2011年11月アーカイブ

ROUND5 ブルース・リーフィギュア

| コメント(0)

UFC選手のフィギュアを手掛けるカナダのメーカー、ROUND5からブルース・リーが登場したのは先月。
20111130d.jpg
何種類かのバージョンが発売されましたが燃えよドラゴン オープンフィンガーグローブバージョン 以外はあまり似ていない・・・ということで当店では取り扱っておりませんでした。

でもご紹介だけでもね。
20111130c.jpg
これは5インチタイプのフィギュア。

当初、燃えよドラゴンと死亡遊戯の2バージョンが発売されましたが、その後限定版らしい怒りの鉄拳バージョンも登場。合計3種類となりました。

顔やポーズは皆同じ、顔は燃えよドラゴン、ポーズは死亡遊戯、という微妙な出来。

今でも入手は可能。3980円です。
20111130a.jpg

20111129a.jpg

ブルース・リーの写真をあしらったランチボックスです。

ブリキ製らしいです。

両面に目いっぱいのブルース・リーは迫力がありますねー。こんなのを持って学校や遠足に行けば、たちまちクラスの人気者!でしょう。

写真の選択もよくあるものではなく、けっこうマニアックな写真を使っていますね。しぶい!これを企画した人は相当なブルース・リーファンと見た!

さてこのランチボックス、サラリーマンな人ならぜひ手作り弁当を入れて会社へ持っていきたいところですが、残念ながら一個しか入荷しないので、ラッキーなあなたはぜひ手に入れてください。

価格は3,980円です。

ほしい人、いますか?

 20111129b.jpg

ブルース・リーDJ陰陽Tシャツ

| コメント(0)

20111128.jpgTシャツです。

ブルース・リーがDJやってるTシャツは以前からありますが、これは新しいデザイン。元の写真は衣装テストのみが写真撮影された「細鳳」のときのものですね。

ビニールレコードを軽快に扱い、ターンテーブルを回すブルース・リーはなかなか似合っていますね。

レコードのレーベルが陰陽マークなのはお約束。

今も心のBig Boss!ブルース・リー

| コメント(0)

20111127.jpg"約40年が経った今でも、ブルース・リーは彼のファンの心のビッグボスだ!"

昨年、生誕70周年となる2010年11月27日に発売されたシンガポールの英字新聞です。

その内容はブルース・リーのスーパースターとして、カンフーの王者として、そして輝ける偶像としての哲学者としての生涯を紹介しています。そして彼のゆかりの地も紹介。

主な目次

• International Jeet Kune Do in Singapore
• The JKD following in Singapore
• Associate Professor Adam Knee: Bruce Lee's place in the firmament of stars
• Associate Professor Steven Teo: An Icon for the Oppressed Minority
• Bruce Lee broke no board but he broke ....
• Mysterious Circumstances of Tragic Death
• Unresolved Matters
• Conspiracy Theory: The Triads
• Star Power
• Dana White: Bruce Lee, The Father of Mixed Martial Arts
• A Singapore Collector's Mini Bruce Lee Museum
• Bruce Lee Paradise (Theme Park) in Foshan
• Bruce Lee's Influence and Impact on Movies and Music
• Bruce Lee Merchandise
• A Unifying Force
• The Legend Lives On

電影 The Way Of The Dragon BRUCE LEE

| コメント(0)

20111126.jpg珍しい香港の隔週刊の映画雑誌、1980年刊行。海外オークションでもなかなか出回らない珍しいものです。

表紙のブルース・リーのイラストはちょっと微妙な出来栄えですがマニアックなコレクションには最適ですね。

blu-ray_es_game_of_death_combo.jpgJuego con la muerte (Formato Blu-Ray) + DVD
死亡遊戯 Blu-ray+DVDコンボ(スペイン盤)

