2012年1月アーカイブ

新作ドキュメンタリー I AM BRUCE LEE

ブルース・リーの新作ドキュメンタリーのタイトルは、

I AM BRUCE LEE

私はブルース・リー、俺がブルース・リーだ、俺様こそがまさしくブルース・リーだぜ!

と主張する人たちが出てくる映像って意味かな?

20120124.jpg

すでにFacebookや掲示板などでも話題になっていますが、予告編をどうぞ。

 

公式ホームページはこちらです。

http://iambruceleemovie.com/

share

新作DVD?「ブルース・リーの青春」

ブルース・リーの青春???

新しいドキュメンタリーDVDかと思ったら、既発売の2作品をセット販売でした。こんなのが出ているとは知らなかった。

20120123.jpg

1959某日某と受け継がれる魂 ブルース・リーの軌跡の2枚セット。

某日某は確かに青春ですが、軌跡のほうはどうかな・・・。でも持っていない人にはお買い得ですからこの際買って見るのもいいかも知れませんね。

発売元:日本 日本メディアサプライ株式会社
発売日:2011年6月24日、けっこう前から発売されていたのですね
地域コード:リージョンコード2
収録時間:合計166分
ディスク枚数:2枚 
ケース:スリムケース仕様

ブルース・リーの青春!特別2枚セット [DVD]

share

English Magazine ASIA!

2006年7月発行の雑誌です。

20120122.jpg

雑誌名がアジア!ってくらいですからブルース・リーが特集されるのも当然。

特集タイトルは「地球規模で世界を魅了するブルース・リー」。その記事内容は・・・

・What is it about Bruce Lee that keeps the world eternally enthralled?
(いまだに世界を魅了するブルース・リーとは何なのか)

・Why the global fascination with Bruce Lee?
(なぜブルース・リーの魅力は地球的なのか)

・There are Bruce Lee T-shirts, mugs, key chains, fridge magnets and postage stamps all over the world.
(Tシャツ、雑誌、キーチェーン、冷蔵庫マグネット、切手などなど世界のブルース・リーグッズ)

・You have Bruce Lee in manga (comics) and anime (cartoons).
(マンガやアニメのブルース・リー)

・Microsoft digitized the Little Dragon into its X-Box games.
(X-BOX用リトル・ドラゴンゲーム)

・Madam Tussaud's cast him in wax and put him on display in its Shanghai museum.
(上海のマダム・タッソー蝋人形館のブルース・リー像)

share

Bruce Lee in "Connection China"

おーっと!このジャケットは・・・微妙。

素人アーティストのような、人口着色のような、レトロというかキッチュというか・・・。

でも欲しくなります。

20120121.jpg

アメリカ盤DVD Connection China って、これまた聞いたことがないタイトル。

それを言うなら Chinese Connection ドラゴン怒りの鉄拳 のことでしょう。

発売元:アメリカ EastWestレーベルって、なんだか怪しそう。
発売日:1995年5月14日
地域コード:リージョンコード1 
ケース:スリムケース仕様

2480円 (消費税込み) 数量 :

share

香港旅行をしたらおみやげはコレだね!

3D Hong Kong BRUCE LEE Fridge Magnet

よくある冷蔵庫に紙なんかを張り付ける磁石のマスコットです。

20120120a.jpg

サイズは高さ5センチくらい。小さいものですが香港のブルース・リーの銅像が香港の街並みをバックに立体で浮き上がっています。 

20120120b.jpg

安い割には塗装も凝っていて、こんなお土産ならほしい!ですね。

香港3Dブルース・リー冷蔵庫マグネット

980円 (消費税込み) 数量 :

share

シンガポールでの「ドラゴン怒りの鉄拳」初公開時のポスターのようです。

初めて見ました。

ボロボロ・・・ですが、当時の雰囲気が伝わってきます。

20120119a.jpg

外国の映画のポスターはシンプルなものが多いですが、魅力的なものも多いです。

share

Hollywood Collectibles Group Bruce Lee as Kato Statue

アメリカ製のスタチュー、グリーン・ホーネット カトーです。

サイズは1/6、約14インチです。

 

20120118b.jpg

造形は Avinash Hegde氏、塗装は Dan Cope氏。

世界限定500個限定のスタチューです。

20120118a.jpg

細かい部分がしっかりと作り込まれていますね。

20120118c.jpg

世界で500個しかない貴重なブルース・リー カトースタチュー。

1個だけ入荷の予定です。

20120118d.jpg

19800円 (消費税込み) 数量 :

share

Bruce Lee Collection DVD

アメリカ製のDVDらしいです。ジャケットが良いデザインです。

映画2作品収録のようですがディスクは1枚。

リージョンもALLなので正規盤ではなさそうですね。

20120117a.jpg

しかし、特典映像が入っているようで、中身が気になります。

share

エンターベイのブルース・リー リアルマスターピースコレクティブルフィギュア第二弾が、このドラゴンへの道でした。

20120116a.jpg

シンプルなパッケージがよかったです。

20120116b.jpg

パッケージがそのままコロシアムのジオラマ背景になっています。置くだけで雰囲気が出ます。

20120116c.jpg

この頃のエンターベイフィギュアは非常にバランスがよく、安定してい立たせるのも簡単です。

20120116d.jpg

映画では田舎の気さくな好青年ですが、フィギュアでは戦闘態勢の厳しい表情を選んで造形されています。

20120116e.jpg

鋭く厳しい表情。ブルース・リー造形のひとつの頂点がここにあります。

20120116f.jpg

アクセサリーも豊富。

このセット、実はシリアルナンバーがNo.0000という珍品です。

20120116g.jpg

未使用の美品。古いものの割には状態は良いほうです。

価格は79800円で、もちろん在庫は一個限りです。

 

20120116h.jpg

share

ENTERBAYの新作はミスターハン

ENTERBAY エンターベイの新作はオリジナルアクションボディ。

RM5.01 Original Action Body:Oriental Master
RM5.01 オリジナルアクションボディ:オリエンタルマスター

香港発売日:2012年1月14日

20120115a.jpg

20120115b.jpg

20120115c.jpg

20120115d.jpg

20120115e.jpg

付属品は・・・

・黒髪の東洋人男性ヘッドひとつ

・ボディは25か所が可動

・ハンド二組

ミスターハンですね。商品名のそう謳っていないということは版権が取得できなかったからか。ミスターハンが公式なフィギュアとして発売されることは永遠にありえないのか?

しかし、まあ過去のものに比べると限りなく公式に近いミスターハンフィギュアですね。

アクセサリー類がもっと豊富だと「燃えよドラゴン」の世界を再現するのに。そちらは過去の非公式版の付属品を流用すればいいか・・・特に鉄の爪ハンドやナイフハンドは必須ですからね。

share

イギリス版「死亡遊戯」ポスター

死亡遊戯のポスターですが、これは珍しい英国オリジナル版のようです。

ONE MAN AGAINST A SYDICATE OF EVIL !
悪魔の組織にたった一人で挑む男!

20120114.jpg

悪のマフィアとの戦いはともかく・・・

メインビジュアルのリー対ハキムの写真は合成ながら迫力があります。

こんな風に高く舞うリーを映画の中で見たかったな。

赤と黒のシンプルなデザインはなかなか見事な英国版ポスターでした。

share

1973年、ブルース・リーの死の直後にマレーシアで発行された特集本

李小龍特刊

レアな写真が多く掲載されていることで有名なレア本です。

20120113.jpg

サイズは約19センチ×12.5センチ。

全80ページ。

内容は李小龍の生涯を紹介しており、各ページに写真が掲載されています。

20120113b.jpg

ドラゴン怒りの鉄拳 撮影のころから亡くなるころまで。

20120113c.jpg

20120113d.jpg

棺の中の亡くなったブルース・リーの顔。違う角度からの写真はよく見ますが、これはかなりレアな写真です。亡くなって顔がかなりむくんだ感じが痛々しい。

葬儀の様子など、珍しい写真が多数で資料としてもかなりの価値がありそうです。

share

ブルース・リーがアメリカで出演したテレビドラマではグリーン・ホーネット、ロングストリート、バットマンなどが大きな作品ですが、1エピソードだけに端役で出演したものがあります。

それがこれ、「Blondi ブロンディ」 です。

ブロンディはもともとはアメリカの新聞に連載されていたマンガ作品でそれをドラマ化して人気を博したコメディドラマ。主人公のブロンディとその夫ダグウッドの日常を描いているマンガはアメリカで1930年から連載が開始され、日本でも1946年から週刊朝日や朝日新聞に掲載されたそうです。

日本でいえば「サザエさん」みたいなものでしょうね。実際、朝日新聞で「ブロンディ」が連載されたのが1949年から1951年で、その後を継いで連載が始まったのが「サザエさん」だそうです。

そのブロンディがアメリカで二度目のテレビドラマ化がなされ、1968年9月から放送が開始されましたが、不人気のため3ヶ月で打ち切り。最終回は1969年1月9日に放送されましたが、その最終回のエピソード"Pick on a Bully Your Own Size"にブルース・リーは出演。その役柄は空手道場の師範でした。

