2012年3月アーカイブ

ブルース・リー電光石化 英語題名:Fury Of The Dragon

映画版グリーン・ホーネットの第二弾として公開されたこの作品。

電光石化といえばドラゴンへの道は日本では当初、ドラゴン電光石火の仮タイトルで紹介されていましたが、その電光石火がグリーン・ホーネットで復活。

しかしブルース・リー電光石火はチラシはポスターにはグリーンホーネットの図版がほとんど目立った使い方をされていなかったので、映画の中身はなんじゃらほい?という感じでした。

この映画のドイツでのタイトルが Bruce Lee Der Gelbe Taifun 

初公開時には美しいロビーカード16枚セットも作られて宣伝に使用されました。

そのロビーカードの未使用品セットがこれ。おまけに収納用の専用紙袋までついています。

20120331.jpg

このセット、もう売れちゃいましたけど、カードだけのセットならまだドイツから1セットくらいは入手が可能かも。

欲しい人はいますか?

share

ENTERBAYから発売されたオリジナルアクションボディ RM5.01

香港のちょいワル親父顔のヘッド付きですが、どう見ても要塞島の虎、極悪非道のミスターハン。

でもボディだけでは未完成、ということで、すぐに作っちゃう人がいますよね。

新製品 ミスターハン アウトフィットセットを身に付けた、コンプリートミスターハン!

20120328-1.jpg

1/6 ミスターハン アウトフィットセット

セット内容は、

・黒皮手袋のハンド4個

・熊の爪ハンド

・ナイフハンド

・ブラウンジャケット

・スラックスパンツ

・ランニングシャツ

・シューズ1足

価格は7,980円です。

20120328-2.jpg

熊の爪ハンドは熊の毛がちょっと雑・・・トリミングが必要ですね。

20120328-3.jpg

強力な悪役がいてこそ、主人公ブルース・リーが引き立ちます。

マニア必須のコレクティブルフィギュア、ミスターハン、ここに完成です。

share

最近、海外では歌手や俳優の画像を載せたコインが人気。

もちろんブルース・リーモノも多数出回っております。

コインはシルバー。写真部分もメタルチックにツヤがあって実物はけっこう良いもので、重量感があります。

6枚セットにギフトボックスが無料でセットされています。

20120327-1.jpg

こちらは別デザインの6枚セット。

ファンなら全部そろえてパーフェクトといきたいところ。

20120327-2.jpg

1セット 4,980円です。

share

ワーナーブラザースが映画「燃えよドラゴン」のプロモーションのために映画館やラジオ局に貸しだしたレコードです。

通常は使用後に映画会社に返却されて破棄されるものらしいですが、奇跡的に生き残った一枚。

20120326.jpg

音源の内容はプロモーション用のスポット宣伝60秒がふたつと30秒がみっつ。

同じ内容なのか、それぞれ違うバージョンなのかは不明ですが、ファンならなんとしても聞いてみたい音源ですよね。

このスーパーレアなレコード、ほとんど未使用品に近いらしく、1973年のものとは思えない状態のようです。

ブルース・リーがアメリカ シアトルで創設した Jun Fan Gung Fu Institute 振藩國術館 のメンバーズカードです。

上部がゴールドストライプのカード。

下部の Bruce Lee の文字はもちろん本人直筆のもの。

20120325-1.jpg

 

20120325-2.jpg

このカードは、リーがシアトルからロサンゼルスに移住したあと、國術館を率いたターキー木村氏に、リーがサインをしてまとまった枚数を送ったうちの一枚のようです。

ターキー木村氏の証明書つき。

現在の相場は120万円から130万円程度。

ほしい方がいたら取り寄せいたします。

share

中国雑誌 KONGFU MMA 李小龍特集号

| コメント(0)

中国の武道雑誌 KONGFU MMA

2011年に発売されたブルース・リー特集号です。

20120324.jpg

モノクロにオレンジのデザインカラーがオシャレな表紙です。

「BRUCE LEE 収蔵李小龍」

珍しいブルース・リーグッズや直筆メモノート、名刺などの遺品が紹介されています。

share

筋肉モリモリマガジン マッスル&フィットネス

アメリカ版2012年4月号の表紙はブルース・リーです。

20120323.jpg

日本版4月号の表紙は残念ながら違うデザインなので、残念。 

「今明かされる!ブルース・リーの秘密トレーニング」

「見たことが無い写真いっぱい!」

なんてアオリ文句を見ると、買いたくなりますよねー。

share

JIM "Black Belt" Kelly signd photo

| コメント(0)

燃えよドラゴン ロビーカード 複製版。

しかし!青いサインペンで書かれた文字は ジム・ケリー!

20120317.jpg

ハンの武術トーナメント、ひじでパーソンズにトドメを指すかっこいい場面のウイリアムスことジム・ケリー。

ジム・ケリーファン、黒帯ドラゴンファンにはたまらないカードですね。

サインは2010年 Motor City コミックコンベンションでのものだそうです。

 

share

日本でもおなじみ、ディアゴスティーニが本国イギリスで2006年頃に発売されたシリーズ

Hong Kong Legends シリーズ。

ブルース・リーファンにはおなじみ、熱い香港カンフーやアクション映画のDVDを高品質&特典映像満載で発売してマニア心をわしづかみにしてくれたレーベルを、なんとディアゴスティーニがシリーズ化。

20120312-1.jpg

もちろんブルース・リー映画もその中に含まれていた、というわけで私の記憶ではこの3本。

ドラゴンへの道。ドラゴン怒りの鉄拳。そして燃えよドラゴン。

1本目から10本目までを集めて並べると背表紙部分に、ドラゴン怒りの鉄拳でヌンチャクを構えるブルース・リーの画像が浮かび上がるというニクイ演出もされています。

20120312-2.jpg

そしてこちらは貴重な、シリーズを紹介したパンフレット。

合計8ページの冊子ですが今では入手困難な一品。

20120312-3.jpg

各DVDに付属していた冊子も少しだけ紹介されています。

しかしなんといってもレアなのはこれ。

20120312-4.jpg

本家 Hong Kong Legends シリーズでは発売されなかった Enter The Dragon 燃えよドラゴン がディアゴスティーニでだけ発売されたのです。

さて、その中身はどんなでしょうか・・・。

share

よく見るドラゴンへの道のパブリシティ用写真。

青いサインペンで書かれているのはチャック・ノリスのサインだそうです。

20120307.jpg


share

11月といえばブルース・リーの誕生月。

世界各国でブルース・リー関連の話題が盛り上がる月。

昨年の11月は中国の武術雑誌がブルース・リーを表紙に取り上げ、特集記事も掲載していました。

20120306a.jpg

グリーン・ホーネットのレアな写真を大きく表紙にフィーチャー。

この表紙だけでも所有する価値がありますね。

中身の記事では数ページに渡りブルース・リー関連の記事があります。

カラー、白黒の小さいながらも珍しい写真がいくつか掲載されています。

資料としても価値が高い一冊。ファン必携です。

20120306b.jpg

近日入荷予定です。

share

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。