スペイン SELECTA VISION
2011年11月発売
メディア:ブルーレイ1ディスク、DVD1ディスク
リージョンコード:Blu-ray B、DVD 2
ディスクフォーマット:Blu-ray 25GB Single Layer PAL方式
収録時間:96分
言語:スペイン語(5.1、DTS-HD)、スペイン語(2.0、DTS)、英語(5.1、DTS-HD)
字幕:スペイン語
画面:アナモフィックワイドスクリーン16:9
スクリーン解像度:1080p×1980p
特典映像など:オーディオコメンタリー(Marcos Ocana)、オリジナルトレーラー、新エディショントレーラー、削除シーンほか

■今月(2011年11月)スペインで発売された死亡遊戯です。いつものポーズのジャケットですが、ブルーが基調のデザインで新鮮です。オーディオコメンタリーがMarcos Ocana氏というのもスペインならでは、ですね。削除シーンというのはまた「死亡的遊戯」などからのアクションシーンでしょうか。新バージョンのトレーラーというのが気になりますが、内容は未確認です。

 

be_water_my_friend_water_bottle.jpgブルース・リー水筒です。

Bruce Lee New BE WATER MY FRIEND Stainless Steel Waterbottle

ブルース・リーがデザインされた公式商品のウォーターボトル、水筒です。
水筒だけに書かれているセリフは"Be water, my Friend"(友よ、水になれ)

ブルース・リーファンなら遠足に、レジャーに仕事に、飲み物はこの入れ物に入れて持ち歩くべし!

アメリカ製です。

Bruce Lee In Pursuit Of The Dragon イギリス盤DVD発売ローマのコロシアムは1972年、ブルース・リー対チャック・ノリスの決闘で有名になった・・・という語りから始まるこの作品。

「ウォーリアーズジャーニー」の監督、ジョン・リトル氏が制作したドキュメンタリー最新作です。

今度の内容は「ブルース・リー映画、世界のロケ地めぐり」。タイ、マカオ、ローマ、香港。ファンが巡礼するブルース・リー映画の足跡を辿り、撮影当時と現在がどう変わってしまったか、などを検証するこのドキュメンタリーはファンなら涙モノの映像です。

商品詳細 イギリス Kaleidoscope Home Entertainment
発売日:2012年5月12日
メディア:DVD 1ディスク
リージョンコード:2
映像方式:PAL方式
収録時間:90分
言語:英語
字幕:
画面アスペクト:アナモフィックワイドビスタサイズ

登場するロケ地は、「ドラゴン危機一発」のタイのパクテョンにある製氷工場を中心に、リーが工場就業開始に鳴らした鐘、氷をカットしていた丸ノコギリの刃、そして多くのアクションを演じた現場、ロケ中に宿泊したホテルの部屋、そのホテルの当時の従業員まで登場します。1971年当時、ブルース・リーが撮影の合間にホテルの部屋から眺めていた風景・・・。そして最後の決闘に向かう決意をする川辺、娼婦の館から出てきてチャオメイと鉢合わせて逃げ出した街の通り、オープニングの船着場、製氷工場社長の屋敷として使われた寺院などなど。さらに、撮影完了後、スタッフキャストが宿泊したバンコクのホテル、ブルース・リーが泊まった401号室は今の当時のまま、だそうです。

ほとんどがセット撮影された「ドラゴン怒りの鉄拳」からは一箇所だけ、マカオにある"犬と中国人入るべからず"公園訪問。

「ドラゴンへの道」からはもちろんローマのロケ地映像。ローマ空港の今、ノラ・ミャオと車で通過した道路や広場の様子、娼婦役のマリサ・ロンゴ、銀行員を演じロケーション兼ねたRiccardo Billi氏、チンピラの一人を演じたアンダース・ネルソン氏も「ドラゴンへの道」撮影当時を回想してくれます。ローマ市内の観光地やコロシアムの様子もたっぷり収録です。