ブロンディと夫ダグウッドの息子が学校で転校生に虐められたため、対抗するために空手を習いに行く、その空手道場の師範、ミスター・ヨートーの役がブルース・リーでした。その役柄、ストーリーはあまりにもマンガ的(もともとマンガなので当たり前ですが)なキャラクターだったため、リーは番組スタッフと撮影中にもめる一幕もあったようです。

Blondie : Pick On A Bully Your Own Size

アメリカ Kayroプロ作品
監督:ピーター・ボールドウィン
出演:
ブロンディ・バムステッド Blondie Bumstead:主人公 旧姓はBoopadoop (パトリシア・ハーティ)
ダグウッド・バムステッド Dagwood Bumstead:ブロンディの夫(ウイル・ハッチンス)
アレクサンダー・バムステッド Alexander Bumstead:ブロンディらの息子 (ピーター・ロビンス)
クッキー・バムステッド Cookie Bumstead:ブロンディらの娘 (パメリン・ファーディンデイジー)
愛犬 Daisy(ブロンディ家の愛犬)
ミスター・ヨートー(空手道場の先生) ブルース・リー

このテレビシリーズおよびエピソードはビデオソフト化はされていないようで、そのフィルムの存在は不明ですが、数年前に発掘された英文シナリオを元に、一部映像を交えてここに再構成してみたいと思います。一部は訳してみましたが全部はご勘弁を。

おおまかなストーリーは、

ブロンディの息子アレクサンダーが学校でチャーリーという転校生にいじめらた。父親のダグウッドがアレクサンダーを特訓するも、筋肉隆々のチャーリーには親子そろってかなわない。お茶とお菓子無料の宣伝に乗せられたダグウッドはカラテ教室で特訓を受けるのだが・・・結局、アレクサンダーとチャーリーは仲良しなるもののチャーリーはまた転校するこになりましたとさ。

以下のシナリオの太字の部分がブルース・リー扮する空手道場の先生ヨートーが出ている場面です。

まずはオープニング映像からどうぞ。

 

PROD. #29717
OCTOBER 11, 1968
REV. 10/16/68
BLONDIE ブロンディ
"PICK ON A BULLY YOUR OWN SIZE" 「自分と同じくらいの人をいじめなさい」というような意味のようです

CAST キャスト 

BLONDIE
DAGWOOD
COOKIE
ALEXANDER
DAISY
MR. DITHERS
CORA DITHERS
MR. BEASLEY, THE MAILMAN

CHARLIE COLBY
GORDON COLBY
SECRETARY
MR. YOTO, KARATE INSTRUCTOR=ブルース・リー

SETS 美術セット

INTERIORS:
   BUMSTEAD LIVING ROOM
   BUMSTEAD GARAGE
   BUMSTEAD KITCHEN
   BUMSTEAD ENTRY HALL
   DITHERS' OFFICE
   DITHERS' OUTER OFFICE
   KARATE STUDIO
   BUMSTEAD TELEPHONE AREA
   DITHERS' LIVING ROOM
   COLBY LIVING ROOM

EXTERIORS;
   BUMSTEAD SIDEWALK
   COLBY FRONT DOOR

BLONDIE
"PICK ON A BULLY YOUR OWN SIZE"

FADE IN:

INT, BUMSTEAD LIVING ROOM - DAY 1

DAGWOOD is talking to a very upset BLONDIE.

DAGWOOD
It's five o'clock, and Alexander isn't home yet.
もう5時なのにアレクサンダーはまだ帰ってこないのか。

BLONDIE
School was out hours ago. Dagwood,when Alexander comes in, I want you to have a nice, firm talk with him.
学校はもう終わっているわ。ダグウッド、アレクサンダーが帰ったら彼には優しく諭してあげてよ。

DAGWOOD
The kind Robert Young used to give on "Father Knows Best"?
ロバート・ヤング曰く「パパは何でも知っている」だろ?

BLONDIE
Exactly.
その通り。

They turn as WE HEAR ALEXANDER'S VOICE:
彼らはアレクサンダーの声に振り向く:

OMITTED (OMITTED) 2
3

ANOTHER ANGLE - ALEXANDER 4

completely disheveled, his clothes and face are filthy and there is a bruise on his forehead.
彼の服装や顔は汚れひどい状態で、額にはあざがあります。

BLONDIE
Alexander!
アレクサンダー!

COOKIE
(to Alexander)
Boy, you're going to be a long time washing up for dinner and a firm talk.
わぁ!夕食だからしっかりきれいに洗って、事情を話して。

DAGWOOD
What happened, son? Why didn't you come straight home?
何があったんだ?なぜ学校からまっすぐ帰って来なかった?

CONTINUED

CONTINUED 4

ALEXANDER
Well, there's this new kid in school, Charlie...and I couldn't come straight home from school because he wouldn't let me.
学校にチャーリーっていう転校生が来て、僕はまっすぐ帰ろうとしたんだけど、彼が帰してくれなかったんだ。

BLONDIE
The big bully! Look at your head!
ひどいいじめっこね!彼の額を見て!

ALEXANDER
I guess I scraped it crawling under that fence to get home. But I'll be more careful tomorrow.
明日は慎重に、フェンスの破れ目をくぐってこっそり家に帰るよ。

DAGWOOD
Tomorrow? Alexander, you disappoint me. You might at least have defended yourself.
明日?アレクサンダー、私をがっかりさせるなよ。少なくとも自分のことは自分で守らなきゃ。

BLONDIE
Dagwood, you know how I feel about violence. It makes me fighting mad. I won't have it.
ダグウッド、私が暴力を嫌いなのは知っているでしょ。

Dagwood starts shadow-boxing as he talks....
ダグッドはボクシングのマネをしながら話し続けた・・・

DAGWOOD
Blondie, the art of self-defense,when properly executed by an expert...
(throws punch)
ブロンディ、自己防衛は熟達した人がやるなら・・・(パンチを繰り出し)

Pow!....is not violent. And I intend to teach my son...
(throws punch)
フゥ!・・・それは暴力ではない。それを息子に教えてあげよう・・・(パンチを繰り出し)

...every thing I know...(throws two punches)Pow! Pow!...starting tomorrow.
・・・私は何でも知っている・・・(パンチを二度繰り出し)フッ!ハッ!・・・明日からさっそく始めるぞ。

ALEXANDER
Gee, Dad, can't we start right away?
あれ、パパ、今すぐ始められない?

DAGWOOD
(breathing hard; rubs shoulders)
(肩で激しく息を切らしながら)
I'm afraid not, Alexander. I think I just threw both my arms out.
だめらしい、アレクサンダー。両腕が抜けちゃったらしい。
(in pain)
(痛がりつつ)
Oh, Blondie.
おー!ブロンディ。

Blondie sighs and begins to rub one of Dagwood's shoulders....
ブロンディはあきれてため息をつきながらダグウッドの肩をさすり始めた・・・

FADE OUT
(INSERT COMMERCIAL)
(コマーシャル)

FADE IN:

INT. BUMSTEAD GARAGE - DAY 5

The garage has been transformed into an improvised version of a gym. There is a small prizefight ring squared off with strands of shaggy string; pulleys; punching bag; a deformed potato sack hangs from the ceiling as a sandbag. Dagwood and Alexander, in the ring, are in their shorts and wearing oversized boxing gloves. Cookie and Daisy are watching them.
ダグウッド家のガレージは即興のジムに変身。細い紐と滑車で作られた小さなボクシングリング、ジャガイモ袋をつりさげたサンドバッグ。リングの中にはショートパンツにサイズの合わないグローブを着けたダグウッドとアレクサンダー。それをクッキーとデイジーが見ています。

DAGWOOD
Jab, jab, jab.(jabs the air)And now...(a short right) a right cross. You try it.
ジャブ、ジャブ、ジャブ(と、空中にジャブを繰り出し)それから・・・(すばやく右パンチ)右のクロスだ。さあ、やってみなさい。

ALEXANDER
(doing it) Jab...right cross...jab...right cross.
(動きながら)ジャブ・・・右クロス・・・ジャブ・・・右クロス。

DAGWOOD
Very good, Alexander. You see, that's all there is to it.
とってもいいぞ、アレクサンダー。わかったか、それでいいのだ。

ALEXANDER
I don't think so, Dad. Charlie knows another one.
そうかなぁ、パパ。チャーリーはもっと違うパンチだよ。

DAGWOOD
Oh?
ほう?
(indicates for Alexander to actually hit him)
(自分を殴るかっこうを見せながら)
Show it to me. Go ahead, son, it's all right.
私に見せてみなさい。さあ、大丈夫だから。

Alexander shrugs and unleashes a blow into Dagwood's solar plexis. Dagwood's mouth opens, gasping for air, but says nothing. Alexander is unaware of anything wrong.
アレクサンダーはダグウッドのみぞおちに強烈な一発。ダグウッドはたまらず口をあけながら息もできず、声も出ず、意識もうろう。

ALEXANDER
That was it, Pop. What kind of a punch is that?
こんな感じだよ、パパ。これ、どんな種類のパンチなの?

