり気合もろとも敵を倒す 相手の虚をつき、真空状態現象のうちに、急降下、脚で敵の胸板をうつ。

同じ名前の技が同じ解説で「ドラゴン怒りの鉄拳」の写真にも付いています・・・

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

1978年1月1日、元旦の日曜洋画劇場は「ドラゴン危機一発」初放送でした。

淀川長治先生の解説、「午年だからウマくいく」だの、「監督は、私よく知りませんけどロー・ウェイという人」だの、「面白うございますがそれはもう説明しません」だの、「敵のボスがだれかさんと似てる」だの、なんとも解説もいえない解説が面白いのです。

そんな古い動画をFacebookページで紹介しました。

http://www.facebook.com/photo.php?v=456940177714587&set=vb.214938478581426&type=2&theater

画質はボロボロのボロヤンだけど、古いベータの3倍速のしかもダビングだから仕方ないね。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

かなり初期に発売されたオーストラリアの「ドラゴン危機一発」DVD。現在のようにデジタルリマスターやらリマスタリングなどがされていない、フィルムの汚れや傷がむき出しの画像は上映当時の雰囲気を伝えてくれて新鮮です。

タイトルは FIST OF FURY、アメリカで錯誤されたタイトルそのままです。

オーストラリアの真っ赤な「ドラゴン危機一発」

ジャケットデザインはアメリカ版ポスターを基本としていますが背景を赤にしているのが印象的。ドーベルマンまで登場して印象的なこのポスターデザインは左端の構えた女性はいったい誰?といつも思います。

でも一応、ジャケット裏には Digitally Remastered って書いてあるんだけどウソだよね。

オーストラリアの真っ赤な「ドラゴン危機一発」

この「ドラゴン危機一発」DVDではほかではなかなか見られないレア映像が入っていて、それはどこかと言いますと、最後の決闘でチェンが工場長にとどめの手刀をマイ社長の胸に突き立てる場面でカメラがチェンの頭の周りをぐるっと回るカットがあるのです。

ジャケットもステキ、レア映像もあるこのDVDはコレクター必携の一枚。

発売元:オーストラリア RBC ENTERTAINMENT
販売元:AVENUE ONE
品番:AVO44280
発売日:
リージョンコードALL
PAL方式
画面サイズ:スタンダード4:3テレビサイズだけど縦長な画面なのでアスペクト比を解除して画面を広げるとワイド画面になります
音声:英語
字幕:なし
特典映像:バイオグラフィ、フィルモグラフィ、スタッフ&キャストクレジット、ポスターとロビーカードギャラリー
価格:

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

ブルース・リーカード35番は「ドラゴン危機一発」クライマックスのこの写真。

20130504-03.jpg

だんだんかっこよくなるヤマカツブルース・リーカード。ヘンなトリミングもなく戦うブルース・リーのカッコよさが現れた好カード

裏面は「ドラゴン危機一発」のあらすじです。

20130504-04.jpg

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

ブルース・リーカード30番は「ドラゴン危機一発」定番のこの写真。

ブルース・リーカード「ドラゴン危機一発」その3

このカードは割とまともなデザインだけど、まともすぎてツマラナい感はなぜ。でも腰のヒモはやっぱり黄色。なぜそこにこだわる!ヤマカツさん!

裏面もけっこうまじめな文章。なんだけど印刷が雑だぞ!

ブルース・リーカード「ドラゴン危機一発」その3

リーは「無法を以って有法となし、無限を以って、有限となす」と截拳道の説明の中でのべている。

截拳道のルビは「セッケンドウ」・・・惜しい!

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

ブルース・リーカードに次に「ドラゴン危機一発」が登場するのは23番。やっと裏面の解説が変わって、技の説明となっています。

20130502-02.jpg

うーん、仮面ライダーカードの解説文のほうがずっときちんとしてるなー、って感じだけど。

「必殺ひじ打ち」とはこの技。

20130502-01.jpg

この説明文が正確に実態を表しているのかどうか、私には判断できませんが、まぁ駄菓子屋さんのカードだから、いいかす。

でも画像の切り取りはもうちょっと丁寧にやってもらいたかったなぁ。肝心の主役の顔がヘンになっちゃってる。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

5月ですが引き続き「ドラゴン危機一発」特集、やります。
ヤマカツブルース・リードラゴンカードから「ドラゴン危機一発」の図柄だけを集めてみます。まず3枚。

1970年代のレトロな味わいをお楽しみ下さい。

1枚目は16番で登場です。

20130501-01.jpg

2枚目は19番、そして21番と「ドラゴン危機一発」が登場しています。

20130501-02.jpg

いずれも製氷工場での死闘の場面。腰の帯はもちろん"黄色"。人口着食のカラーが目にも鮮やかでレトロ。

20130501-03.jpg

残念なことに裏面の改札はどれも同じ。

20130501-04.jpg

主演第2作と書いてありますがこれは日本公開が2作目、の間違いなのはファンの皆さんはご存知のとおりです。

Facebookページ「ブルース・リー研究会」
http://www.facebook.com/dddonline
李小龍的伝説
http://www.bruceleemania.com/dddonline
DDD On Line
http://www.bruceleedvd.com/

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。