そして「燃えよドラゴン」から、オープニングの寺院をはじめとする多くのロケ地のほか、香港のブルース・リーゆかりの場所が紹介されます。チャップリン・チャン氏のインタビューもあり、ラストはブルース・リーの銅像で締めくくられています。

dvd_uk_warriors_journey_2012.png1978年版「死亡遊戯」で未使用だったアクションシーンをふんだんに盛り込んだドキュメンタリー"Bruce Lee A Warrior's Journey"(ウォーリアーズジャーニー 戦士の旅)がイギリスでDVDが新装発売です。

従来のワーナーからの発売ではないようですので、ワーナーの版権が切れたということでしょうか。

ジャケットのメインイメージは同じもののデザインは一新。"Bruce Lee"の文字も大きくフィーチャーされ、未使用のアクションシーンが含まれていることもアピールされていますね。

発売は来年、2012年5月予定ですからまだまだ先です。

商品詳細

イギリス Kaleidoscope Home Entertainment
発売日:2012年5月12日
メディア:DVD 1ディスク
リージョンコード:2
映像方式:PAL方式
収録時間:97分
言語:英語
字幕:
画面アスペクト:
特典映像はおそらく従来商品と同じTHE STORY(本編ではカットされた、ブルース・リーのオリジナルストーリーに沿った死亡遊戯の再現ドラマ "A Warrior's Journey"に収録)、ODE TO AN ARTIST (こちらも"A Warrior's Journey"に収録されているブルース・リーに捧げられた曲のミュージックビデオ) が収録されるものと思われます。

20111120-1.jpgマレーシア、シンガポールで出版された映画&テレビ雑誌
Movie & TV Previews 1973年第9号です。

表紙は映画「ウエストワールド」主演のユル・ブリンナー。ブルース・リーから映画に入った中学生、高校生は当時テレビで放送されたこの映画も印象に残っていることでしょう。

さて表紙にはブルース・リーは見えませんが、表紙の右隅の黄色い部分には"

EXCLUSIVE PREVIEW INSIDE BRUCE LEE'S LATEST FILM ENTER THE DRAGON"(驚くべきプレビュー、ブルース・リーの最新作「燃えよドラゴン」)

の文字。

20111120-3.jpg「燃えよドラゴン」公開直後の雑誌のようですから、ブルース・リーも亡くなってすでにこの世の人でなく。

表紙に特記されるだけあって中の記事も大きな扱いです。

BRUCE LEE IS BACK IN HIS BIGGEST ROLE OF HIS CAREER! ENTER THE DRAGON
(ブルース・リーの最大最高傑作「燃えよドラゴン」でブルース・リーが帰ってきた!)

簡単な解説文には「ブルース・リーとジョン・サクソン、東西2大アクションスターの競演」みたいなことが書いてあります。ほとんどのスペースは映画のストーリー紹介で占められているのですが「3人の若く勇気のあるマーシャルアーティストにより、悪事を働く公海のある島の崩壊を描いたストーリー・・・」と、どうしてもハンの島が中心になっているのですが・・・

その続き、映画の冒頭を説明する部分
"In Hong Kong a girl sends out ornamental scrolls inviting the world's martial artists to come to the island fortress of Han to compete in the most brutal martial arts tournament ever held."(香港で、少女によって武道トーナメントの招待状が届けられた)

20111120-4.jpgこの中の「少女によって」という部分。最終的に完成公開された映画「燃えよドラゴン」では誰が招待状を届けたか、などは描かれておりません。しかしもともとは黄色い服装の少女(イエローはハンの島のシンボルカラー)が香港の街中をバイクで駆け巡り、全世界へ発送されるトーナメントの招待状を空港へ届ける、という映像が撮影されていたのです。そしてその少女を追いかける映像がタイトルバックに流れるとともに香港の街の紹介にもなる、という趣向だったようです。

ご存知の通り完成した「燃えよドラゴン」のタイトルバック映像は香港に到着したジム・ケリーとジョン・サクソンが香港の街を巡るという映像になっていますが、実はワンカットだけ、くだんのイエロースーツバイクガールの映像が使用されているのです。