DAGWOOD
(hissing it out)
(おびえながら)
A very painful one.
それは、とーっても痛いパンチ だ。

Blondie ENTERS the garage.
ブロンディがガレージ入ってくる。

CONTINUED

CONTINUED

BLONDIE
Dagwood, it's been over an hour, and Alexander has homework to do.
ダグウッド、もうおしまいの時間、アレクサンダーは宿題やらなきゃ。
(a beat)
(叩いて)
Dagwood, did you hear me?
ダグウッド、聞こえてるの?

COOKIE
He can hear you. Mom. It's Pop's mouth that won't work yet.
ママ、パパは聞こえてるわよ。一発くらってただしゃべれないだけよ。

ALEXANDER
Gee, Mom, Pop's been teaching me everything.
あれ、ママ、今の一発で僕、すべてがわかったよ。

COOKIE
Except how to duck.
ダッキングはまだね。

DAGWOOD
(hoarsely)
I...was...just getting to that.

BLONDIE
Dagwood, I still don't like the thought of our son fighting.
ダグウッド、私はまだ息子が闘うなんてどうしてもいいと思えないの。

DAGWOOD
Not fighting, honey. I'm only teaching Alexander how to defend himself from me. Just one more point, dear. It's called "bobbing and weaving".
闘いじゃないんだ、ハニー。アレクサンダーにはどうやって自分を守るか、を教えているだけなんだ。そしてもうひとつポイントはね、ボビングとウェービングだ。

ALEXANDER
Please, Mom, just let Pop show me how to bob and weave? Then I'll do my homework.
ママ、ボビングとウェービングだけ教えて。そしたら僕、宿題やるよ。

Dagwood looks questioningly at Blondie. Blondie sits down beside Cookie.

BLONDIE
(relenting)
Very wello.

DAGWOOD
Thanks, honey.
(to Alexander)
Now watch carefully, Alexander. Your mother and I are only going to show you once.
アレクサンダー、こっちを見て。パパとママでもう一回やってみせるから。

CONTINUED

CONTINUED - 2 5

BLONDIE
Me?

DAGWOOD
(pulls her into place)
Sure, honey. It'll only take a minute.
(to all)
Okay, everybody, Just watch what I do.

Dagwood, standing flat-footed, leans a bit forward and sways his head back and forth in front of Blondie's face, during:

DAGWOOD
This is "bobbing and weaving"....

これが・・・「ボビング」と「ウェービング」・・・

COOKIE
Mommy does that all the time when she sticks her head in the oven to clean it.
なんだー、その動きならみんなママがいつもオーブンをクリーニングするときにやってるじゃん。

CONTINUED

CONTINUED - 3 5

DAGWOOD
Okay, Blowdie, go ahead. Try to hit me.
オーケー、ブロンディ、さあ、僕を殴ってごらん。

BLONDIE
Dagwood, I don't want to.
ダグウッド、私いやだわ。

DAGWOOD
Don't be silly. You couldn't possibly hit me.
馬鹿だなぁ。君は僕をほんとに殴れないよ。

BLONDIE
All right.
わかったわ。

Dagwood. bobs and weaves. Blondie throws a punch. It catches him between the eyes.
ダグウッドは状態をそらしたらゆらしたり。ブロンディがパンチを出すとそれはみごとに彼の眼の間をとらえた。

DAGWOOD'S POV 6
ダグウッドからの視点

WE SEE an OUT OF FRAME MULTI-IMAGE of Blondie moving in circles.
丸くなって消えていくブロンディのイメージ。

INT. BUMSTEAD GARAGE - DAY 7

BLONDIE
Dagwood, dear, are you all right?
ダグウッド、あなた、大丈夫?

DAGWOOD
Oh, sure. See, Alexander, that's how not to do it.
もちろん

ALEXANDER
I got the message, Pop.

BLONDIE
You go get washed up for supper.

The kids EXIT.

BLOMDIE
Dagwood, I want all this stopped. It's just going to lead to trouble. I don't want Alexander fighting with this bully.
ダグウッド、私ほんとはやめてほしいの。なんだかトラブルが広がるだけじゃないの。アレクサンダーにはいじめっ子とケンカしてほしくないの。

DAGWOOD
Don't worry about a thing, dear. If we can just teach him to punch like you, we've got it made.
心配ないよ。いじめっ子と同じパンチを教えたんだから、きっと勝てるさ。

DISSOLVE

OMITTED (OMIT) 8

INT. BUMSTEAD ENTRY HALL - DAY 9

The DOORBELL is RINGING O.S. Dagwood ENTERS the SHOT and opens the front door. It is CHARLIE, a young boy as tall and as old as Alexander. There the simlarity ends because Charlie is a very heavy-set child, and every ounce of fat seems to ripple with muscle. He is very polite and speaks with an air of aloofness.
玄関のベルがなり、ダグウッドがドアを開けると、そこにはアレクサンダーと同じくらいの背丈、年頃の男の子。チャーリーだ。しかしアレクサンダーと似ているはそこまで。たくましく筋骨隆々の体で悠然と立っているチャーリーが重い空気を切って言葉を発した。

CHARLIE
How do you do. I have an appointment with Alexander Bumstead.
ごきげんいかがですか。僕、アレクサンダーと約束してるんですが。

BLONDIE
(from o.s.)
Who is it, Dagwood?

Blondie ENTERS the SCENE and sees Charlie.

DAGWOOD
It's a friend of Alexander's.
アレクサンダーのお友達?

CONTINUED

CONTINUED 9

CHARLIE
The name is Charlie, Maam, and I'm not a friend of Alexander's.
俺はチャーリー、でもって、アレクサンダーの友達なんかじゃないよ。

DAGWOOD
(flustered)
Well...er...this is Alexander's mother...and I am Mr. Bumstead, Alexander's father.
う・・・え・・・と、これはアレクサンダーのママ、そして私はパパ。

Charlies gives Dagwood the "once over" then shakes his head.

CHARLIE
So that's where he gets it. Oh well, let's get it over with.
彼がやろうって。だから、すぐに済ませます。

BLONDIE
Get what over with?
やるって、何を?

CHARLIE
Mrs. Bumstead, on the way home from school, Alexander double-dared me to come over to put on the gloves with him.
バムスタッドさん、学校から帰る途中、アレクサンダーがグローブを着けてやろうって挑戦してきたんだ。

BLONDIE
(worried; thinking quickly)
Well...er...he hasn't had his dinner yet, and....
え・・と、彼はまだ夕食をとてないのよ、だから・・・

CHARLIE
Don't worry. I'll mop up the floor with him real fast. His dinner won't get cold.
大丈夫。僕と彼ですばやく床を拭きあげます。彼の夕食が冷める前にね。

DAGWOOD
Oh yeah! Well....

BLONDIE
(breaking in)
Excuse me, Dagwood, but may I speak to you privately for a moment?

Blondie pulls Dagwood away floor the open door and earshot of Charlie. They both speak in low tones.
ブロンディはダグウッドをチャーリーに聞こえないところまで引っ張っていき、二人は小声で話した。

BLONDIE
Dagwood, I want you to put a stop to this immediately.
ダグウッド、今すぐ彼を止めてよ。

DAGWOOD
Golly, Blondie, Alexander double-dared him to a fight. It's not easy to call off a double-dare.
ブロンディ、アレクサンダーは彼に闘いを挑んだんだ、簡単には取り消せないよ。

CONTINUED

CONTINUED - 2 9

BLONDIE
Dagwood, don't you care what might might happen to Alexander if he fights in a bullring
ダグウッド、アレクサンダーが闘牛場で闘ってどうなってもいいっていうの?

DAGWOOD
Blondie, it's not a bullring, it's a prizefight ring.

BLONDIE
Not if Alexander gets into a ring with that little bull. Send him away.
闘牛場じゃないよ、ボクシングの試合のリングだよ。
(points to o.s. Charlie)

DAGWOOD
I see what you mean.
君の言うことはわかったよ。

Dagwood and Blondie MOVE to the door and Charlie, who has begun to look a bit impatient.
ドアのほうへもどる二人。待ちきれない様子のチャーリー。

DAGWOOD
...Er...Mrs. Bumstead and I have discussed it, and we both agree you and Alexander should shake hands and forget the whole thing. You see, as a family, we're strictly against violence.
今ふたりで話したんだがね、どうだい、すべて水に流して仲良く握手ってのは。家族のように仲良くね。我々は暴力は嫌いなんだ。

BLONDIE
In other words, Charlie, we think you should pick on someone your own size.
言いかえれば・・・チャーリー、あなた、いじめるなら同じ体格の子供を相手にしたら?

