2012年4月アーカイブ

ナウなブルース・リー

| コメント(0)

ブルース・リーが現代に生きた若者だったら、こんな感じだったのかな。

トッポいというか、イカすね。

20120413.jpg


Bruce Lee Art Exhibit 開催中

| コメント(0)

2012年、辰年を記念してBruce Lee Foundation主催のブルース・リーイベントがアメリカはオレゴン州、ポートランドのCompound Galleryで開催中です。

タイトルは

Bruce Lee Art Exhibit

20120412.jpg

開催期間は2012年4月5日午後7時から5月1日午後6時まで。

内容は・・・アート界の様々なアーチストがブルース・リーをモチーフにした作品を作り、それらが展示されているようです。

展示されている作品のアーチストは・・・

Nampei Kaneki

IMAITDONZ

Tetsuya Toshima

Patrick Fong

Robert Mars

Vivian Chen

Brian Flynn

Dennis Brown

Rob-o

Hingyi Khong

Baku Maeda

Teriyaki

その他たくさんのアートな皆さんが参加しているようです。

このイベントとコラボしたTシャツも販売されているようですので、また後日紹介します。

ちょうどゴールデンウィークにオレゴンへ行くよ!という方、ぜひ見てきて下さいね。

BLR Bruce Lee Review #4 OUT NOW !

| コメント(0)

ギリスのブルース・リーファン同人誌 BLR Bruce Lee Review 最新号の#4が現地で発売されました。

20120406-1.jpg

いつもこだわった表紙のBLR。

なんと今回は懐かしいVHSビデオテープ。ベータのビデオテープならなおマニアックになったのに・・・

20120406-2.jpg

表紙はレトロでも中身はブルース・リー関係の最新情報が満載のようです。

・ドラゴン危機一発を完璧に組み立てろ!

・最新DVD情報

・ドキュメンタリー映画 I AM BRUCE LEE 情報

・燃えよドラゴンの制作者 フレッド・ワイントロープへのインタビューなどなど

20120406-3.jpg

当店にも近日入荷の予定です。

share

グリーン・ホーネット 正義の王笏

テレビシリーズ Green Hornet グリーン・ホーネット を詳しく紹介したフランス本がこれ。

THE FRELON VERT Le Sceptre La Jutice

訳すと・・・グリーン・ホーネット 正義の王笏 というような意味。

日本語にしても意味がわかんないね。

20120403.jpg

2006年に発行されたこの本。

けっこうレアで、オークションなどでも高値で取引されています。

20120403-1.jpg

ページ数は104ページ。ペーパーバックながら紙質も高級です。

番組宣伝用の写真が豊富に掲載されており、300のモノクロ写真と8枚のカラー写真が見られます。

内容は、テレビシリーズ全26エピソードとグリーンホーネットの歴史を詳細に(もちろんフランス語で)紹介しています。

只今、在庫一冊あり。7980円です。

share

A Walk in the Spring Rain (1970)

| コメント(0)

春の雨の中を A Walk in the Spring Rain (1970)

それほど有名ではないこの映画。イングリッド・バーグマンかブルース・リーのファンでもなければ知っている人は少ないかも知れませんね。

日本では1973年5月12日から19日までの短期間のみ、上映されたそうで、内容は中年、というより初老の男女のラブ・ロマンスもの。

1970年のアメリカ映画で製作は スターリング・シリファント-ガイ・グリーン プロダクション。

そう、スターリング・シリファントといえば脚本家でブルース・リーの弟子、ブルース・リーとハリウッド映画界をつなぐのに尽力した人物。ですからもちろん、この映画にもブルース・リーが参加することができたのですね。

参加といってもブルース・リーは出演しているわけではなく、スタント・コーディネーターとして起用されたのです。

しかしアクション映画ではないラブ・ロマンスものですから、格闘場面が多くあるわけではありませんが、映画の冒頭20分あたりのところで喧嘩のシーンがあり、その喧嘩をコーディネートしたのがブルース・リー、というわけです。

数少ない、残された現場でのブルース・リーが写った写真です。

20120401-1.jpg

製材所の一角で主人公の息子と中年男性が、おそらく女性問題が原因で喧嘩をしています。 

20120401-2.jpg

 この二人の喧嘩が約3分ほどと長時間であり、しかも生々しいリアルな格闘となっています。

殴る、蹴る、タックル、そしてグラウンドでの首絞めに窮した息子は相手の両耳をちぎれんばかりに攻撃して逆転、最後は金的攻撃で落とす、という展開。

20120401-3.jpg

ブルース・リーの格闘では噛みつき攻撃がよく使用されますが、目と同様、耳というのも鍛えようがない弱点、盲点ですね。さすがブルース・リーならではの演出です。

と、そんなふうにラブ・ロマンスには不必要なくらいのリアルファイティングが見られます。 

20120401-4.jpg

ブルース・リーが出ていなくてもブルース・リーをリアルに感じられるこの映画、ファンなら必見です。 

さて、どうしたら見られるかといいますと・・・

20120401-5.jpg

 こちらはアメリカ本国でのオリジナルポスター。

20120401-6.jpg

上左は以前から発売されているVHSビデオテープ、そして右はLPレコードです。VHSビデオはもちろん廃盤。

今ではDVDでワイドスクリーン画面の「春の雨の中を」が観られるようになりました。

20120401.jpg

購入ご希望の方はこちらからどうぞ。

share

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。