その削除シーンの企業名スチル写真と、完成した映画内でワンカット使用された映像が、これです。

1/6 Custom Bruce Lee Big Boss Suit

| コメント(0)

1/6サイズ ドラゴン危機一発 衣装セット

20111119-01.jpg香港エンターベイ社から発売されているブルース・リーアクションフィギュアは、死亡遊戯、ドラゴンへの道、燃えよドラゴン、ドラゴン怒りの鉄拳、グリーン・ホーネット、死亡遊戯ノキア版、死亡遊戯監督バージョン ですが、いまだにドラゴン危機一発が発売されておりません。

そこで海外のマニアは衣装を作って仕立ててしまいます。

白の香港 利工民シャツ、黒のカンフーパンツ、ソックス、カンフーシューズのセットです。

フィギュア本体はもちろん別売りですが、ボディはエンターベイ社のアクションボディ。頭部は顔や髪型から見てドラゴン怒りの鉄拳のものが最もイメージが近いので、流用するにはもってこいですね。

海外オークションなどで入手可能ですが、当店で取り寄せでしたら一式で4980円といったところでしょうか。

 

Bruce Lee Review issue #3

| コメント(0)

イギリスの同人誌"Bruce Lee Review" (ブルース・リーレビュー)第3号が発売されたようです。

blr3.jpg毎回コアなブルース・リーネタやインタビュー、商品レビューが掲載される同誌はコンパクトながら凝ったデザインで人気があります。

今回の表紙はアメリカンコミック風な死亡遊戯の一場面を描いたイラスト。倒されこと切れたたハキムの腕、上階へと上がっていくハイチェン(リー)の後姿。

死亡遊戯がアメリカンコミックになったらきっとこんな雰囲気だろうな、と想像させられるのが楽しい表紙ですね。

Bruce Lee : A Warrior's Journey 劇場上映

| コメント(0)

ブルース・リーが生前に構想していた「死亡遊戯」の原案を元にドキュメンタリーで構成された映像"Bruce Lee : A Warrior's Journey"が劇場のスクリーンで上映されるようです。これがそのポスター。
02.jpg
といってもこれはヨーロッパ、たぶんスペインでのお話。

このドキュメンタリーのクライマックスは日本で上映された「Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯」とは別バージョンの塔内でのアクション映像。日本ではいまだに大スクリーンでの上映は果たされておりません。

ついでに日本でも上映してくれないかなあ。

Bruce Lee Mania 7 続報

| コメント(0)

スペイン語の同人誌"Bruce Lee Mania"最新7号のプロモーション用トレーラー映像がYouTubeで公開されています。

ブルースリーの象徴的名場面「Don't Think Feeel!」をアレンジした魅力的な映像ですね。

「指先に集中しないとブルース・リーマニア7号を逃してしまうぞ!」

Bruce Lee Mania 7 来月登場!

ヨーロッパブルースリークラブ発行の同人誌"Bruce Lee Club"第7号がいよいよ登場です。
01.jpg
今回の表紙は"天なる栄光を指差す"ブルース・リー。今回も渋いデザインです。毎回、濃いマニアックな内容を掲載するBruce Lee Mania。今回はどんなネタが載っているでしょうか。今から楽しみです(スペイン語ですがね)

実物は来月12月8日にスペイン バルセロナで開催されるジークンドー&ブルースリーセミナーで発表されるようです。

当店では12月中旬から下旬くらいに入荷・・・できればいいな。お楽しみに。

アメリカで制作された新しいポスター。
00.jpg
ブルース・リー自身が自分のワークアウトメニューを書き込んだカレンダーがあしらわれたポスターです。ブルース・リーの写真も初めてみるレアなもの。シアトル時代の写真ですね。

このポスターは近日予約受付開始の予定ですが価格は未定です。

Powered by Movable Type 5.11

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。