CHARLIE
(putting hand to top of his head)
I am the same size.
背丈は一緒だよ。

DAGWOOD
No, you're not. You're...
いや、ちがうよ、君は・・・
(illustrates with hands)
...wider. You'd better get started for home. You'll miss your dinner.
・・・体格が幅広くて。早く帰らないと、夕食を食べそこなうよ。

CHARLIE
I don't have far to go. I live right up street.
うちはそんなに遠くないし、すぐそこだから大丈夫。

BLONDIE
And the next time you buly Alexander into walking home through that dirty lot, we'll be forced to call your mother.
今度うちの子をいじめたら、あなたのお母さんに電話で言いつけるわよ。

CONTINUED

CONTINUED - 3 9
CHARLIE
If you call my mother, do it after six o'clock. It's cheaper. She's in Chicago.
ママに電話しても無駄だよ。ママは今シカゴにいるんだ。

DAGWOOD
Then we'll call your father.
じゃあ、お父さんに電話するぞ。

CHARLIE
Okay. But tell Alexander..."I'll see him around".
いいよ、でもアレクサンダーに「お前を見張ってるからな」って電話してやる。

DAGWOOD
Well, I think we put a stop to that.
えーと、もうやめにしないか。

FLIP TO:
10
OMITTED (OMIT) THRU

INT. BUMSTEAD KITCHEN - DAY

Dagwood has just received the news from Blondie.
ブロンディから新聞を受け取るダグウッド。

DAGWOOD
We didn't put a stop to it?

BLONDIE
No. That gorilla of a child. Charlie, once again forced Alexander to climb over, under, and through that filthy lot to get home.

DAGWOOD
And after I taught him the art of self-defense, I thought Alexander said he wasn't afraid of Charlie anymore. I wonder what happened.

BLONDIE
I'll tell you, Alexander said he threw a jab, did a little bobbing and weaving, then threw a right cross....

DAGWOOD
Well, that sounds right. Gave him the old one-two, eh?

CONTINUED

CONTINUED 14

BLONDIE
But when Alexander was all through with "the old one-two"...Charlie sat on him!

DAGWOOD
That settles it, Blondie. I want you to talk to Charlie's father.

BLONDIE
I have already spoken with Charlie's father.

DAGWOOD
You did? I bet you really told him off, huh?

BLONDIE
I did not. I told him to expect Alexander's father in fifteen minutes, and that he will have it out with him.

DAGWOOD
Alexander's father? Hey! That's me!

BLONDIE
Dagwood, you go right over and tell Charlie's father in no uncertain terms that you want a stop to Charlie's sadistic behavior...or else.

DAGWOOD
(gulps)
O...or else? Or else what?

BLONDIE
(illustrating with fists)
The "old one-two"...A jab...a right cross. Dagwood...
(points o. s.)
Do your duty!

CONTINUED

14 CONTINUED - 2 14
DAGWOOD
(swelling up)
Right.Which house is he in?

BLONDIE
Five houses down, on the other side of the street.

DAGW00D
(walks towards door)
Make way, woman!
Blondie runs ahead of Dagwood and proudly opens the door for him. Dagwood, with fire in his eyes and grim determination, STOMPS OUT of the house and o.s. to SOUND TRACK of TRUMPETS PLAYING "THE VIRGINS OF MARCARENA" (Mote; This is the melody played for the Entrace of the Matadors). WE ALSO HEAR the NOISE of a CROWD YELLING "OLE, OLE", ETC. on the SOUND TRACK. Blondie closes the door behind Dagwood.

FLIP TO:

INT. BUMSTEAD ENTRY HALL - SAME ANGLE - DAY 15

The DOORBELL is RINGING. Blondie goes to the door and opens it. There is Dagwood, completely disheveled, filthy from face to shoes. There is a bruise on Dagwood's forehesd; the same spot as Alexander's scrape. Dagwood WALKS INTO the house, a bit dazed.

BLONDIE
Dagwood! What happened? Where you fighting?

DAGWOOD
I'd rather not talk about it.

BLONDIE
Dagwood Bumstead, don't tell me you weren't fighting. You've been gone over an hour, and just look at you; you're a mess!

DAGWOOD
(near tears)
I tried to come straight home.
(a beat)
But Charlie's father, the bully, he forced me to climb over and under and through that same filthy lot Alexander's been going through.
CONTINUED

CONTINUED 15
BLONDIE
And you a scraped your head crawling under the same fence?
(Dagwood nods; puppy-eyed)
Oh, Dagwood,

DAGWOOD
Oh, Blondie-e-e-e!
FADE OUT
(INSERT COMMERCIAL)

INT. DITHERS' OFFICE - DAY l6
MR. DITHERS is with a prospective client, a MR. GORDON COLBY, a husky bruiser of a man. (NOTE: But to avoid giving the audience a reason for suspicion to his real identity as Charlie's father, he should be played as a very gentle soul; with a warm smile, etc,) He and Dithers are looking over a land map spread out across Dithers' desk.

DITHERS
Yes, sir, Mr. Colby, you've purchased a choice piece of property to build on, if I've ever seen one.

COLBY
I didn't have much choice.It belongs to my wife.

DITHERS
Oh, I see. Well...Mr. Colby, how many houses would you like us to...(cont'd)

CONTINUED

17
CONTINUED 16

DITHERS (cont'd)
(makes a crushing motion with hands)
squeeze in for you?
(gives Colby a greedy wink)

COLBY
None. I don't want the families who buy my houses to feel fenced in like cans of sardines.

DITHERS
Yes, yes, of course. Then how about fencing them in like cans of Macadamia Nuts. Macadamia's are very loosely packed.

COLBY
Mr. Dithers, I am only interested in a reasonable profit, not a killing. Fifty homes on that land will be more than adequate. When may I expect to see preliminary plans?

DITHERS
In a week or seven days -- whichever comes first.
(laughs at his joke)

Dithers walks Colby to the door.

COLBY
A week is fine. I'll be out of town but I'll leave a number where I can be reached with your secretary.
(opens door)
I'm counting on your staff to do a good job, Mr. Dithers.

DITHERS
(shaking hands with Colby)
Staff? Ha! An undertaking of this magnitude calls for the best man I've got -- Me! Rest assured, Mr. Colby, this project will be my personal baby.

Colby EXITS. The instant Colby is o.s., and even before the door shuts behind him, Dithers sprints to his desk and hits the Intercom button.

DITHERS
(into Intercom; savagely)
BUMSTEAD, GET IN HERE ON THE DOUBLE!!

18
INT. DITHERS' OUTER OFFICE - DAY

Colby is Just handing a SECRETARY a piece of paer. His back is to Dagwood's office door.

COLBY
This is my home number.

Colby turns to leave the office just as Dagwood comes SPRINTING OUT of his office towards Dithers'. Dagwood and Colby bump shoulders without seeing one another.
Dagwood is spun around 180 degrees and keeps on running in the opposite direction and back INTO his own office.
(NOTE: Or out the front door). Colby, shaken, still doesn't know what hit him. He adjusts himself and starts out again, but Dagwood once again BURSTS OUT of his office and bumps into Colby's shoulder with his. This time, Dagwood is spun (UNDERCRANKED) 360 degrees, his legs still running in place, and he RUNS INTO Dithers' office and O.S. Colby straightens up; still didn't see Dagwood's face. He turns to secretary.

COLBY
Who was that?

SECRETARY
(matter-of-facfcly)
I really couldn't say. I've been here two years, and to me it's still a blur.

Colby REACTS, as we

OUT TO:

INT. DITHERS' OFFICE - DAY 18

Dagwood, huffing and puffing, faces Dithers across the desk. (NOTE: Dagwood wears a band-aid on his forehead).
Dithers hands Dagwood the Colby land map.

DAGWOOD
(looking at plans)
You want me to design fifty homes in only four days?

CONTINUED

19

CONTINUED 18

DITHERS
Come, come, Dagwood my boy, You're my best man. Do this for me and you may find a little green surprise in your pay envelope.
(rubs money fingers)

DAGWOOD
But what if I can't?

DITHERS
(exploding)
Then you"ll find a big pink surprise in your pay envelope.

DAGWOOD
Well, if that's the only choice in colors I've got....

DITHERS
Splendid.
(a beat)
Incidentally, what happened to your head?

DAGWOOD
Oh, this? It's really nothing, Mr. Dithers. I scraped it, crawling under a fence to get home.

DITHERS
(sarcastic)
I see. You climbed under fences to avoid the sidewalk rush hour.

DAGWOOD
No, sir. This big guy made me do it when I went ever to see him about....

DITHERS
A Bully! By George, if there's one thing I detest it's a big man taking advantage of his little fellow man.

Dithers walks out from behind his desk.

CONTINUED

20

CONTINUED - 2 18

DITHERS
Dogwood, there's only one way for the little people in this world to protect themselves from the Big Daddies -- Karate!

DAGWOOD
Karate, huh? Is it difficult to learn?
カラテだって?難しいんじゃないの?

DITHERS
Not if you learn from the masters.
(makes a couple of karate thrusts)

DAGWOOD
Golly, Mr. Dithers, you know karate?

DITHERS
Ha! Bumstead, do you see my hands ?
(holds up his hands)
Well, they are not just hands. Legally now they're considered lethal weapons capable of destroying anything within arms distances.
(makes two thrusts into air)
GHA! GHA!

DAGWOOD
(flinching)
Gee, that's great, Mr. Dithers. But you'd never need that. A bully would never pick on a man your size.

DITHERS
Oh, really? Would you believe it was once two bullies against one?

DAGWOOD
Now that isn't fair!

DITHERS
Who ever said Cora and her mother fight fair?

DAGWOOD
Well, I guess a couple of lessons wouldn't hurt.

Dithers walks back behind his desk.

CONTINUED

21
CONTIMJED - 3 18

DITHERS
Good boy! Why, in just two lessons,you'll be able to break a desk this size in two. Like this.

Dithers raises his hand to bring it down on the desk but pauses in mid-air.

DITHERS
Much too expensive an item to prove my point. But if you'll hold this pencil between your fingers, Dagwood...

Dagwood holds the pencil tightly at its ends. Dithers brings the side of his hand down hard on the middle of the pencil, severing it. (NOTE: Pencil could be pre-cracked.)

DITHERS
(Karate yell)
GHA!

DAGWOOD
Wowee!

DITHERS
(big smile)
Now if you'll excuse me, Dagwood, I've still got an office to run.

Dagwood, shaking his head disbelievingly at the broken pencil in his hand, EXITS. The moment he exits, Dithers grabs his karate hand in delayed extreme pain.

DITHERS
Yeeeeeeow! Drat! I should have checked to see if there was soft lead in that pencil.

He blows on his hand as we:

FLIP TO:

INT. BUMSTEAD LIVING ROOM - NIGHT 19

Blondie, Alexander, Cookie and Daisy are watching a television show. Blondie has her sewing kit by her side and is doing some sewing. She looks up at the TV occasionally. In the b.g. WE HEAR the SOUND of a BUGLE BLOWING the CAVALRY CHARGE, followed by'the SOUND of YELPING INDIANS.

CONTINUED

22

CONTINUED 19

COOKIE
(shakes her head at TV set)
Well, It looks like the Indians are going to lose again.

Blondie, listening, smiles. WE HEAR BUGLE again o.s.

ALEXANDER
Yeah. Pop said the only way the Indians'll ever win is if they can break that guy's bugle.

COOKIE
Mom? How come Pop isn't home? This is his favorite movie.

BLONDIE
Well...er...your father has to attend a night school all this week, and it starts a little early.

COOKIE
What's he want to learn?

BLONDIE
Well...er...it's something Japanese that Mr, Dithers suggested your father take up.

FLIP TO:

INSERT - MED. SHOT - WINDOW SIGN 20

It reads: "KARATE LESSONS - FREE COFFEE".
窓にはこう書いてある「カラテ・レッスン コーヒー無料」

CUT TO:

INTo KARATE STUDIO - NIGHT 21

MED. SHOT - JAPANESE INSTRUCTOR

Dressed in a karate outfit, the Japanese Instructor, MR. YOTO, is demonstrating a series of karate thrusts.
空手着を着た日本人インストラクター、ミスター・ヨートー。すごい空手のデモンストレーションをしている。

CONTINUED

23

CONTINUED 21

YOTO
(as he does them)
Ahg!...Gha!...Keee!...Feee!
ハ!・・・ガー!・・・キエー!・・・フィー!
(stops and bows)
And now you try, Mr. Bumstead.
さあ、やってみなさい、バムステ
ッドさん。
(looking around)
(周りを見回して)
Mr. Bumstead?
バムステッドさん?

ANOTHER ANGLE 22

Mr. Yoto does a burn and goes to Dagwood, who we now see eating cookies and coffee from the free lunch cart. Dagwood is also in a karate robe outfit.
ミスター・ヨートーは無料のお菓子とコーヒーを食べているダグウッドに近づいていく。ダグウッドも空手着を着ている。

YOTO
Mr. Bumstead, you are not paying attention.
バムステッドさん、もっとちゃんとしなさい。

DAGWOOD
(with full mouth)
(口いっぱいになりながら)
I'm sorry, Mr. Yoto. I didn't stop for dinner. I'll be with you in a minute.
すみません、ヨートー先生。今夕食中でして。すぐに戻りますので。

YOTO
(angrily)
(怒って)
Not in a minute. NOW!
今すぐ戻りなさい!

Yoto gives the wooden cart a karate slash with his hand, crumbling it and the food to the floor. Dagwood is a bit shaken and looks petrified.
ヨートーは怒って木製のカートを手でまっぷたつ。床に散らばるお菓子。びびって固まってしまうダグウッド。

DAGWOOD
C-can I swallow what's in my mouth?
く・・・口の中のものを飲みんでもいいですか?

YOTO
Quickly!
早く!

Dagwood begins to vigorously chew the cookie left in his mouth, but can't manage to swallow it and has to chew again; another attempt to swallow and again he has to chew. He finally gets it down.

DAGWOOD
Tasty cookies, but tough. What are they?
おいしいクッキーですが、固いですね、これはなんですか?

YOTO
Octopus fudge brownies.
タコクッキー。

Dagwood turns a color.
ダグウッド、床にひっくり返る。

YOTO
Now, we try. You do same thing I show you.
さあ、やりますよ。私が見せる通りにやってください。

24

CONTINUED 22

Yoto takes a karate stance. Dagwood takes the same stance. Yoto begins to move around the room, jumping back and forth, slashing the air with his hands and feet. Dagwood, right behind Yoto, awkwardly imitates his every motion.
ヨートー、空手の構えで立つ。ダグウッドもそれを真似て立つ。ヨートー、部屋の中を動き始める。飛び退いたり、前進したり、手足で空を切る。ダグウッド、ヨートーの後ろについて彼のすべての動きを真似る。

DISSOLVE

MONTAGE 25

A. INT. KARATE SCHOOL - NIGHT

Dagwood slashing the air with his hands. Yoto nodding his approval but correcting the angle of one of Dagwood's hands.
ダグウッドのこぶしが空を切る。ヨートーはうなずきながら見ているが、ダグウッドの手の角度を修正する。

B. INT. BUMSTEAD ENTRY HALL - NIGHT

Blondie answering the front door to admit an exhausted Dagwood.
ブロンディが疲れたダグウッドを玄関に出迎える。

C. INT. KARATE SCHOOL - NIGHT

Dagwood watches Yoto set up three thick planks of wood. Yoto then drives the side of his hand through the planks, breaking them in half. He gestures for Dagwood to try it next. Yoto sets up three planks of wood. Dagwood shakes his head and removes two of them. Yoto nods, annoyed.
ヨートーは三枚の板を準備している。それを見つめるダグウッド。ヨートーはそれをまっぷたつに割る。さあ、やってみなさいとダグウッドに指示。三枚の板を準備するヨートー。ダグウッドは首を振りながら2枚をどかそうとするが、ヨートーは認めない。

D. INT, BUMSTEAD ENTRY HALL - NIGHT

Blondie goes to the front door and admits Dagwood. He gives her an exhausted kiss and a wave goodnight. When he waves, we see his right hand is heavily bandaged.
ブロンディが玄関でダグウッドをお出迎え。彼は彼女に疲れたキスをするとそのままおやすみのご挨拶。彼の右手には幾重にも絆創膏が貼られている。

E. INT, KARATE SCHOOL - NIGHT

Dagwood is doing a series of karate moves much more gracefully. Yoto watches with a smile of pleasure.
ダグウッドの空手の動きが見違えるように素晴らしい。それをにこにこしながら見ているヨートー。

DISSOLVE

INT. BUMSTEAD KITCHEN - DAY 24

Dagwood and Cookie are at the dinner table. Daisy observes. Blondie is making a batch of lamb chops, and sets them on the table. Cookie is setting the table.

BLONDIE
Cookie, will you please call Alexander to the table?

Cookie EXITS with Daisy.

CONTINUED

CONTINUED 24

BLONDIE
How are you coming along with your Karate lessons?

Dagwood begins to pile up his plate with chops...licking his lips during:

DAGWOOD
Pretty good, I think. Last night Mr. Yoto paid me a compliment. He said after I take my last lesson tonight, he wouldn't touch me with a ten-foot pole. Probably afraid to get near these.
(holds up hands)

BLONDIE
They look the same to me.

DAGWOOD
Yeah, to me, too. But never judge a hand by its flesh. I'm ready for that bully right now!

On the word "Now," Dagwood brings the side of his hand down on the table very hard. The entire table splits down the middle and everything on it slides to the floor.

BLONDIE
Dagwood, what have you done?!

Dagwood looks at his hands in awe.

DAGWOOD
I'm sorry, Blondie, but do you realize what this means? My hands! They're ready! Bring on that bully!

He grabs Blondie and hugs her. WE HEAR CRACKING NOISE,

DAGWOOD
(horrified)
It's my hands. Oh, my poor darling, I've crushed your ribs.

WE HEAR SOUND again. They turn and SEE Cookie is cracking broad sticks. Dagwood holds his hands up like a surgeon.

DAGWOOD
Well, we can't be too careful. These are no longer hands. These are lethal weapons!

CONTINUED

26
CONTINUED - 2 24

BLONDIE
I hate to disappoint you and your lethal weapons, but it looks like you've gone to a lot of trouble for nothing. You see, Charlie and his father left town.
あなたをがっかりさせたくなくて、確かにあなたは強いわ、でもトラブルはすべて解決したの。いい?チャーリーと彼のパパは引っ越して行ったの。

DAGWOOD
Couldn't face the Bumstead music, so they both took it on the lam, eh?
奴ら、バムステッド様の餌食にならずにすんだな?

BLONDIE
Dagwood, they've only been gone a week....
ダグウッド、彼らは一週間前にはもういなくなっていたの・・・

DAGWOOD
They probably got the news about these...
奴ら、このニュースをたぶん聞いたんだな・・・
(showing hands)
(自分のこぶしを見て)
through the grapevine. Forget it, Blondie. They won't be back.
人伝に。ブロンディ、もう忘れるんだ。彼らは戻らないよ。

ALEXANDER (O.S.)
Pop!

ANOTHER ANGLE 25

Standing at the kitchen entrance is Alexander. He's disheveled, dirty, etc. as before.

ALEXANDER
Charlie and his father are back.
チャーリーとダグウッドが帰ってくる。

Dagwood fumes. There's strength in his face.

DAGWOOD
All right, son. Lefs go. We'll have it out with them together. Lead the way.
(to Blondie)
Don't worry, Blondie, I'll only use my lethal weapons if I have to...careful, now, don't let me touch anything.

Dagwood and Alexander start out the kitchen. Dagwood goes through some preliminary karate steps and hand slashes as they GO. Blondie rushes after them.

INT. BUMSTEAD ENTRY HALL - DAY 26

Just before they reach the door.

CONTINUED

27
CONTINUED 26

BLONDIE
Dagwood, I'm afraid.
ダグウッド、私、怖いわ。

DAGWOOD
Nothing to be afraid of, Blondie. Open the door, Alexander. I've got to keep these things warmed up.

ALEXANDER
Are we going to take the car?

DAGWOOD
(indicating hands)
(こぶしを示しながら)
And crush the steering wheel? We'll walk!
そしてハンドルを壊す?歩こうか!

Dagwood starts thrashing the air with the sides of his hands. Alexander opens the door and Dagwood RUSHES OUT.

EXT. BUMSTEAD HOUSE - SIDEWALK 27

The MAILMAN is walking up to the house, looks up and REACTS.

ANOTHER ANGLE - ON FRONT DOOR 28

Blondie REACTS, turning her head away, O.S. WE HEAR the SOUND of all kinds of TEARING and RIPPING NOISES.

ANOTHER ANGLE - ON FRONT WALK 29

The Mailman is standing there in tatters. The entire uniform has been slivered into long shreds; his hat as well. He raises his mailbag and WE SEE that it, as well, is ripped down the center as the letters slide out to the ground.

MAILMAN
(calling out; looking around)
Okay! Where are you? I know I'm on Candid Camera!
(a beat; near tears)
Please tell me I'm on Candid Camera!

The Mailman shakes his head sadly and turns away.

ANOTHER ANGLE - ON FRONT DOOR - BLONDIE 30

BLONDIE
Poor man.
(remembering)
Poor Dagwood.

The TELEPHONE RINGS O.S. Blondie shuts the door.

28
INT. BUMSTEAD HOME - TELEPHONE AREA 31

Blondie answers the phone.

BLONDIE
(into phone)
Hello. Oh, hello, Mr. Dithers...No, Dagwood had to step out for a little while.

INT. DITHERS' LIVING ROOM - DAY 32

Dithers is on the phone. Cora is playing solitaire.

DITHERS
(into phone)
Stepped out? How dare he step out! A man's place is in his home!

CORA
(very flat)
...Having a good time with his loving wife.

DITHERS
(to Cora)
Shush!
(into phone)
Blondie, I have an important errand for Dagwood. Preliminary plans that must be delivered to a client immediately.

CLOSE SHOT - BLONDIE ON PHONE 33

BLONDIE
Mr. Dithers, I told you Dagwood is not here at the moment.

CLOSE SHOT - DITHERS ON PHONE 34

DITHERS
(into phone)
But I distinctly ordered him to stay on "Stand By" alert. Mutiny! That's what it is. I'll break him down to midshipman for this.

CLOSE SHOT - BLONDIE ON PHONE 35

BLONDIE
Mr. Dithers, I've just had a thought. Why don't you deliver the plans yourself?

29
INT. DITHERS' LIVING ROOM - DAY 36

DITHERS
(into phone)
Blondie, I wish you'd keep those suggestions to yourself.

CORA
(without looking up)
She's right, Julius. Do your own dirty work.

DITHERS
(to Cora)
If you don't shush, I'll tear up your four aces!
(into phone)
Very well, Blondie. Now that you've said it, I've heard it, and I'll have to do it. Goodbye.
(hangs up; to Cora)
Blondie must be taking Cora Dithers lessons.

CUT TO:

EXT. COLBY'S HOME FRONT DOOR - DAY 37

Dagwood and Alexander WALK UP to the door. Dagwood indicates DOORBELL.

DAGWOOD
Ring the bell, Alexander. I don't want to wreck anything until I'm ready.

Alexander RINGS the BELL.

ALEXANDER
Gee, Pop, I hope you know what you're doing.

DAGWOOD
I certainly do, Alexander. I only know there comes a time when a father must stick by his son. Right?

ALEXANDER
I suppose so. But what if you don't win?

DAGWOOD
(gives it thought)
Then at least we can keep each other company walking home through dirty lots.

CONTINUED

29-A

CONTINUED 37

The door opens. It's Charlie. He looks a bit surprised.

DAGWOOD
Charlie, I'd like to have a talk with your father.

CONTINUED

30
CONTINUED 37

CHARLIE
Not again, Mr. Bumstead. Didn't you learn your lesson?

DAGWOOD
To be exact, I've had six lessons.

Colby comes to the front door.

COLBY
Who is it, son?
(sees Dagwood and Alexander)
Oh, it's you again. What do you want?

DAGWOOD
(firm)
You can instruct your son to stop bullying my son..or else.

COLBY
Or else...what ?

Colby draws himself up to his full towering height.

DAGWOOD
I'll just have to ask you to step outside into the alley where I can teach you a lesson.

COLBY
What alley? There's no alley around here.

DAGWOOD
(disappointed)
Oh. That's right, darn it.

COLBY
What's wrong with you stepping inside? There's plenty of room. Or are you chicken?

DAGWOOD
No I'm not! But I would appreciate it if you didn't mention food when I'm angry.
(licks lips)
When I think of food, I get hungry and when I get hungry I feel weak.

COLBY
Be my guest.

CONTINUED


31

CONTINUED - 2 37

Colby extends an ominous welcome for Dagwood to stop inside and begins to roll up his sleeves. Dagwood turns to Alexander.

DAGWOOD
Wait out here, Alexander. I don't want you to witness my cruelty and savagery.

COLBY
Keep him company, Charlie. This won't take long.

Dagwood GOES IN. Colby closes the door. Alexander and Charlie turn to each other.

CHARLIE
You know something, Alexander? Your old man's got a lot of guts to go in there.

ALEXANDER
(worried)
Yeah. I just hope they're all still there when he comes out.

INT. COLBY HOME - LIVING ROOM - DAY 38

Dagwood is facing Colby. Colby makes two fists.

COLBY
Any time you're ready.

DAGWOOD
(smiles)
They won't do you any good.

Dagwood leaps high in the air and comes down in his Karate stance.

COLBY
(Karate yell)
GHA!!!

Dagwood gulps and registers fear.

EXT. COLBY HOME - FRONT DOOE - DAY 39

Alexander and Charlie are sitting on the stoop. Mr. Dithers, with attache case, walks up to them.

DITHERS
Excuse me,, I'm looking for the Colby residence.

CONTINUED

32

CONTINUED 39

CHARLIE
This is it.

ALEXANDER
Hi, Mr. Dithers.

DITHERS
Alexander. What are you doing here?

ALEXANDER
Waiting for my Pop. He's inside mopping up the floor with Mr. Colby.

CHARLIE
Oh, yeah?!

ALEXANDER
Oh, yeah.

DITHERS
OH, N0!!

Dithers BUSHES THROUGH the front door.

INT. COLBY HOME - LIVING ROOM - DAT 40

Dagwood and Colby are still circling each other, making a few false hand thrusts to an accompanying karate yell. Dithers rushes INTO the room.

DITHERS
Dagwood, stop it this instant. What are you doing?

DAGWOOD
(circling)
Applying some of that Karate we talked about to this bully.
(a hand thrust)
GHA!

DITHERS
You idol. That bully is no bully. That bully is a client.

Dagwood, not listening, fakes a thrust with one hand. Colby falls for it and half turns his head. With his other hand, Dagwood throws a karate blow to the back of Colby's neck.

DITHERS
Foul! Foul! Mr. Colby, I'm sorry.
(to Dagwood)
You bumblehead! Didn't you hear me? Mr. Colby is a client.

CONTINUED

33

CONTINUED 40

DAGWOOD
Oh? Gee, I'm sorry, Mr. Colby. I didn't know...I mean...You're still a bully!

Colby has not moved since Dagwood threw his karate blow. Zombie-like, he turns to them.

COLBY
Nothing to be sorry about. There's been no harm done....

With that, he does a delayed register of pain and collapses to the floor. Dagwood and Dithers kneel down to him. Dithers fans him with a magazine.

DITHERS
Now look what you've done, you nincompoop.

Dagwood admires his karate hand.

DAGWOOD
But I hardly touched him.

DITHERS
Dagwood, you've just clobbered the man you designed those fifty homes for. Remember that big surprise I promised you in your next pay envelope? Guess which color.

DAGVOOD
Not green, huh?

DITHERS
PINK! PINK! PINK!

They haven' t noticed that Colby has his eyes open and has been listening. He sits up and slaps Dagwood on the back.

COLBY
You're okay, pal. And if you can design homes the way you fight, we've got a deal on my next project.
(sharply; to Dithers)
Isn't that right, Mr. Dithers?

DITHERS
(flustered)
Y...yes, of course. Bumstead is the very best man I have.

CONTINUED

34
CONTINUED - 2 40

DAGWOOD
Mr. Dithers, about the surprise in my pay envelope this week...What color did you say I'd find?

DITHERS
(forcing a smile)
Green. Not a lot...but green.

Dagwood and Colby shake hands; Dithers fidgets as we:

FADE OUT
(INSERT COMMERCIAL)

35

FADE IN:

INT. BUMSTEAD KITCHEN - DAY 41

Dagwood, Alexander, Cookie and Daisy are there. Blondie puts toast on the table and sits down.

BLONDIE
Well, I'm happy to hear that you and Charlie are now good friends, Alexander.
アレクサンダー、あなたとチャーリーが仲の良いお友達になって本当にうれしいわ。

ALEXANDER
Yeah, but now that we're friends, he and his father are going back to Chicago permanently.
うん、今では友達だけど、でも、彼らはもうシカゴへ戻ってずっとあっちで暮らすんだって。

COOKIE
I didn't even know Chicago was a permanent place.

DAGWOOD
(explaining)
Mr. Colby lives in Chicago, Cookie. He only brought Charlie with him on a long business trip. Now they're going home where the whole family can be together.

BLONDIE
Cora told me that, although Mr. Dithers won't admit it, Mr. Colby was crazy about the homes you designed for his project. We're very proud of you, Dagwood.

DAGWOOD
Thanks, Blondie. But I'm not too proud of myself for the way I acted. I could have hurt Mr. Colby real bad with these.
(holds up -karate hands)
They still look dangerous. Yep, that settles it. I'll never use them again.

ALEXANDER
Pop, don't move. There's a mosquito on your neck. I'll get it.
(starts to raise his hand)

CONTINUED

36

CONTINUED 41

DAGWOOD
Never mind, Alexander. I'll do it.

Dagwood brings a karate blow down on his own neck. He falls to the kitchen floor, completely out.
Blondie and the children exchange knowing looks, as we:

FADE OUT

- THE END -

最後にブロンディのエンディング映像をどうぞ。 

share

HERE COME THE KUNG FU CLONES by Carl Jones

| コメント(2)

イギリスのマニアック本。

Here Comes The Kung Fu Clones ニセモノドラゴンが街にやってきた!

20120111a.jpg

タイトル通り、本物のブルース・リーは出てきませんが、ブルース・リーやドラゴンクローン達の情報満載のマニア向けの本です。

トホホな偽ドラゴン達ですが、そんな彼らに対する愛情たっぷりですよ。

20120111b.jpg

今では入手困難なこの本。当時のクンフー映画の全貌を知る貴重な資料です。

当店には近日入荷の予定です。

 

share

BLR "Bruce Lee Review" ISSUE NO.3

イギリスの同人誌 BLR Bruce Lee Review 第3号。

20120110a.jpg

内容は、

In Print:印刷物

In Film:映画・映像

Game Of Death Revisited:「死亡遊戯」再考

Ruccell Cawthorne Interview:ラッセル・カウソーン インタビュー
1978年版「死亡遊戯」製作当時のゴールデンハーベスト社役員

Stick it to'em! Mel Novak Interview:メル・ノバク インタビュー

James Yimm Lee Jeet Kune Do's Unsung Hero

Bruce Lee:Computer Games Of Death:李小龍 死亡的電算機遊戯

Spotlight On Kung Fu Master:再注目!テレビゲーム"クンフーマスター"

The Big Boss CD Soundtrack

Unravelling the Cantonese Soundtrack

Gary Daniels Interview:ゲイリー・ダニエルズ インタビュー

20120110b.jpg

全31ページの第3号は、当店でただ今好評発売中です。
ご注文はこちらからどうぞ。

share

BLR "Bruce Lee Review" ISSUE NO.2

イギリスの同人誌 BLR Bruce Lee Review 第2号。

20120109a.jpg

内容は、

In Print:印刷物
新旧のブルース・リー関連書籍紹介

Bring Back Betamax:ベータマックスよ、もう一度
デジタル時代にアナログのビデオ、それもVHSに敗退して消えたフォーマット、Betaのビデオを回顧する

Bruce Lee In Fore Colours:四色刷りのブルース・リー by Karl Newton
マンガとしてのブルース・リーの歴史を紹介

Way Of The Drive-In:ドライブイン・シアターへの道 by Scott Blasingame

Spotkight On Longstreet:再注目!ロングストリート

Jeannot Szwart Interview:ヤノット・シュワルツ監督インタビュー
ロングストリートの1エピソード"Wednesday's Child"を演出したヤノット・シュワルツ監督(「ジョーズ2」などで有名?)

Spotlight On Jeet Kune Do:Style of No Style ?

The Missing Big Boss Part 2:失われた「ドラゴン危機一発」パート2

DVD FILM DOC Round-Up

Aarif Lee Interview アーリフ・リーインタビュー
映画「李小龍 ブルース・リー マイ・ブラザー」主演

20120109b.jpg

全31ページの第1号は今では入手困難ですが、当店ではまだ入手可能です。
ご注文はこちらからどうぞ。

share

BLR "Bruce Lee Review" ISSUE NO.1

イギリスの同人誌 BLR Bruce Lee Review 第1号。

20120108a.jpg

内容は、

The Other Cultural Revolution:もうひとつの文化革命 by Paul Bohman

In Print:印刷物
書籍紹介"Theorizing Bruce Lee","Bruce Lee The Celebrated Life Of Golden Dragon","Jeet Kune Do The Art and Phirosophy of Bruce Lee"

The Forgotten Student:忘れられた生徒
あまり紹介されてこなかったブルース・リーの直弟子のひとり、Phil Bardelliの紹介とインタビュー"

The Missing BIG BOSS:失われた「ドラゴン危機一発」by Jason Hart
ドラゴン危機一発の本編で使用されなかったフッテージについて

TAKY KIMURA Interview:ターキー木村インタビュー

The Green Hornet Short:自主制作短編"The Green Hornet Short"について

DVD FILM DOC Round-Up:DVD、映画、その他ドキュメントレビュー

Spotlight On How Bruce Lee Changed The World

Green Hornet Reviewed:2011年の新作映画「グリーン・ホーネット」について

20120108b.jpg

映画 Big Boss ドラゴン危機一発 の、本編から削除されたり使用されなかったシーンの記事。

全31ページの第1号は今では入手困難ですが、当店ではまだ入手可能です。
ご注文はこちらからどうぞ。

share

オープンフィンガーグローブといえばブルース・リーのシンボルのひとつ。

このグローブをつけたブルース・リーを見たのが、映画館で出会った最初のブルース・リーでした。

映画「燃えよドラゴン」のオープニングの試合の場面。サモ・ハンキンポーと闘うブルース・リーを見て思ったのは、

「これはカラテ?ショウリンジケンポウ?ジュウドウではないし・・・なんだか裸に黒パンツだし???」

という感じでした。

その試合がいわゆる「総合格闘技」であった、ということを認識するのは、ずっと後、オトナになってからでした。

20120107d.jpg

そんなブルース・リーが総合格闘技のために考案したのが「オープンフィンガーグローブ」。

日本の剣道の防具、籠手を元に日本の武具メーカーに特注で作らせたもの、らしいです。

20120107a.jpg

現在の総合格闘技の試合ではもっと小さくてスマートなグローブに改良されていますが、私はこのゴツゴツしたデカイのが好き。

20120107b.jpg

殴って、掴んで、投げられるグローブ。

指が割れたボクシンググローブのようで、内側は指先が出ています。

ブルース・リーが装着して身構えると、そのバランスが最高にかっこいいんですよね。

完璧に計算されつくした画面。あるいは偶然なのか。いずれにしても最高の「美」。

20120107c.jpg

そのブルース・リー型オープンフィンガーグローブは複製品が今でも入手可能です。

share

様々な種類の商品が発売されている映画「燃えよドラゴン」のソフト。

今はブルーレイ、DVDが主流ですが、DVDも単品以外にボックスセットが、これも何種類かありまして、その中でもお気に入りのボックスがこれ。

20120106a.jpg

燃えよドラゴン ディレクターズカット特別バージョンのDVDが発売されたときのもので、横長の箱に入っているのが、他の国のボックスセットとは違う特徴です。DVD自体はディレクターズカット版とはいえまだ2枚組になっておらず、特典映像も少ないものですが、その他の封入特典がイイのです。

20120106b.jpg

DVDのほかに絵ハガキセット、複製ロビーカードセット、複製プレスシートが入っています。

20120106c.jpg

ロビーカードとプレスシートはけっこう大判です。

20120106d.jpg

ロビーカードも日本の小さいスチル写真とは違い、カラーで豪華です。

20120106e.jpg

とくに珍しい写真があるわけではありませんが、こうして並べると見ごたえのあるポストカードセットです。

この商品、すでに廃盤ですが中古でしたら6,000円から10,000円くらいで入手できそうです。

テレビに出演したブルース・リー

ブルース・リーは映画やアメリカのテレビドラマ以外にもいくつかの香港のテレビ番組に出演しました。その映像は今ではほとんど見ることができませんが、スチル写真は多数残されています。それを編集した「動画」がYou Tubeなどでも見られます。

そんな貴重なテレビ番組のリストはざっとこんな感じ・・・誤った記載や不足などがありましたらご指摘いただければ幸いです。

1967年:The Milton Berle Show ミルトン・バールショウ

1970年2月8日:ドミニカ共和国のテレビ番組

1970年4月9日:香港TVB 今宵歓楽 Enjoy Yourself Tonight
当時5歳の息子ブランドンとともに香港へ旅行した際に香港の人気番組から出演を依頼され「指立て伏せ」や演武、試し割などを披露。

1970年4月10日:RTVゴールデンアワー
ブランドン・リーとともに。

1971年9月3日:香港TBV
主演第一作「ドラゴン危機一発」の撮影を終了しバンコクから帰国したブルース・リーらを出迎えたマスコミによる記者会見。

1971年10月23日:香港TVB
「ドラゴン危機一発」プレミア公開の際、ブルース・リーはジークンドーの演武を求められた。相手役はロバート・ベイカー。

1971年12月9日:ピエール・バートンショウ

1972年5月20日:香港TVB 今宵歓楽 Enjoy Yourself Tonaight
「ドラゴンへの道」撮影直後にチャック・ノリス、ボブ・ウォールとともに出演。

1972年6月19日:香港TVB
チャック・ノリス、ボブ・ウォールとともに。

1972年6月24日:香港TVB 慈善表演大会 Operation Relief
台風に襲われた香港のためのチャリティ番組にブランドン・リーとともに出演。

1972年11月19日:香港TVB 今宵歓楽 Enjoy Yourself Tonaight
香港TVB5周年記念番組で巨大ケーキの中からブルース・リーが登場する、という演出。

1973年7月10日:香港TVB 今宵歓楽 Enjoy Yourself Tonaight
ブルース・リーの生前最後のインタビュー。番組ホストはHo Sho Shin。

そんなブルース・リーの出演場面の画像を集めた動画のひとつがこれ。

share

ブルース・リーが高校生時代に、それまで経験のなかったボクシングの試合でチャンピオンになった、というのは真実だと言われています。

それは1956年のことでした。
ブルースリーは聖フランシスコザビエル高校に入学しました。学校では彼はブラザー・エドワードという名前の教師によって指導されました。学校生活の間に、ブルースリーは学校でも街でもケンカやトラブル続きの連続でした。

1958年、17歳の時、ブルースリーはエドワーズ先生から学校のボクシング​​チームに参加するよう求められました。エドワーズ先生は、ブルース・リーの若いエネルギーとファイティングスピリッツをケンカより前向きなボクシングに振り向けたかったのです。

ボクシング大会は12の学校が集まって開催されていましたが、過去3年間の優勝校はキングジョージV学校でした。この学校は常にリーの通う聖フランシスコザビエル高校のライバル校でした。キングジョージV学校の生徒のほとんどはイギリス人で、聖フランシスコザビエル高校に通うの中国人生徒を馬鹿にしていました。

しかしキングジョージV学校はボクシングのチャンピオンで、その中でもゲイリー・エルムズ(Gary Elms)は誰からも殴られていない過去3年間連続チャンピオンでした。

ブルースリーはエドワーズ先生のの申し出を受け入れ、聖フランシスコザビエル高校のボクシング​​チームに参加しました。しかしボクシング​​チームのメンバーらは驚きました。ブルースは彼らとほとんど練習をしなかったのです。彼はウォン・シュン・レオンやウィリアム・チュンらと詠春拳の練習を続けたのです。詠春拳はブルース多くのストリートファイトで勝利をもたらしてくれたものでした。彼はボクシングの試合でも詠春拳が役立つに違いないと感じていたのです。

そして1958年3月29日。ボクシング​​トーナメントが開催されたのです。全12校が試合に参加しました。まずは予選がです。これに勝ち残ると決勝戦です。ブルースリーは3つ予選を戦ったそうです。彼はすべての試合を1ラウンドノックアウト勝ちをすることができたのです。彼は詠春拳の練習と、そして何より多くのストリートファイトから通りの戦いで得た攻撃性と野生のスイングパンチにより、この勝利を得たのです。

彼は3人の敵を破りいよいよ決勝戦。彼は3年連続ディフェンディングチャンピオンのイギリス人少年、ゲイリー・エルムズとの対戦です。
エルムズのスキルレベルは、先にブルースが戦った3人よりもはるかに高いものでした。エルムズは積極的に前に出て攻撃する作戦でブルースをコーナーに追い詰めることでプレッシャーをかけ、ブルースのワイルドなスイングパンチを封じたのでした。

第2ラウンドではブルースは、同じ攻撃をしかけてきたエルムズのパンチに対して詠春拳の防御を使ったのです。これにより、今回はブルースがコーナーに追い詰められることはありませんでした。

試合は第3ラウンドまで続きました。今度はブルースは防御しつつパンチを繰り出し、エルムズを弾き飛ばし、そして何度かパンチを浴びせました。最後に彼はエルムズの上でジャンプしてストレートパンチを繰り出し、チャンプをノックアウトしたのです。

これはブルースリーにとって素晴らしい偉業達成した。ここに初めて聖フランシスコザビエルカ高校は彼らのライバル校、キングジョージV高校に対する勝利をもたらしたのです。多くの中国人選手らにとって、中国の少年が最終的にイギリス人チャンピオンを倒したことが、彼らの誇りとなりました。

ブルース・リーが1959年4月にアメリカに向けて香港を去ったとき、彼は1958年スクールボクシング​​のチャンピオンと香港の1958年クラウンコロニーチャチャチャンピオンという成果を残しました。しかしアメリカに渡ったブルースはこの事実をめったにアメリカでは話すことはなかったそうです。

20120104.jpg

このストーリーが本当に真実なのかどうか、確かめるすべはありませんが、左上の画像はどうやらブルース・リー本人のようですし、優勝カップのようなものを手渡されているところをみると、非常に信憑性があると思われます。

何より、ブルース・リーならあり得る話だな、と思わせてくれる、そんなところが彼の大きな魅力のひとつでしょう。

share

イランのブルース・リー写真集

ブルース・リー人気は国境も、人種も、そして宗教も超えた証拠がこれだ!

イスラムの国イランでもブルース・リーは大人気。ちゃんと写真集が発売されていました。

20120102a.jpg

文字はアラビア語なのか?読めませんが、きっとタイトルには「ブルース・リー」と書いてあるのでしょうね、たぶん。

20120102b.jpg

中身もやっぱりアラビア語。だけど写真集だから、読めなくてもいいか。

この写真集の元はコレ。

Bruce Lee: The Celebrated Life of the Golden Dragon

20120102c.jpg

日本でもタトル出版から発売された、ジョン・リトル氏編集の写真集。

イランのバージョンもコレクションに加えたいところだけれど、価格は30000円くらいしちゃうかも。

share

パナソニック3DVIERA 中国版CM

パナソニックの3Dテレビは中国でも展開されていますが、そのCMキャラクターはブルース・リー!

たとえばこれはたぶんCMの最新バージョンかも。

CGのブルース・リー。その動きの元となっているのが実際の人間の動きなのですが、そのモーションアクターを演じているのが、この方、

岡本良史さん ブログ「ドラゴンへの日々」 http://ameblo.jp/ryo-the-dragon/

こんなのもあります。

ほかにもいろいろなバージョンがあるかも知れませんね。

share

A Happy New DRAGON Year 2012

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2012年です。辰年です。ドラゴンの年です。ブルース・リーが誕生して72年目です。

そして、お正月といえばこれしかない!

燃えよドラゴン

20120101.jpg

すべてはこの映画から始まった、といっても過言ではない。

人類の歴史上、最高の作品のひとつがこれだ!

share

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。